« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

上ノ廊下を遡行(3)

やっとこさ三日目の記録。奇跡の脱出劇。

日時:2010/8/10(火)
天気:はれのち雨
記録:初日 黒部ダム → 奥黒部ヒュッテ
2日目 奥黒部ヒュッテ → 金作谷
3日目 金作谷 → 立石奇岩の上流

1日目の記録はこちら。

2日目の記録はこちらから。

Imgp0166

三日目の朝。6:00起床で7:00には出発でした。

P8100105

どの日もだいたい俺が最後に準備終わるパターンでした。

Imgp0169

朝一天気が良かった。少し雲が多かったかな。

Imgp0172

朝から冷たい徒渉が待っています。

ここが唯一俺がトップを切って泳いだポイント。こうして夏が終わってみると泳ぎ沢楽しかったよなーと思いだす。

Imgp0173

泳いだあとは全身が濡れるので震え上がります。まだ沢に陽が届いてないので暖まるのも難しい。こまめに休息をとりながらあたたかい飲み物で落ち着きを取り戻す。

Imgp0176

今日も流れは早いよ。

Imgp0180

岩の隙間にも滝があった。

Imgp0182

見逃しそうな大滝も。あっちもこっちも滝がちょろちょろ出てくるのでそのうちスルーされる。

Imgp0184

所々川原歩きあり。

Imgp0188

プール。今更ながらもっと泳ぎ楽しんでおきたかったなー。初の上の廊下ではそんな余裕なし。

Imgp0191

P8100116

へつったり。泳いだり。

Imgp0193

基本川原歩きで所々川を横断する感じで進んでいきました。

Imgp0196

砂浜もあり。

P8100119

そこらへんで拾った棍棒を持って暴れてきました。岳人にも載った第1号の棍棒は流れに乗って黒部ダムの藻屑となったことだろう。

P8100120

ここの泳ぎが結構しんどかったです。

上ノ廊下でバタフライは本邦初か?

P8100124

ここもしちりんさんトップで頑張ってもらいました。このくらい泳げるようになりたいなー。

スゴの淵での俺の泳ぎです。岸からだんだん離れてしまい余計な距離泳いだかな。たぶん20~30メートルくらいだけど流れがあるので結構しんどい。途中で力尽きロープで引いてもらいました。もっと効率よく泳ぐ練習します。

P8100126

泳ぎきったあとのここの登りもボルダーチックで面白かった。いや、しんどかった。

Imgp0200

ここがスゴの淵ってことでいいのかな?

Imgp0202

本日の泳ぎの核心も終わったようなのでさらにズカズカと踏み込んでいきます。

P8100136

今日はヘつりの多い日だったような。

一見なんでもない感じだけどヌメっててフェルトソールでも滑りまくりです。なんとか渡りきった。

P8100140

ガスってますね。

Imgp0205

美しい花崗岩が続きました。

P8100145

ここは細い岩の道を這いつくばって進んで、最後高いところから降ります。こうやって見ると結構足場はあるんだけど、残置スリングをガッツリと使いました。

P8100149

へつろうかとトライしたけど意外と深く。。。

Imgp0210

高巻いていきました。道はガッツリと踏み跡ありました。

Imgp0213

そろそろ立石?

P8100159

と思っていたらニョッキリとそそり立っていました。立石奇岩です。

Imgp0215

ここの対岸でしばらく休憩後先に進んでビバーク地を探し始めました。ここでもビバーク可能な感じです。

P8100165

ここのへつりも悪かったかなー。びびる。

P8100166

なんだかんだでビバーク地を発見しました。水流に近い?

P8100167

メガライトの天井。縫い目を目止めしてないので雨が強くなると水圧に負け、テントの中に霧雨が降ります。

P8100172

焚き火できなくて泣いてます。霧雨の中泣いています。

P8100169

メガライトは下に隙間があるから、外の様子見がお手軽なんです。増水してないかチェックしながらダラダラと過ごす。

P8100173

降り止まない雨に最悪の状況が脳裏をよぎる。そんな中でちょっと早いメシを食い始めました。10秒でできるドライフードのカレー。1食300円するけどもウマイです。グリーンカレーおすすめ。 

P8100175

メシも食い終わり16:30、なおも雨は降り続いていました。雷もなっていたかな。ちょくちょくメガライトの隙間から川の水位をチェックしてたまやさんから、ついに「もうだめかもしれんね」と撤退の号令がかかりました。

