« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月30日 (土)

阿弥陀岳南稜&中央稜

日時:2010/10/11(月)
天気:晴れ
記録:舟山十字路 → 南稜 → 阿弥陀岳 → 中央稜 → 舟山十字路

屋久島のレポもまだですが、さきにこちらを。。。

10月の3連休は小川山でしたが生憎の雨予報なので中止。月曜日帰りで阿弥陀岳に行ってきました。

Dsc_5711

弟と運転を変わりつつ夜中の中央道をひた走る。小淵沢ICを降りて美濃戸あたりに向かう道を30分ほど走ると舟山十字路に向かう細い道。舗装路→砂利道→舗装路と変化し広場に到着した。6:00前に到着してその時の車は4台くらいだったかな。朝の準備をする人の物音で仮眠も取れずに降りて準備してると、次々と車はやって来てすぐにスペースが満杯。

Dsc_5714

準備をしているとほどなくして、同行のしち&まやも到着。目指す阿弥陀岳に向かいます。

Dsc_5715

登りは南稜ルートを行きました。メジャーなルートである立場岳を登るルートではなく、広河原沢を詰めていき、青ナギに向かって直登する感じのルート。

Dsc_5717

ウマそうなキノコ生えてます。

Dsc_5720

沢沿いのルートで涼しかったです。

Dsc_5726

ここらへんから右の壁に向かって登って行くと踏み跡発見。

Dsc_5728

獣道のような道を登って行くと、しばらくしてしっかりとした踏み跡に合流できました。

Dsc_5739

しばらく続く急登を歩いて行くとこの開けた展望。遠く北アルプスの山並みも見渡すことができた。写真では黄色っぽいけど、黄葉はまだまだな感じだった。

Dsc_5756

展望のひらけたガレ場をしばらく登ると再び樹林帯の細い踏み跡になる。そこを抜けると青ナギに到着だ。

Dsc_5764

青ナギからは目指す阿弥陀岳が見える。

Dsc_5765

振り返れば遠くに北岳も。この木も生えてないガレ場は崩れた跡なのかな?

Dsc_5780

青ナギから見えるこのギザギザな峰はどこだったかな?

Dsc_5796

時折ガスに巻かれた。

Dsc_5825

青ナギから先もP3まで尾根上の安全な道が続いた。

Dsc_5830

右手には八ヶ岳の主峰「赤岳」が聳える。向こうの山頂には人がたくさんいそうだ。

Dsc_5835

P1,P2と知らぬ間に過ぎていく。

Dsc_5850

謎ポーズをとる人々。ここで小休憩。

Dsc_5859

いよいよ核心部のP3。

Dsc_5870

他のレポ写真ではここのトラバース部分細そうだったけど、しっかりした道で安心した。

Dsc_5884

P3直登は「中級コース危険」の看板あり。斜度はそれほどでもなく、寝た壁がつづいていたので慎重に登れば落ちることもないだろう。もちろん落ちたらお終いなのでロープはしとほうがいいが。こちらは直投しない場合の巻きルート取り付き。ワイヤーロープが張ってある。

Dsc_5890

核心部のP3直登を巻く場合には、「樋」と呼ばれる水が滴るルンゼを這って登っていきます。最初のトラバースから登り部分に移るところが緊張するかな。

Dsc_5894

振り返るとこんな景色。

Dsc_5896

手頃足頃なホールドが散りばめられており、登りやすかったです。

Dsc_5910

ハイステップ多用が効いたのか途中で足吊りそうになる。ヤバかった。

Dsc_5918

「樋」も終わり、安心な道が続く。

Dsc_5934

岩場が続いてて面白い。足元はもろい箇所しばしばあったので落石には注意しましょう。

Dsc_5942

歩いてきたルートの全貌。青ナギもよく見える。

Dsc_5944

最後の岩場。

Dsc_5948

そして山頂にて記念撮影。

Dsc_5961

山頂はそこそこの人が休憩してました。八ヶ岳にも久々来たなー。

Dsc_5970

休憩もそこそこに下りは中央稜を使いました。

Dsc_5975

山頂から下ってすぐのはしご。

Dsc_5982

その先には御小屋尾根との分岐道標。

Dsc_5994

山頂方向を振り返る。

Dsc_5998

結構急な尾根なので湧いてきたガスも相まって高度感があります。

Dsc_6001

かなりの急な下りに大腿筋やられ気味です。

Dsc_6007

隣の御小屋尾根から登ってくるひと。

Dsc_6010

今日のメンバーは弟、しち、まや、きた、俺の5人でした。

Dsc_6012

目指すゴールは遥か下に。

Dsc_6021

樹林帯に入ってからは分かりにくいルートどりで沢まで辿り着いた。途中完全に足がつってヘロヘロになる場面も。なんだかんだで15:30に駐車場に到着。

Img_4341

帰りに立ち寄った温泉は結構な賑わいだった。夕食は近くのカントリーキッチンという洋食屋。結構お手頃な値段だった。

Img_4354

サーモンとビーフステーキの定食なんぞを頼んでみた。ご飯はおかわり自由。古代米なんてのもある。

Img_4357

デザートはかぼちゃ。お値段は¥1,500 ~¥2,000くらいかな。

小洒落た夕食食べたければそこそこおすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

御岳ボルダーのメモ29

2010年10月24日(日)

屋久島旅行から帰ってすぐに一週間ぶりの御岳ボル。

#1:滑り台岩のnariくんオリジナル課題 2つ設定してもらって登ってみたけどどちらも面白かった。低空トラバースが傑作。1時間くらいトライしてやっとゲット。

#2:ソフトトラバース 先週と状況あまり変わらず。次回こそは落としたい。いや、絶対に落とす。

#3:モンキーカンテ 初めて触ったけれどもツルッツルの岩肌。ソフトクリーム以上のツルッツル。3トライくらいでムリヤリにデッドとキャンパで解決。クライミングはパワーだ。

#4:マミ岩SD 再登トライで何回かトライしたけど水平カチがヌメヌメでスラブ面に移れず。ヨワヨワ。

#5:変形子供返し 3トライくらい触ってみた。スタートのカチは取れるので次回落とせると思う。確かにリーチある人にはノーマル忍者よりもだいぶ簡単かも。

11月、12月は頻繁に来ることになりそうだな。年内目標は、子供返し、変形忍者、ソフトトラバース、イギリス人のトラバース、ここらへんの宿題を一気に片付けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

御岳ボルダーのメモ28

2010年10月16日(土)

今日も飽きずに御岳ボルです。

9時頃開始しようと思ってたけど起きられずに重役出勤でした。

Ca3h0035

12時到着してお昼のお弁当食べてひたすらソフトトラバースにトライしてました。しっかし10月も半ばだというのに半袖でも暑かった。

ソフトトラバースは簡単目の初段課題とはいうけれど、俺にはやっぱり難しいのです。

Dsc_0543

鬼門はやはり3級凹角のスタートで立ち込んでから、ガバカチ(写真左○)をマッチするところ。右手添えたあとの足がよくわからない。(写真は2009年3月のもの)

中央○のカチというかシワは使って良いのかな?

右○のカチを取るところはヒールで止まってから取りに行ったらすごく楽だった。

左◯のマッチさえ完成すれば登れると思うのだが、凹角のスタートも下地が下がったのか結構しんどくなってるし。クラックを持ってる左腕もしんどい。来週こそ登るよ。

今日のソフトクリーム岩は一人ぼっちになる瞬間もあったけど、Pump1スタッフ君のグループが一緒に遊んでくれて暇しなかったよ。トンクスscissors

明日からの山旅準備もあるので4時頃撤収。立川駅でオムソバ&ビールを吸収して帰宅した。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

上ノ廊下を遡行(4)

日時:2010/8/11(水)
天気:くもりtokidoki雨
記録:初日 黒部ダム → 奥黒部ヒュッテ
2日目 奥黒部ヒュッテ → 金作谷
3日目 金作谷 → 立石奇岩の上流
4日目 立石奇岩の上流 → 薬師沢小屋 → 折立

もう既に山は冬を迎えつつある季節ですが、やっと上ノ廊下ラストレポです。今更ーと言わずに見てってください。

1日目の記録はこちら。

2日目の記録はこちらから。

3日目の記録はこちらから。

00_p8110187

夜の間に雨で増水することもなく(まぁ夜目覚めることもなかったわけですが。。。)無事遡行再開です。朝ごはんに食べたインスタントの味噌煮込みうどんが美味かったな、売っているの見たこと無いが。

01_p8110189

大雨の影響で前日まで泳ぎ続けた綺麗なブルーではなかった、若干緑がかった感じ。

02_p8110192

しばらく遡行を続けると薬師沢小屋と高天原温泉を結ぶ、「大東新道」にぶつかった。

03_p8110193

大東新道は一般道ですが、けっこう水線ギリギリに歩くようでなかなかスリリングな道です。昨日の増水時には一般登山者が腰まで水に浸かりながら歩いたそうです。(別の上ノ廊下レポートで見ました)

04_imgp0230

ぼちぼちと向こうから歩いてくる登山者とスレ違います。小屋は近そう。

05_imgp0232

喉かわいて左の方から流れてくる水を飲んでみた。うまいね。

06_imgp0234

そんなこんなで2時間ほど歩き、ついに小屋前の赤い吊り橋が見えました。7時出発で9時には薬師沢小屋に到着です。

Imgp0238

3年連続でこの吊橋渡ったよ。

Imgp0239

これから向かうはずだった赤木沢方面。

小屋の前にて大休憩。まやしちと協議の結果このまま登山道にて折立に向かい、今日中に下山することになりました。赤木沢を廻ると、雨の中の遡行、そして暴風雨の中でワンポールテントによる幕営となるからです。ちょっと耐え難い。。。

Imgp0247

帰るとなったら足が早いよ。去年太郎小屋から薬師沢に降りたときはかなりだるかった気がするけど、登りはあっという間に終わったなー。所々強い雨に振られたりしたけど、沢装備のままだったので雨合羽着ずとも気にならんかった。

