2011年9月20日 (火)

2011年北アルプス縦走 3日目 薬師岳を越えて

日時:2011/8/9(火)
天気:Hare_2 
記録:太郎平(6:00) → 薬師岳(9:00) → スゴ乗越小屋(13:40)

1日目:折立~太郎平

2日目:赤木沢

Dsc_8539

Dsc_8547_2

Dsc_85491

Dsc_8550

Dsc_8551

Dsc_8554

Dsc_8556

Dsc_8560

Dsc_8561

Dsc_8564

Dsc_85651

Dsc_8570

Dsc_8573

Dsc_8574

Dsc_85771

               

Dsc_8592

Dsc_8596

Dsc_8601

Dsc_8618

Dsc_8622

Dsc_86241

Dsc_8629

Dsc_8632

Dsc_8643

Dsc_8650

Dsc_8661

Dsc_8687

Dsc_8695

Dsc_87011_2 

Dsc_8711

Ca3h0130

Ca3h0131_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

2011年北アルプス縦走 2日目 やっと赤木沢

日時:2011/8/8(月)
天気:Hare_2 
記録:太郎平(4:00) → 薬師沢小屋(6:00) → 赤木沢(8:00) → 太郎平(15:00)

今年はお盆休みの時期がずれてしまって、いつもの仲間と予定が合わない。

仕方なしに一人沢登りに初トライしてきました。

場所は憧れのハワイ航路!じゃなくて赤木沢!!

まだ沢のさの字も知らない頃にげんざんのブログで見たのが、初めて赤木沢の存在を知ったきっかけだった記憶。。。

一人沢登りですが、簡単なルートなら一人でできるもんな自信がつきました。自分でルートを探す不安と楽しみ。ワクワクとドキドキが入り交じって最高に楽しい沢登りになりました。そして何より赤木沢きれいすぎや( ・`д・´)

Ca3h0082

朝3:00には起床。すばやくご飯を食べて4時にはテント場を出て薬師沢小屋を目指しました。すぐに陽が出てきてヘッドランプはすぐに必要なくなった。軽身だったので足取りも速い。途中とんでもないトラブルで大ピンチになるも、それを辛くも回避。6:00には薬師沢小屋に到着。

小屋番に沢の状態を聞いて小屋テラスにかかる脚立を降りました。そして沢装備を身に纏い出発です。

Ca3h0084

初めての一人沢登りだったのでドキドキでしたが、歩き始めてしばらくすると沢の綺麗さも相まって楽しくてしょうがなくなった。

Ca3h0086

ところどころ深い流れもあったり、普通は高巻くところを強行突破したりしてテンション上がりまくり。

Ca3h0087

そんなこんなで8:00に赤木沢出会いに到着。その景観に思わず叫びをいれた。

Ca3h0089

ここから右手が赤木沢なんだけど、いきなりしょぼい感じの入り口が見えてて思わず違うだろと勘違いして黒部川本流のほうに進もうとしてしまった。ミニナイアガラに差し掛かったときに、あれ?やっぱりあのしょぼそうな入り口が赤木沢だと思い直して戻った。

Ca3h0097

赤木沢出会いの淵をへつって赤木沢に突入。この赤いナメは紛れもなく赤木沢だ。

Ca3h0098

ここらへんで初めて赤木沢遡行のパーティーと遭遇。二人組みの山岳会の方でした。お一人は結構な高齢に見えて登山靴で登ってた。

Ca3h0100

この上が開けて空が丸々見える景観は最高。北アルプスの沢は最高や。

Ca3h0102

実は遡行図を忘れて、登山地図すらも忘れてしまっていてどこが何の滝がわからぬまま進んでました。GPSは持ってたので助かったけど。滝の名前がわからぬままどんどん越えていった。

Ca3h0104

深い釜で泳ぎたかったけど、寒そうだし一人で溺れたらやばいので見るだけにとどめてた。

Ca3h0105

この滝は水流右から越えてったかな。

Ca3h0107

こいつは手ごわそうだったので左岸を巻いてしまった。

Ca3h0112

ここの淵で装備をおいて、満を持しての泳ぎトライ。しかし冷たすぎてグングンと体温が低下してくるのを感じたのですぐに岩の上に戻った。

Ca3h0114

いよいよ大滝が出てきました。写真で見てたよりも大迫力。

Ca3h0116

最初巻き道がよくわからなくて、あとから追いついてきたさきほどの山岳会の方に教えてもらっちゃいました。ルートファインディングがまだまだ。高度感いっぱいの高巻きでした。

その後は二つの支流をやり過ごして三つ目の支流から量産を目指しました。

Ca3h0117

支流の流れも途切れたところで装備解除。11:30に遡行完了。黒部五郎の方面がまるっと見えてました。

Ca3h0123

ひたすら草原を歩く。ハイマツの藪漕ぎは一回だけぶち当たってしまった。

Ca3h0127

稜線にだいぶ近づいてきた。小さくなった雪渓を乗り越えて赤木岳の直下に出ました。

Ca3h0128

先ほどの二人組み山岳会の方は二本目の支流を登ってきたようで、稜線をしばらく歩いてたら下から登ってくるのが見えました。自分が大休憩してる間に追い越され、稜線歩きになってからグロッキー状態の自分はそれ以降追いつけず。。。

Ca3h01291

そんなこんなで15:00ちょい過ぎに太郎平小屋到着。昨日に引き続き生ビールゲット。先に到着してた、さっきの山岳会の人に呼ばれて一緒に寛ぎました。二人は今日下山だそうで、余ってた笹寿司を貰っちゃったよ。

Dsc_8535

ほろ酔い気分でテント場に戻りグダグダとしてた。お腹いっぱいなので飯も食わずにさらにビールを一缶。赤く染まる入道雲を眺めながら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

2011年北アルプス縦走 1日目

日時:2011/8/8(月)
天気:Haretokidokikumori_2
記録:折立 → 太郎平

今年は昨年に上ノ廊下から繋げることの出来なかった某北アルプスの沢を狙って、何度も通っている折立から入山しました。

Dsc_8494

毎度のことながらパッキングが下手で前日家を出るときには、バックパック&入りきらないものを手提げで持つというスタイル。そして登山口で出発前に再度パッキング。そんなこんなで折立到着から1時間近くたってようやく出発です。

Dsc_8503

折立登山口を歩き出して樹林帯を歩く間1~2時間は非常に暑く足もだるかった。ペースもはかどらずよたよたと。

Dsc_8506

振り返り有峰湖。

Dsc_8508

大草原の登山道。雨が降るかこのまま天気が持つか微妙な空気の中歩き続けた。

Dsc_8514

ところどころ点在するベンチでは、見つかるたびに休憩いれてました。時には軽く睡眠も。あと1時間くらいで小屋に着くかなーというポイントで雨が降り出す。長年の経験wからこの雨は長くは持たないと判断してザックカバーだけして歩き続けた。予想通り小雨がしばらく降った後にすぐ止んだ。

Dsc_8515

そんなこんなで14:00チョイ前に太郎平小屋に到着。くまは念願の生ビールを手に入れた。小屋前でビール飲みながら登山暦うん十年とかいうおっちゃんの武勇伝に付き合った。おもしろい話いろいろ聞けたよ。「鋸と傘を持ち歩け」だそうだ。小屋の庇の下で飲んでると何度か雨が降ったり止んだり。

Dsc_8523

タイミングを見つけてテント場に移動。お初のニーモオビ2!半額で買えたんだお( ^ω^)

Dsc_85271

ちらかった小汚いテント内ww。前室が広々して最高です。

Dsc_8531

オビ2の天井。ほぼ全面メッシュで夏の縦走には涼しげでいい。

Dsc_8521

テント場から遠くの空を見る。向こうは雷なってるのかな?