P8100185

この撤収の時は俺慌てたねー。どこから片付け始めていいんだか軽くパニックだった。なんとかメチャクチャなパッキングを終えた。あらかじめ近くの高台へ登る斜面にロープを伸ばしていたので、それを伝ってスタコラ逃げ出しました。

P8100176

メガライトは木を支点に雨除けに使いました。

P8100183

メガライトは放っておくと水たまりができてました。適当に水を逃がしてやる。

P8100180

緊急避難の斜面から増水の様子です。逃げ出したときよりも水位が上がることはなかったので、このころには荒れ狂う川の流れを呆けっと観察してた。

P8100186

18:30過ぎ、雨脚も弱くなり水位も下がってきました。あきらかに水の色も泥水から透明な水に戻りつつありました。

緊急避難を終了して再びメガライトをセッティング。明日には水位が元に戻ることを願って寝ました。 

4日目に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

白馬三山縦走(3)

日時:2009/8/14(金)~16(日)
天気:はれ
記録:初日 猿倉 → 白馬鑓温泉
2日目 白馬鑓温泉 → 白馬岳 → 白馬大池
3日目 白馬大池 → 栂池 → 倉下の湯 → グリンデル

去年の記録ですが白馬三山ラストです。

初日の記録はここから。

2日目はこちらからどうぞ。

Dsc_2281

朝から快晴な日でした。結構遅い時間に出発。

Dsc_2282

広々していいテント場でした。

Dsc_2284

あやめだかが咲いてる。

Dsc_2289

ズームすると海っぽいね。

Dsc_2291

離れるのがもったいない天気と景色ですな。

Dsc_2297

向こうの方には朝日岳へと続く稜線が見えちゃってます。行ってみたいなあの稜線。

Dsc_2304

ケルンさん。

Dsc_2308

岩っころがゴロゴロしてる。

Dsc_2309

この先雪渓越えたりして、その後は木道の湿原。栂池RWまでうんざりする下りが続きます。

Dsc_2320

RWのブォんブォんという音が聞こえてきたらこのだるい下りも終了。暑っ苦しいCWXをトイレで脱いで生ビールを美味しくいただきました。

その後はお馴染みの倉下の湯toグリンデルにて遅い昼食。栂池からタクシーで倉下の湯までいって、出てくる時間にちょうどよく駅までのバスが来た。駅からグリンデルまでは結構歩くかな。10分くらい?帰りのあずさは人いっぱいでした。が、かろうじて座ってかることができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

ジャンダルム登りたくて軽量化したけど

先週3連休に山に行けなかった憂さを晴らそうと、27日代休とって奥穂to西穂の縦走を企てました。

仕事も定時に上がったのですが、飯食ったりカモシカ寄ったりして、さらに家帰って1から山の準備してたら結局12時過ぎ。

そこから運転して朝から歩き始めとか考えてたらメンドくさくなってテンションダダ下がりdown

そんなこんなで今パソコンの前でグダグダしてます。暇に任せて日記に写真つけて更新したのでお暇なら見てってください。

下の写真は岩登り岩稜帯向けに整えた装備です。水なしで10kg程度。44Lザックなのでいつもの60Lザックに比べたらそれなりにコンパクトにまとまりました。

Dsc_5703

Dsc_5708

①水 プラティ1L、ナルゲン1L

②雨具

③シュラフ&カバーが入った防水インナー、これにその他のものも投入してザックにIN

④コーヒーとか、箸スプーン

⑤ダウンジャケと防水袋

⑥食料2泊分ドライフードのみ

⑦着替(モンベルウールの上下、おパンツ、靴下)の入った防水袋

⑧テント(エアライズ1)

⑨ヘッデンと予備電池

⑩鍋、食器、火器

⑪行動食(バナナヨーグルトゼリー、ショッツ、小枝チョコ大、

⑫救急道具

更新した日記のリンクですー

宝剣&木曽駒

http://rock-and-snow-kuma.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-838c.html

笛吹川東沢・釜の沢西俣

http://rock-and-snow-kuma.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-063f.html

富士山

http://rock-and-snow-kuma.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-4dc2.html

金峰山

http://rock-and-snow-kuma.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-e762.html

小川山

http://rock-and-snow-kuma.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-09fe.html

倉沢谷本谷

http://rock-and-snow-kuma.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-60e2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

Newパソコンキタよ。岳人載ったよ。

パソコンが無かったので山に行っているにもかかわらず更新できなかった。

まだ環境整備できてないので写真無いけど。。。

DELLパソコンなんだけど使い始めて3日で、起動画面時に謎の画面が出たりして不吉じゃ。

今日15日発売の岳人、「新岳人写真倶楽部」のコーナーに久々載ってます。

暇人は見てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝剣&木曽駒、そして実験テント

日時:2010/9/11(土)~12(日)
天気:はれのちミルクぶちまけたような濃霧
記録:初日 駒ケ岳RW → 途中の小屋 → 宝剣岳 → 途中の小屋 → 中岳 → テント場 → 木曽駒ピストン
2日目 テント場 → 駒ケ岳RW

Dsc_5605 

mixi友達、Eっこ、Mきちにて初の中央アルプス。オーバー30組のお気楽登山。

Dsc_5595

ロープウェーを降りると眩いばかりの岩岩景色。ここらのエリアの岩はつるつるしてて登るには適さないけど見る分には最高。RW終点まで登れる沢コースがあるけど、すべり易かったりしないのかな?こんど仲間に聞いてみよ。

Dsc_5611

奇巌城を背にしてRWから1時間ほどの上り。寝不足だから結構しんどかった。

Dsc_5613

小屋の前に荷物を置いて宝剣岳の山頂を目指しました。

Dsc_5614

向こうには木曽御嶽がそびえてます。

Dsc_5622

エアリア上は点線だったのでビビってたけど普通の鎖場だった。観光客が多いから脅し的な意味もあるのかと思ったけど、そもそも観光だったらエアリアなんか見ないか。

Dsc_5627

鎖トラバース。背後は結構キレキレでした。

Dsc_5640

空木岳方面の稜線です。一泊あれば行けるみたいなのでまたそのうち。

Dsc_5649

とりあえず山頂のボコにも登っておきました。おそろしや。

Dsc_5668

ネギ刺さってる。中岳からの下り道、人たくさんでした。中岳の山頂の岩に登ろうと思ってたけど人いっぱいなのでやめた。次の日でいいかと思ってたら翌日はガスガスで足早に帰宅のため登れず。。。

Dsc_5674

駒ケ岳頂上小屋のテント場は3000m級の稜線、その付近でワンポールテントが通用するかの実験です。

Dsc_5675

ワンポールテントはもう一組、家族連れがGOLITEのシャングリラ使ってたなー。向こうのほうが風に幾分か強そう。話して聞いてみればよかったな。

Dsc_5676

テントセッティングして昼食を食べてから木曽駒山頂に向かいました。

Dsc_5686

宝剣岳は全体的に岩々してる。ガスが湧いてきましたよと。

Dsc_5692

山頂でガスガスに巻かれるまで小一時間うだうだとしていました。このガスガスは翌日RWを降りるまで晴れることはなかった。

そんなわけでワンポールテントの実験ですが、稜線で張るのは辞めましょうという結果になりました。一晩中はやく夜が明けてくれと願いながらポールを支えてました。所々寝落ちしててポールから手が離れてたけど、とりあえずは倒れなかった。

風が強い時用に普通のエアライズ3も持ってきてたけど肝心要のポールを忘れたよ。おかげで荷物軽かったけど。

風の強い稜線でも張れるフロアレステントということで、MSRのツインシスターズを検討中。ツーポールかつ背がそんなに高くないので、メガライトより圧倒的に風に対して強いでしょう。

最近沢でメガライト使い始めてからフロアレスのテントににはまっています。それほどまでにフロアレスは快適なのです。メガライトはそれに加えて高さと広さがるからなー。まぁ考えるより買って試してみましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笛吹川東沢・釜の沢西俣

日時:2010/9/4(土)~5(日)
天気:はれ
記録:初日 西沢渓谷 → 両門の滝の先にあるテント場
2日目 テント場 → 甲武信小屋 → とくちゃん新道で下山

オモタテメンバー、ながさわさん、AKまつさんにて泊まり沢。

Imgp0293

スタート地点の看板。山ノ神に向かう前にホラの貝ゴルジュで遊んできました。

Imgp0294

ゴルジュまでには倒木が架かった滝。左にクラックが走っているのでたぶん登れると思うけど今回は巻いた。ちょっとトライして高さにびびったのだ。こう見えても滝の間近に迫るとめちゃくちゃ高くてビビる。

その後の深い淵の泳ぎから滝の乗越しがなかなか悪くて面白かったなー。

ホラの貝はながさわさんのトライだけで時間切れと判断して通常の釜の沢ルートに復帰。でも面白かったよ。来年に必ずトライする。要クライミングシューズかな。アブミも?