P8110199

ここで生ビール行くつもりだったけど、天気悪くて寒かったので辞めておいた。悪い天気の中下から登ってくる登山者が多いよ。これからお盆休みだもんね。

P8110200

下山時には雲の切れ間から富山の町並みが見えたり、結構天気良さ気な感じでしたが、山のほうを振り返るとこれから悪天候の真っ只中といった感じの雲に包まれていた。

P8110204

全工程中ここの下りが一番しんどかった。コースタイムの何割増かで休憩をたくさんとりつつ17:00前には駐車場まで降りました。

降りて真っ先に近場の温泉に移動。水の中の行動が多かったのでベタベタ感はなかったけど数日ぶりかの風呂に満足。

P8110207

風呂のあとは富山市街のキトキト寿司で夜飯です。ビールも飲めたしウマイ寿司も食えたし満足だよ。回り寿司だけどクオリティ高いね。食べに来る人も結構並んでました。

近くの道の駅に移動してさらに一杯飲んで反省会。テントで寝てたんだけどムシ暑さと強まりつつある風のせいであまり眠れなかった。

Imgp0251

しちりんさん運転にて日本海沿いの道をひた走る。旅っぽい。

Imgp0253

ずうっと歩いてきた上ノ廊下の出口です。海間近。

Imgp0259

朝日町の栄食堂にてたら汁朝ごはん。ほかにも保冷ケースの中に色々なメニューが置いてあっていろいろつまんだ。

Imgp0260

さらに海沿いを走ると寝落ちしている間に(すんません)魚貝類がたくさん販売されている道の駅に到着。

Imgp0263

久々に生ガキも食べられて満足でした。

予定していた赤木沢までは歩けなかったけれど、概ね好天の中で上ノ廊下を遡行することができてほんとうに楽しかったです。また何年かしてさらにレベルアップしてから来たら、また違った歩き方もできるかなーと思います。泳ぎたりなかった感もあるし。。。

なんにしても来年は赤木沢遡行に来ます。絶対に。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

御岳ボルダーのメモ27

2010年10月3日(日)

ボル友のにくちゃんと日曜日も御岳ボルでした。外岩2連チャンも久々だなー、御岳なので指皮のダメージも低く、指関節も逝かれてなかったのでそこそこ登れました。

朝一はソフトクリームにて。前日知り合ったのりぃさんに挨拶。一緒に登っていたのは荻パンの集まりだそうで、人数多すぎて名前全く覚えられず。まぁまた御岳で会うことでしょう。

にくちゃんトライ中のソフト5級を一緒にムーブ解析。何度かのトライの末ついにゲットしてました。オメデトーgood

自分はソフトトラバースの中間部分の練習。デットで5級のガバカチに繋げるところのみトライ。次こそ登れそうな気がするなー。子供返しよりこっち先かな。

デッドエンドの岩に移動して、7級2本をこれまたムーブ解析。ここの7級は難しいよね。なんだかんだでにくちゃん、右の7級を数回のトライの末ゲット。自分は一度だけイギリス人トラバースにトライするも、クロスからの左手デッドが止まり、其の次の一手で失敗down

どんだけ力が衰えているか試すべく、テッシーの再登にもトライしました。最初の数回は2手目の右手カチも保持できず。。。最終的には右手ガバポケット触るところまで回復。次行ったときは大丈夫でしょう。たぶん。。。

2日連続の外岩でだいぶ回復した感はある。今週末の3連休は小川山で完全復活目論んでたけどまさかの雨??土曜日に雨降るまでの僅かな時間で御岳行くかも。そしたらばソフトトラバースゲットンするよー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

御岳ボルダーのメモ26

2010年10月2日(土)

mixi友達と3ヶ月ぶりの御岳ボルでした。

前登れてた課題が全然ダメだったり、登れなかった課題に光明がさしたり、兎にも角にもやっぱり外岩楽しいねー。

ソフトクリーム岩にてぶっき~とソフトトラバースを打ち込む。ぶっき~は後は繋げるだけの状態まで持っていった。俺もそのムーブから得るものがあって全く出来なかったムーブが少しずつ解決。この課題は年内完登を目標だなー。

お昼ごはん食べて忍者岩方面に移動。途中で鵜の瀬岩にも寄ったけど、蚊がたくさんいたり岩がガビガビで痛かったりでスルーした。

忍者岩エリアについてからはまずマミ岩SDをトライ。何度か打ったけど再登できず。。。明らかにヨワヨワになっています。

白虎岩の触ったことない課題4級にトライするもかなりムズイ。さらに左の方の6級触るもつるっつるっと2度3度マッチをした手が滑ってしまい1撃逃した。ここの岩はあまりトライしたことないけど面白いね。

そしてやっと子供返しをトライ開始。結果は惨敗でした。一手目が全く止まらず。。。数カ月前の全盛期に中間部まで登れたときの最高点に再び辿りつけるのか?

P1040111

クライミング○カが揃いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »