« 笛吹川東沢・釜の沢西俣 | トップページ | Newパソコンキタよ。岳人載ったよ。 »

2010年9月15日 (水)

宝剣&木曽駒、そして実験テント

日時:2010/9/11(土)~12(日)
天気:はれのちミルクぶちまけたような濃霧
記録:初日 駒ケ岳RW → 途中の小屋 → 宝剣岳 → 途中の小屋 → 中岳 → テント場 → 木曽駒ピストン
2日目 テント場 → 駒ケ岳RW

Dsc_5605 

mixi友達、Eっこ、Mきちにて初の中央アルプス。オーバー30組のお気楽登山。

Dsc_5595

ロープウェーを降りると眩いばかりの岩岩景色。ここらのエリアの岩はつるつるしてて登るには適さないけど見る分には最高。RW終点まで登れる沢コースがあるけど、すべり易かったりしないのかな?こんど仲間に聞いてみよ。

Dsc_5611

奇巌城を背にしてRWから1時間ほどの上り。寝不足だから結構しんどかった。

Dsc_5613

小屋の前に荷物を置いて宝剣岳の山頂を目指しました。

Dsc_5614

向こうには木曽御嶽がそびえてます。

Dsc_5622

エアリア上は点線だったのでビビってたけど普通の鎖場だった。観光客が多いから脅し的な意味もあるのかと思ったけど、そもそも観光だったらエアリアなんか見ないか。

Dsc_5627

鎖トラバース。背後は結構キレキレでした。

Dsc_5640

空木岳方面の稜線です。一泊あれば行けるみたいなのでまたそのうち。

Dsc_5649

とりあえず山頂のボコにも登っておきました。おそろしや。

Dsc_5668

ネギ刺さってる。中岳からの下り道、人たくさんでした。中岳の山頂の岩に登ろうと思ってたけど人いっぱいなのでやめた。次の日でいいかと思ってたら翌日はガスガスで足早に帰宅のため登れず。。。

Dsc_5674

駒ケ岳頂上小屋のテント場は3000m級の稜線、その付近でワンポールテントが通用するかの実験です。

Dsc_5675

ワンポールテントはもう一組、家族連れがGOLITEのシャングリラ使ってたなー。向こうのほうが風に幾分か強そう。話して聞いてみればよかったな。

Dsc_5676

テントセッティングして昼食を食べてから木曽駒山頂に向かいました。

Dsc_5686

宝剣岳は全体的に岩々してる。ガスが湧いてきましたよと。

Dsc_5692

山頂でガスガスに巻かれるまで小一時間うだうだとしていました。このガスガスは翌日RWを降りるまで晴れることはなかった。

そんなわけでワンポールテントの実験ですが、稜線で張るのは辞めましょうという結果になりました。一晩中はやく夜が明けてくれと願いながらポールを支えてました。所々寝落ちしててポールから手が離れてたけど、とりあえずは倒れなかった。

風が強い時用に普通のエアライズ3も持ってきてたけど肝心要のポールを忘れたよ。おかげで荷物軽かったけど。

風の強い稜線でも張れるフロアレステントということで、MSRのツインシスターズを検討中。ツーポールかつ背がそんなに高くないので、メガライトより圧倒的に風に対して強いでしょう。

最近沢でメガライト使い始めてからフロアレスのテントににはまっています。それほどまでにフロアレスは快適なのです。メガライトはそれに加えて高さと広さがるからなー。まぁ考えるより買って試してみましょ。

|

« 笛吹川東沢・釜の沢西俣 | トップページ | Newパソコンキタよ。岳人載ったよ。 »

中央アルプス」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/36745632

この記事へのトラックバック一覧です: 宝剣&木曽駒、そして実験テント:

« 笛吹川東沢・釜の沢西俣 | トップページ | Newパソコンキタよ。岳人載ったよ。 »