« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月29日 (月)

2011年北アルプス縦走 2日目 やっと赤木沢

日時:2011/8/8(月)
天気:Hare_2 
記録:太郎平(4:00) → 薬師沢小屋(6:00) → 赤木沢(8:00) → 太郎平(15:00)

今年はお盆休みの時期がずれてしまって、いつもの仲間と予定が合わない。

仕方なしに一人沢登りに初トライしてきました。

場所は憧れのハワイ航路!じゃなくて赤木沢!!

まだ沢のさの字も知らない頃にげんざんのブログで見たのが、初めて赤木沢の存在を知ったきっかけだった記憶。。。

一人沢登りですが、簡単なルートなら一人でできるもんな自信がつきました。自分でルートを探す不安と楽しみ。ワクワクとドキドキが入り交じって最高に楽しい沢登りになりました。そして何より赤木沢きれいすぎや( ・`д・´)

Ca3h0082

朝3:00には起床。すばやくご飯を食べて4時にはテント場を出て薬師沢小屋を目指しました。すぐに陽が出てきてヘッドランプはすぐに必要なくなった。軽身だったので足取りも速い。途中とんでもないトラブルで大ピンチになるも、それを辛くも回避。6:00には薬師沢小屋に到着。

小屋番に沢の状態を聞いて小屋テラスにかかる脚立を降りました。そして沢装備を身に纏い出発です。

Ca3h0084

初めての一人沢登りだったのでドキドキでしたが、歩き始めてしばらくすると沢の綺麗さも相まって楽しくてしょうがなくなった。

Ca3h0086

ところどころ深い流れもあったり、普通は高巻くところを強行突破したりしてテンション上がりまくり。

Ca3h0087

そんなこんなで8:00に赤木沢出会いに到着。その景観に思わず叫びをいれた。

Ca3h0089

ここから右手が赤木沢なんだけど、いきなりしょぼい感じの入り口が見えてて思わず違うだろと勘違いして黒部川本流のほうに進もうとしてしまった。ミニナイアガラに差し掛かったときに、あれ?やっぱりあのしょぼそうな入り口が赤木沢だと思い直して戻った。

Ca3h0097

赤木沢出会いの淵をへつって赤木沢に突入。この赤いナメは紛れもなく赤木沢だ。

Ca3h0098

ここらへんで初めて赤木沢遡行のパーティーと遭遇。二人組みの山岳会の方でした。お一人は結構な高齢に見えて登山靴で登ってた。

Ca3h0100

この上が開けて空が丸々見える景観は最高。北アルプスの沢は最高や。

Ca3h0102

実は遡行図を忘れて、登山地図すらも忘れてしまっていてどこが何の滝がわからぬまま進んでました。GPSは持ってたので助かったけど。滝の名前がわからぬままどんどん越えていった。

Ca3h0104

深い釜で泳ぎたかったけど、寒そうだし一人で溺れたらやばいので見るだけにとどめてた。

Ca3h0105

この滝は水流右から越えてったかな。

Ca3h0107

こいつは手ごわそうだったので左岸を巻いてしまった。

Ca3h0112

ここの淵で装備をおいて、満を持しての泳ぎトライ。しかし冷たすぎてグングンと体温が低下してくるのを感じたのですぐに岩の上に戻った。

Ca3h0114

いよいよ大滝が出てきました。写真で見てたよりも大迫力。

Ca3h0116

最初巻き道がよくわからなくて、あとから追いついてきたさきほどの山岳会の方に教えてもらっちゃいました。ルートファインディングがまだまだ。高度感いっぱいの高巻きでした。

その後は二つの支流をやり過ごして三つ目の支流から量産を目指しました。

Ca3h0117

支流の流れも途切れたところで装備解除。11:30に遡行完了。黒部五郎の方面がまるっと見えてました。

Ca3h0123

ひたすら草原を歩く。ハイマツの藪漕ぎは一回だけぶち当たってしまった。

Ca3h0127

稜線にだいぶ近づいてきた。小さくなった雪渓を乗り越えて赤木岳の直下に出ました。

Ca3h0128

先ほどの二人組み山岳会の方は二本目の支流を登ってきたようで、稜線をしばらく歩いてたら下から登ってくるのが見えました。自分が大休憩してる間に追い越され、稜線歩きになってからグロッキー状態の自分はそれ以降追いつけず。。。

Ca3h01291

そんなこんなで15:00ちょい過ぎに太郎平小屋到着。昨日に引き続き生ビールゲット。先に到着してた、さっきの山岳会の人に呼ばれて一緒に寛ぎました。二人は今日下山だそうで、余ってた笹寿司を貰っちゃったよ。

Dsc_8535

ほろ酔い気分でテント場に戻りグダグダとしてた。お腹いっぱいなので飯も食わずにさらにビールを一缶。赤く染まる入道雲を眺めながら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

2011年北アルプス縦走 1日目

日時:2011/8/8(月)
天気:Haretokidokikumori_2
記録:折立 → 太郎平

今年は昨年に上ノ廊下から繋げることの出来なかった某北アルプスの沢を狙って、何度も通っている折立から入山しました。

Dsc_8494

毎度のことながらパッキングが下手で前日家を出るときには、バックパック&入りきらないものを手提げで持つというスタイル。そして登山口で出発前に再度パッキング。そんなこんなで折立到着から1時間近くたってようやく出発です。

Dsc_8503

折立登山口を歩き出して樹林帯を歩く間1~2時間は非常に暑く足もだるかった。ペースもはかどらずよたよたと。

Dsc_8506

振り返り有峰湖。

Dsc_8508

大草原の登山道。雨が降るかこのまま天気が持つか微妙な空気の中歩き続けた。

Dsc_8514

ところどころ点在するベンチでは、見つかるたびに休憩いれてました。時には軽く睡眠も。あと1時間くらいで小屋に着くかなーというポイントで雨が降り出す。長年の経験wからこの雨は長くは持たないと判断してザックカバーだけして歩き続けた。予想通り小雨がしばらく降った後にすぐ止んだ。

Dsc_8515

そんなこんなで14:00チョイ前に太郎平小屋に到着。くまは念願の生ビールを手に入れた。小屋前でビール飲みながら登山暦うん十年とかいうおっちゃんの武勇伝に付き合った。おもしろい話いろいろ聞けたよ。「鋸と傘を持ち歩け」だそうだ。小屋の庇の下で飲んでると何度か雨が降ったり止んだり。

Dsc_8523

タイミングを見つけてテント場に移動。お初のニーモオビ2!半額で買えたんだお( ^ω^)

Dsc_85271

ちらかった小汚いテント内ww。前室が広々して最高です。

Dsc_8531

オビ2の天井。ほぼ全面メッシュで夏の縦走には涼しげでいい。

Dsc_8521

テント場から遠くの空を見る。向こうは雷なってるのかな?

Dsc_8522

いい混み具合でした。翌日は赤木沢周遊のため太郎平に連泊でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »