2012年9月23日 (日)

ナルミズ沢 2日目

日時:2012/9/15(土)~16(日)
天気:はれのち雨
記録:大石沢出合(9:00) → 二股の先(10:00) → 大石沢出合(12:00) → 登山道入り口(14:00) → 宝川温泉(17:00)

朝から焚き火してゆっくりとスタート。時間的に朝日岳を回って登山道を下るという選択肢は既になかった。ドロドロの登山道を歩くのもちょっと気が乗らなかったし。

P9160101

ポッドホール多し。

P9160103

P9160106

P9160110

P9160114

廊下。

P9160117_2

P9160121

魚止めの滝は虹がかかっていた。

P9160137

ロープはなくても登れます。

P9160140

正面に見えるのはたぶん朝日岳。岩岩してて直登は大変そう。

P9160158

二股の先まで歩いて草原の詰めだけを見て満足して引き返しました。

P9160164

ダブル飛び込み。

P9160168

この前にいった万太郎よりも水キレイ。

P9160178

もっさんが飛びすぎで心配になる。

P9160194

2012年は沢に登りまくりの年になりました。来年も行くとこたくさんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナルミズ沢 1日目

日時:2012/9/15(土)~16(日)
天気:はれのち雨
記録:宝川温泉 → 大石沢出合(宿泊) → 二股の先まででピストン

9時前に入山。

P9150003_2

12時渡渉地点到着。まだ登山道は続くが、耐え切れずに入渓。

P9150008

引き込み渕は左の壁を越えた。水流沿いの突破は無理そう。

P9150031

P9150040

P9150045

P9150061

P9150065

P9150071

P9150073

今日の寝床

P9150077

増水には到底耐えられないだろう。

夜には雷鳴と断続的な雨。

いつの間にか寝てた。

翌日に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

檜洞丸のシロヤシオ

日時:2011/6/5(日)
天気:くもり
記録:西丹沢自然教室 → つつじ新道 (ピストン)

久々の山歩きでした。

シロヤシオの時期の檜洞丸は初めてでしたが、満開の時期にピタリと当たりいい山歩きが出来ました。

Dsc_8476

Dsc_8315

Dsc_8361

Dsc_8442

Dsc_8449

Dsc_8467

Dsc_8470

Dsc_8471

Dsc_8480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

高水三山

日時:2011/2/27(日)
天気:はれ
記録:軍畑駅 → 高水山 → 岩茸石山 → 御岳駅 → 小澤酒造熱燗フェア

山登り友達と高水三山行ってきました。

P1030169

天気予報に反してかなりの好天。ラッキー。

高水山手前に神社とトイレあり。

P1030173

岩茸石山の山頂からは近場の山が良く見えました。展望良しです。

P1030177

途中にはちょろっとした岩場もあったーよ。

P1030192

ダッシュして山を駆け下りた先は御岳渓谷。梅の花が真っ盛りでした。

P1030199

なんとか小澤酒造の熱燗フェアがオープンしてる時間中に到着。

歩いてきて暑かったので、まずはしぼりたて生原酒でクールダウン。さらに熱燗を二本、三本と開けて、生原酒も本数が増えてく。。。帰る頃には二人してグダグダぐでんぐでんでした。店が閉店したくらいでやっと行動できる状態まで回復wwこの日かなり店の人に迷惑かけました、スンマセン(;´д`)

なんにせよ、彼女と初めて登った山の良き思い出www

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

笛吹川東沢・釜の沢西俣

日時:2010/9/4(土)~5(日)
天気:はれ
記録:初日 西沢渓谷 → 両門の滝の先にあるテント場
2日目 テント場 → 甲武信小屋 → とくちゃん新道で下山

オモタテメンバー、ながさわさん、AKまつさんにて泊まり沢。

Imgp0293

スタート地点の看板。山ノ神に向かう前にホラの貝ゴルジュで遊んできました。

Imgp0294

ゴルジュまでには倒木が架かった滝。左にクラックが走っているのでたぶん登れると思うけど今回は巻いた。ちょっとトライして高さにびびったのだ。こう見えても滝の間近に迫るとめちゃくちゃ高くてビビる。

その後の深い淵の泳ぎから滝の乗越しがなかなか悪くて面白かったなー。

ホラの貝はながさわさんのトライだけで時間切れと判断して通常の釜の沢ルートに復帰。でも面白かったよ。来年に必ずトライする。要クライミングシューズかな。アブミも?

Imgp0321

通常ルートに復帰してから歩きが長くてうんざりした。でも水がキラキラして楽しかったかも。魚止めの滝か両門の滝までぐらいで引き返したほうが楽しめる気がするなー。 来年来るとしたらそうしよう。

Imgp0325

魚止めの滝を巻くところ。真夏だったらここの釜でプール遊びが楽しめるだろう。この前後でウォータースライダーもできた。

Imgp0328

ここが有名な 千丈のナメか。秋に来たい。

Imgp0335

長かったけどやっと両門の滝。ここを右から巻くとすぐ上にテント場適地があります。

Imgp0341

2日目はゴーロの歩きが長くてうんざり。その後のナメも結構うんざり。ポンプ小屋の水が冷たくてうまかったーよ。我々は山頂へはむかいません、興味なし。うんざりとする下山をだらだらと下って笛吹きの湯に入り帰宅。

釜の沢は何気に巻き道が悪かった気がする。そしてビバーク地ではビールが足りなかった。そんなことよりも沢でのワンポールテントは最高。

高速渋滞が決定だったので雁坂トンネルで帰ったよ。トンネルから飯能あたりも交通量少なく、飯能から青梅に抜ける道も誰も走っていない。ビュンビュンと飛ばして4時間で帰宅。止まりが無いのはストレスフリーだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっじさ~~ん・富士山

日時:2010/8/31(火)
天気:はれ
記録:富士宮口から往復

Ca3h0034

代休取らされたので初富士山の弟と一緒に登ってきました。

日本最高所でのコイノボリです、これを山頂決めポーズとするためには、もっとパワー付けて完成度を高めなくては。。。

シーズンも終わりなのか、複数の山小屋で撤収の準備をしていました。ハナワ?だかが何かのロケしてたなー。

全盛期のコースタイムが3時間15分(かなり急ぎ)

今回のコースタイムは各小屋の前で小休止、あまり急ぎなし。で3時間30分。

まだ衰えてはないのかな。

下りで泣きそうになりながら下山。風呂は通り過ぎたので富士宮焼きそばだけ食って早々と帰宅。中井SAがなかなかよかった。またよって帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金峰山

日時:2010/8/22(日)
天気:はれ
記録:廻り目平 → 金峰山ピストン

Dsc_5579

前日の小川山ぼるから引き続き、mixi友達のにしおくん、kinpくん、ま~やんで山登ってきました。

Dsc_5586

今回こそはてっぺんの五丈岩に登るつもりでいたけど、核心部の一歩が出ない。。。

泣く泣く敗退しました。

Dsc_5578

初めて目にしたフェニックスの岩場。五丈岩のフリーソロよりもロープで登るこっちの方が気が楽だよな。。。

12:00には下山して再びキャンプ場ボルダーでにしお君が5級にリベンジ。するも果たせずに撤収。初外岩のま~やんが登れなくて悔しそうだったね。またガンバー。

次金峰山来たときは絶対にリベンジ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉沢谷本谷

日時:2010/7/31(土)
天気:はれ?→雨
記録:堰堤のトンネルくぐったところまで → 林道を戻る

上ノ廊下に向けて泳ぎ沢で特訓でした。

P7310002

Imgp0009

P7310009

P7310011

Imgp0030

P7310019

Imgp0032

Imgp0057

P7310054

P7310074

Imgp0070 

あとで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

瑞牆山 ~3回目~

日時:2010/7/24(土)
天気:はれ
記録:芝生公園 → 瑞牆山 → 富士見平小屋 → 芝生公園

俺様くま様のかなり好きな山ランキング上位に挙がっている山「瑞牆山」に行ってきました。やっぱりルートは芝生公園(植樹祭公園?)から。

01

車の周り散らかし放題。

やっぱりボルダーマットが邪魔なのです。

ボルダー中には重要アイテムですが。。。

Dsc_5349

不動沢のルートの下を通っていきます。

画竜点晴 5.13a ここをトライ出来るレベルになる日はいつだsign02

Dsc_5354

蒸し暑い日でしたがこのルートは沢沿いをずっと歩く涼しいルート。

07

c3Fitのアーム・レッグカバーが快適でした。

Dsc_5369

あっという間に不動滝に到着。

Dsc_5390

そしてかなりすっ飛ばして山頂直下に。。。

31

早い時間(8:30)だったので山頂には人がまだ少なかったです。

40

歩いている最中は気にならなかったけれども、一睡もしてない身でしたので山頂にて快眠。

Dsc_5408

一眠りしてスッキリした後は素早く下山。

途中大ヤスリ岩の取り付きルートを見つけて探検に。。。

取り付き直下からの大ヤスリは大迫力。いつかここにもトライしたいなー。

Dsc_5422

下山後の運転はかなり眠かったですが、みんなをお気に入りの蕎麦や善慶庵に案内して昼食。

お昼時で混んでたよ。

ナナーズでお買い物して廻り目平到着です。

テント設営後にキャンプ場ボルダーと、親指岩下ボルダーで軽く登りました。

Dsc_5425

一緒に遊んでいた子供ジャンプ。

早めに切り上げて、この後の風呂と生ビールが最高ルーフでしたー。

翌日の小川山ボルダーに続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

今シーズン初沢-水根沢

日時:2010/7/4(日)
天気:くもり
記録:水根沢キャンプ場 → 半円の滝 → 林道にて下山

雨予報にめげず行ってきました。

Ca3h0007

駐車場には車が数台。

Ca3h0009

キャンプ場はやってなかったよ。

Ca3h0011

前日の雨でも水嵩は増えてる感じでなく、穏やか。

Ca3h0020

この滝の正面突破が面白かった。水流にもマケズ。

Ca3h0021

突っ張りで越した2段12メートル。高巻くとかえって大変そうだった。

Ca3h0023

明らかに半円の滝だろというところを越えて、林道を下るべく右手の踏み後をうろうろしたが辿り着けず。。。一度戻って再び冷静に急坂を暫く登っていったところ細いながらもしっかりとした踏みあと。そこからさらに歩いていくと林道に合流。

ガイド本に書いてあった、「すぐに合流」は当てにしちゃ行けないのか、この程度は「すぐに合流」の範疇なのか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