Dsc_8522

いい混み具合でした。翌日は赤木沢周遊のため太郎平に連泊でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

松川ボルダー

2010年11月6日(土)

久々に白馬村まで行ってきました。

山スキー中間とビーコン練習&松川ボルダーです。

朝方に豊科ICを降りて白馬に向かって走っているとずっと霧のななか。一瞬霧が晴れてそこから見えた鹿島槍の双耳峰で一気に目が覚めた。テンションあげつつ車を走らせる。

Dsc_6353

すでに北アルプスの山々は雪で真っ白でした。

Dsc_6385

遅れてくるオモタテの隊長を駐車場で待ち近くの松川の川原に移動。

白馬三山を背にしてナイスロケーションの中でボルダーです。

Dsc_6408

下降路でもある8級を新たにゲットしたアプローチシューズ、スポルティバのボルダーXで登ってみたがつるつる滑る。ちゃんとクライミングシューズに履き替えてその他の課題も触ってみた。どれも級の割に手こずったなー。

Dsc_6422

オススメ課題の3級が登れなくてうだうだしてると、あっという間に お昼でした。隊長の打ってきたうどんで昼食です。モチモチして美味かったよ。柚子醤油の柑橘系の匂いに誘われてかスズメバチに追われ続けた。

Dsc_6435

お昼も食べ終わり、腹ごなしにビーコン練習。やっぱりマムートの最新型がものすごく簡単に見つけられる。

ビーコン練習の合間に3級をなんとかゲット。ここに来たら是非ともトライしていただきたい。

その後長野市街に移動して隊長の新居にておでんパーティー。明日は小川山だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

上ノ廊下を遡行(4)

日時:2010/8/11(水)
天気:くもりtokidoki雨
記録:初日 黒部ダム → 奥黒部ヒュッテ
2日目 奥黒部ヒュッテ → 金作谷
3日目 金作谷 → 立石奇岩の上流
4日目 立石奇岩の上流 → 薬師沢小屋 → 折立

もう既に山は冬を迎えつつある季節ですが、やっと上ノ廊下ラストレポです。今更ーと言わずに見てってください。

1日目の記録はこちら。

2日目の記録はこちらから。

3日目の記録はこちらから。

00_p8110187

夜の間に雨で増水することもなく(まぁ夜目覚めることもなかったわけですが。。。)無事遡行再開です。朝ごはんに食べたインスタントの味噌煮込みうどんが美味かったな、売っているの見たこと無いが。

01_p8110189

大雨の影響で前日まで泳ぎ続けた綺麗なブルーではなかった、若干緑がかった感じ。

02_p8110192

しばらく遡行を続けると薬師沢小屋と高天原温泉を結ぶ、「大東新道」にぶつかった。

03_p8110193

大東新道は一般道ですが、けっこう水線ギリギリに歩くようでなかなかスリリングな道です。昨日の増水時には一般登山者が腰まで水に浸かりながら歩いたそうです。(別の上ノ廊下レポートで見ました)

04_imgp0230

ぼちぼちと向こうから歩いてくる登山者とスレ違います。小屋は近そう。

05_imgp0232

喉かわいて左の方から流れてくる水を飲んでみた。うまいね。

06_imgp0234

そんなこんなで2時間ほど歩き、ついに小屋前の赤い吊り橋が見えました。7時出発で9時には薬師沢小屋に到着です。

Imgp0238

3年連続でこの吊橋渡ったよ。

Imgp0239

これから向かうはずだった赤木沢方面。

小屋の前にて大休憩。まやしちと協議の結果このまま登山道にて折立に向かい、今日中に下山することになりました。赤木沢を廻ると、雨の中の遡行、そして暴風雨の中でワンポールテントによる幕営となるからです。ちょっと耐え難い。。。

Imgp0247

帰るとなったら足が早いよ。去年太郎小屋から薬師沢に降りたときはかなりだるかった気がするけど、登りはあっという間に終わったなー。所々強い雨に振られたりしたけど、沢装備のままだったので雨合羽着ずとも気にならんかった。

P8110199

ここで生ビール行くつもりだったけど、天気悪くて寒かったので辞めておいた。悪い天気の中下から登ってくる登山者が多いよ。これからお盆休みだもんね。

P8110200

下山時には雲の切れ間から富山の町並みが見えたり、結構天気良さ気な感じでしたが、山のほうを振り返るとこれから悪天候の真っ只中といった感じの雲に包まれていた。

P8110204

全工程中ここの下りが一番しんどかった。コースタイムの何割増かで休憩をたくさんとりつつ17:00前には駐車場まで降りました。

降りて真っ先に近場の温泉に移動。水の中の行動が多かったのでベタベタ感はなかったけど数日ぶりかの風呂に満足。

P8110207

風呂のあとは富山市街のキトキト寿司で夜飯です。ビールも飲めたしウマイ寿司も食えたし満足だよ。回り寿司だけどクオリティ高いね。食べに来る人も結構並んでました。

近くの道の駅に移動してさらに一杯飲んで反省会。テントで寝てたんだけどムシ暑さと強まりつつある風のせいであまり眠れなかった。

Imgp0251

しちりんさん運転にて日本海沿いの道をひた走る。旅っぽい。

Imgp0253

ずうっと歩いてきた上ノ廊下の出口です。海間近。

Imgp0259

朝日町の栄食堂にてたら汁朝ごはん。ほかにも保冷ケースの中に色々なメニューが置いてあっていろいろつまんだ。

Imgp0260

さらに海沿いを走ると寝落ちしている間に(すんません)魚貝類がたくさん販売されている道の駅に到着。

Imgp0263

久々に生ガキも食べられて満足でした。

予定していた赤木沢までは歩けなかったけれど、概ね好天の中で上ノ廊下を遡行することができてほんとうに楽しかったです。また何年かしてさらにレベルアップしてから来たら、また違った歩き方もできるかなーと思います。泳ぎたりなかった感もあるし。。。

なんにしても来年は赤木沢遡行に来ます。絶対に。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月30日 (木)

上ノ廊下を遡行(3)

やっとこさ三日目の記録。奇跡の脱出劇。

日時:2010/8/10(火)
天気:はれのち雨
記録:初日 黒部ダム → 奥黒部ヒュッテ
2日目 奥黒部ヒュッテ → 金作谷
3日目 金作谷 → 立石奇岩の上流

1日目の記録はこちら。

2日目の記録はこちらから。

Imgp0166

三日目の朝。6:00起床で7:00には出発でした。

P8100105

どの日もだいたい俺が最後に準備終わるパターンでした。

Imgp0169

朝一天気が良かった。少し雲が多かったかな。

Imgp0172

朝から冷たい徒渉が待っています。

ここが唯一俺がトップを切って泳いだポイント。こうして夏が終わってみると泳ぎ沢楽しかったよなーと思いだす。

Imgp0173

泳いだあとは全身が濡れるので震え上がります。まだ沢に陽が届いてないので暖まるのも難しい。こまめに休息をとりながらあたたかい飲み物で落ち着きを取り戻す。

Imgp0176

今日も流れは早いよ。

Imgp0180

岩の隙間にも滝があった。

Imgp0182

見逃しそうな大滝も。あっちもこっちも滝がちょろちょろ出てくるのでそのうちスルーされる。

Imgp0184

所々川原歩きあり。

Imgp0188

プール。今更ながらもっと泳ぎ楽しんでおきたかったなー。初の上の廊下ではそんな余裕なし。

Imgp0191

P8100116

へつったり。泳いだり。

Imgp0193

基本川原歩きで所々川を横断する感じで進んでいきました。

Imgp0196

砂浜もあり。

P8100119

そこらへんで拾った棍棒を持って暴れてきました。岳人にも載った第1号の棍棒は流れに乗って黒部ダムの藻屑となったことだろう。

P8100120

ここの泳ぎが結構しんどかったです。

上ノ廊下でバタフライは本邦初か?

P8100124

ここもしちりんさんトップで頑張ってもらいました。このくらい泳げるようになりたいなー。

スゴの淵での俺の泳ぎです。岸からだんだん離れてしまい余計な距離泳いだかな。たぶん20~30メートルくらいだけど流れがあるので結構しんどい。途中で力尽きロープで引いてもらいました。もっと効率よく泳ぐ練習します。

P8100126

泳ぎきったあとのここの登りもボルダーチックで面白かった。いや、しんどかった。

Imgp0200

ここがスゴの淵ってことでいいのかな?

Imgp0202

本日の泳ぎの核心も終わったようなのでさらにズカズカと踏み込んでいきます。

P8100136

今日はヘつりの多い日だったような。

一見なんでもない感じだけどヌメっててフェルトソールでも滑りまくりです。なんとか渡りきった。

P8100140

ガスってますね。

Imgp0205

美しい花崗岩が続きました。

P8100145

ここは細い岩の道を這いつくばって進んで、最後高いところから降ります。こうやって見ると結構足場はあるんだけど、残置スリングをガッツリと使いました。

P8100149

へつろうかとトライしたけど意外と深く。。。

Imgp0210

高巻いていきました。道はガッツリと踏み跡ありました。

Imgp0213

そろそろ立石?

P8100159

と思っていたらニョッキリとそそり立っていました。立石奇岩です。

Imgp0215

ここの対岸でしばらく休憩後先に進んでビバーク地を探し始めました。ここでもビバーク可能な感じです。

P8100165

ここのへつりも悪かったかなー。びびる。

P8100166

なんだかんだでビバーク地を発見しました。水流に近い?

P8100167

メガライトの天井。縫い目を目止めしてないので雨が強くなると水圧に負け、テントの中に霧雨が降ります。

P8100172

焚き火できなくて泣いてます。霧雨の中泣いています。

P8100169

メガライトは下に隙間があるから、外の様子見がお手軽なんです。増水してないかチェックしながらダラダラと過ごす。

P8100173

降り止まない雨に最悪の状況が脳裏をよぎる。そんな中でちょっと早いメシを食い始めました。10秒でできるドライフードのカレー。1食300円するけどもウマイです。グリーンカレーおすすめ。 

P8100175

メシも食い終わり16:30、なおも雨は降り続いていました。雷もなっていたかな。ちょくちょくメガライトの隙間から川の水位をチェックしてたまやさんから、ついに「もうだめかもしれんね」と撤退の号令がかかりました。

P8100185

この撤収の時は俺慌てたねー。どこから片付け始めていいんだか軽くパニックだった。なんとかメチャクチャなパッキングを終えた。あらかじめ近くの高台へ登る斜面にロープを伸ばしていたので、それを伝ってスタコラ逃げ出しました。

P8100176

メガライトは木を支点に雨除けに使いました。

P8100183

メガライトは放っておくと水たまりができてました。適当に水を逃がしてやる。

P8100180

緊急避難の斜面から増水の様子です。逃げ出したときよりも水位が上がることはなかったので、このころには荒れ狂う川の流れを呆けっと観察してた。

P8100186

18:30過ぎ、雨脚も弱くなり水位も下がってきました。あきらかに水の色も泥水から透明な水に戻りつつありました。

緊急避難を終了して再びメガライトをセッティング。明日には水位が元に戻ることを願って寝ました。 

4日目に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

白馬三山縦走(3)

日時:2009/8/14(金)~16(日)
天気:はれ
記録:初日 猿倉 → 白馬鑓温泉
2日目 白馬鑓温泉 → 白馬岳 → 白馬大池
3日目 白馬大池 → 栂池 → 倉下の湯 → グリンデル

去年の記録ですが白馬三山ラストです。

初日の記録はここから。

2日目はこちらからどうぞ。

Dsc_2281

朝から快晴な日でした。結構遅い時間に出発。

Dsc_2282

広々していいテント場でした。

Dsc_2284

あやめだかが咲いてる。

Dsc_2289

ズームすると海っぽいね。

Dsc_2291

離れるのがもったいない天気と景色ですな。

Dsc_2297

向こうの方には朝日岳へと続く稜線が見えちゃってます。行ってみたいなあの稜線。

Dsc_2304

ケルンさん。

Dsc_2308

岩っころがゴロゴロしてる。

Dsc_2309

この先雪渓越えたりして、その後は木道の湿原。栂池RWまでうんざりする下りが続きます。

Dsc_2320

RWのブォんブォんという音が聞こえてきたらこのだるい下りも終了。暑っ苦しいCWXをトイレで脱いで生ビールを美味しくいただきました。

その後はお馴染みの倉下の湯toグリンデルにて遅い昼食。栂池からタクシーで倉下の湯までいって、出てくる時間にちょうどよく駅までのバスが来た。駅からグリンデルまでは結構歩くかな。10分くらい?帰りのあずさは人いっぱいでした。が、かろうじて座ってかることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

上ノ廊下を遡行(2)

日時:2010/8/9(月)
天気:はれ
記録:奥黒部ヒュッテ → 金作谷

1日目の記録はこちら

2日目の朝。まだ元気有り余ってます。

本日はしょっぱなから沢に入ります。テント場から登山道を少し戻り、東沢から入渓。そして黒部川との出合まで戻ると上の廊下がスッタートです。。。

00_imgp0084

膝下なので水の冷たさはまだ感じないよ。

01_p8090022

くまの沢出合のあたりでは昨日の焚き火後があった。

02_dsc_5503

しばらく歩いて流れの激しそうなところに遭遇。ここで休憩を取った。

03_p8090028

ロープワークの確認なんぞしながら一人ずつ渡ったよ。俺が渡る頃には3人組の後続パーティが到着。パーティーのブログはこちら

04_imgp0086

さらに進むと程なくして下の黒ビンガが出てキタッ。

05_imgp0101

青空が眩しい中ズンズンガンガン進みます。結構深い箇所があってロープ着けて泳いだかな。核心のタルタルの沢出合に辿り着く前に、スクラム徒渉というスキルも身につけてしまった。これが効果絶大で結局最終日まで、足の着く深さでの横断はスクラムのみでクリアした。

06_p8090034

へつる。

10_imgp0102

核心を果敢に攻めたしちりんの泳ぎは撮れなかった。固唾を飲んで見とれて見守ってしまったよ。バタフライをし忘れたようで悔しがっていた。

11_imgp0103

泳ぎの確保中はこんな感じです。

12_imgp0106

さーて核心の終わった我々パーティーは後続の突破模様を高みの見物です。

3人パーティーは最初は難しそうなへつりで突破しようとするも、最終的には泳ぎで無事突破。

13_imgp0121

手こずった?核心も 越えてしまえば良きおもひで。

14_imgp0126

美しい滝が両岸から次々と現れてきた。最後のほうには「あっそー」ってな感じだったけど。

15_imgp0130

広河原?

16_p8090058

先ほどの核心を終えてからは激しい泳ぎもなく癒しな歩きが続いた。

17_imgp0139

この日一番の観光滝かなー。

18_p8090093

滝で水浴びしながらだらだらと進んだ。

19_p8090097

だだっ広い河原をだらだらと歩いた後、いくつかの滝を通り過ぎていくといよいよ今晩のビバーク地に近づいてきました。

20_dsc_5555

最初高い場所がいいかと金作谷側を探しましたが適地が見つからず。結局対岸の方にテント。焚き火の薪もたくさんあったし、水も上から湧いてきてたし最高のテント場。うちらの貸し切りでした。

21_dsc_5562

金作谷の上には北薬師岳が見えていた。いっとき雨がぱらついたりもしたが、テント設営後は汗かくほどの好天。濡れた着替えもすっかり乾いた。

22_dsc_5545

釣り人戻るも釣果ナッシング。ししゃもの干物が釣れたかも。

テント場に着いてからたっぷり6時間くらいか?癒しの時間を過ごして快適なテント場での就寝に入った。しかしこの日はなんだか寒くてあまり眠れなかった気がする。。。

3日目に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

白馬三山縦走(2)

日時:2009/8/14(金)~16(日)
天気:はれ
記録:初日 猿倉 → 白馬鑓温泉
2日目 白馬鑓温泉 → 白馬岳 → 白馬大池
3日目 白馬大池 → 栂池 → 倉下の湯 → グリンデル

今更ですが去年の縦走記録が書きかけだったのを思い出したので、続きを書きます。

初日はこちらからどうぞ

Dsc_2039

朝起きると気持ちよく晴れている。雲が秋の空な感じ。

Dsc_2054

準備をしているとだいぶ明るくなってきた。朝風呂の人もいる、優雅な時間だろうな。今年も密かにここの温泉に行こうかと思ってたり。。。

Dsc_2060

雪渓の上に巨岩。

Dsc_2078

小屋からは水が流れる岩岩を通過したりします。

Dsc_2104

しばらく進むと広場有り。天狗山荘の方には尖りピークがあります。

Dsc_2146

下界の白馬町がよく見える。

Dsc_2160

もうすぐ稜線かな。

Dsc_2180

分岐地点から白馬鑓ヶ岳。石ころが積み重なった山でした。

Dsc_2202

振り返れば奴が居た。剱はかっこええなー。

Dsc_2238

目指す場所はまだ先です。

Dsc_2245

杓子ヶ岳は登らずに巻いたっけかな?

Dsc_2248

白馬山荘手前にお花(シコタンハコベ)の輪っか。

Dsc_2252

頂上宿舎で泊まって稜線で朝陽を提案したけれど却下された。

Dsc_2255

白馬山荘レストランの前で生ビール。ヨダレが出ます。

Dsc_2260

気を取り直して進みましょ。空はどんより気味だけど雨には降られなかった。

Dsc_2262

振り返って白馬岳。

Dsc_2265

だいぶ下界が近づいた感じだね。

Dsc_2270

あの白馬大池を目指してがんがります。

Dsc_2277

17:00前には小屋に到着。テントいっぱいな感じだったけどスペースは結構空いてた。ビールで一息ついて茄子の炒め物食べてすぐに寝てしまった。

三日目に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上の廊下を遡行(1)

日時:2010/8/8(日)
天気:くもり
記録:黒部ダム → 奥黒部ヒュッテ

去年は沢登りに1回しか行ってないし、沢登りにかける情熱は無くなり気味でしたが、今年はいつかは行きたいと思っていた上の廊下に行くチャンスが巡ってきました。

仕事の都合であきらめかけたりもしましたが、なんとか工面して(投げだし!?)7日午後から出発(午前中まで仕事してました)。

8日朝はどんよりした天気でしたが、扇沢のチケット売り場には朝から行列。なんとかかんとか始発のトローリバスに乗ることが出来ました。

Ca3h0026

満員の車内にて。

Ca3h0028

ダムの観光放水を見つつ先に進みます。

黒部湖の縁を忠実に辿っていくので、えらい時間かけて歩いたのに後ろ振り返るとロッジくろよんがすぐ背後にまだ見えてたりしてげんなりします。

Ca3h0029

11:30くらいには平らの渡しに到着。この船に乗るのは読売新道歩いた後かなーとか思ってましたが、廊下遡行が先になるとは!!

船の時間までしばらくあったので、すぐ上にある小屋まで水の補給に行きました。綺麗な小屋でよい感じだった。

P8080006

船を待つ人々の観察をすると9割は沢登りの格好でした。しかも人数がかなりいる。船の定員大丈夫なの!?そんな心配をよそに全員を乗せて船は出発しました。ものの10分程か?途中ウトウトしてた気がする。

P8080009

船から先はアップダウンがありキツイという噂を聞いていたが、それほど苦もなく進めた気がする。

P8080014

コースタイム的には15:00到着だったけど14:00ころには到着した。小屋の前を流れる東沢の水流は結構激しく感じた。

P8080015

お初のテントBDメガライトを張ります。砂地だったのでペグだけさしてポールの調整をしようとしたらすぐにぶっ倒れた。ペグの上から置き石で補強しました。

Dsc_5490

ビール一気に飲み干しゴロゴロしてたら寝てしまった。

Dsc_5497

初日のメシは豪勢に豚肉を使った豚汁。これは3人のメシも楽々調理できるMSRのデュラライト(絶版だ)

Dsc_5494 

奥黒部ヒュッテはかなり綺麗な小屋でした。トイレなんて山小屋と思えないくらい。

暗くなる前に小屋に行ったら、玄関先のベンチで小屋の親父さんがタバコとビールでくつろいでいた。2日前のパーティーは撤退して戻ったそうだが、1日目のパーティーは戻ってきてないそうだ。これは水量が減って突破できているという証。明日は行けそうな予感。

2日目の記録につづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