Imgp0321

通常ルートに復帰してから歩きが長くてうんざりした。でも水がキラキラして楽しかったかも。魚止めの滝か両門の滝までぐらいで引き返したほうが楽しめる気がするなー。 来年来るとしたらそうしよう。

Imgp0325

魚止めの滝を巻くところ。真夏だったらここの釜でプール遊びが楽しめるだろう。この前後でウォータースライダーもできた。

Imgp0328

ここが有名な 千丈のナメか。秋に来たい。

Imgp0335

長かったけどやっと両門の滝。ここを右から巻くとすぐ上にテント場適地があります。

Imgp0341

2日目はゴーロの歩きが長くてうんざり。その後のナメも結構うんざり。ポンプ小屋の水が冷たくてうまかったーよ。我々は山頂へはむかいません、興味なし。うんざりとする下山をだらだらと下って笛吹きの湯に入り帰宅。

釜の沢は何気に巻き道が悪かった気がする。そしてビバーク地ではビールが足りなかった。そんなことよりも沢でのワンポールテントは最高。

高速渋滞が決定だったので雁坂トンネルで帰ったよ。トンネルから飯能あたりも交通量少なく、飯能から青梅に抜ける道も誰も走っていない。ビュンビュンと飛ばして4時間で帰宅。止まりが無いのはストレスフリーだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっじさ~~ん・富士山

日時:2010/8/31(火)
天気:はれ
記録:富士宮口から往復

Ca3h0034

代休取らされたので初富士山の弟と一緒に登ってきました。

日本最高所でのコイノボリです、これを山頂決めポーズとするためには、もっとパワー付けて完成度を高めなくては。。。

シーズンも終わりなのか、複数の山小屋で撤収の準備をしていました。ハナワ?だかが何かのロケしてたなー。

全盛期のコースタイムが3時間15分(かなり急ぎ)

今回のコースタイムは各小屋の前で小休止、あまり急ぎなし。で3時間30分。

まだ衰えてはないのかな。

下りで泣きそうになりながら下山。風呂は通り過ぎたので富士宮焼きそばだけ食って早々と帰宅。中井SAがなかなかよかった。またよって帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院!?

8月28日、コーヒーのみにドトールに出かけた親父から電話がかかって来た。

駅前に向かうと救急車が止まってるではないか。自転車で轍にはまってこけたらしい、あほか。

一緒に乗り込んで病院に向かうと脊髄損傷しているかもと入院。

関係ないけどこの前後一週間くらいパソコンぶっ壊れて、ネットサーフィンしない健康な日々を送れた。

今Newパソコンで内容の無いブログを更新中。

環境戻すのめんどくさくて写真とか取り込めてない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金峰山

日時:2010/8/22(日)
天気:はれ
記録:廻り目平 → 金峰山ピストン

Dsc_5579

前日の小川山ぼるから引き続き、mixi友達のにしおくん、kinpくん、ま~やんで山登ってきました。

Dsc_5586

今回こそはてっぺんの五丈岩に登るつもりでいたけど、核心部の一歩が出ない。。。

泣く泣く敗退しました。

Dsc_5578

初めて目にしたフェニックスの岩場。五丈岩のフリーソロよりもロープで登るこっちの方が気が楽だよな。。。

12:00には下山して再びキャンプ場ボルダーでにしお君が5級にリベンジ。するも果たせずに撤収。初外岩のま~やんが登れなくて悔しそうだったね。またガンバー。

次金峰山来たときは絶対にリベンジ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小川山のメモ21

2010年8月21日(土)

mixi友達と小川山ボルダー。

朝一にキャンプ場に到着後にしお君とビールで乾杯。止まらなくなりそのまま二本目。

にくちゃんたちはきっと遅れてくるはずと願い仮眠を取る。

仲間と合流後、犬小屋トラバースをその日一撃で完登。手強かったぜー。

ホワイトティアーズにみんなで打ち込む。未だ登れず。。。

下に移動して入り口岩。ここの岩はむずいよー。

石楠花エリアに移動して扇岩。にしお君、にくちゃんが蛇腹4級をクリア。グレード更新オメデト。

最後はキャンプ場ボルダーに移動してにしお君が5級課題に燃えてたよ。この5級は何気に面白いのだ。その後は久々に村の公共お風呂に入り、村の食堂で焼肉定職にありつく。

ま~やんが首都高の渋滞で遅れて22時ごろキタよ。食い物何もなくてスマソ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小川山のメモ20

2010年7月25日(日)

瑞牆山登山の翌日は小川山でボルダーでした。

Dsc_5449

まずは犬小屋岩で アップです。

Dsc_5462

この6級トラバースが手ごわかった。この日は登れず。6級なのに。。。

Dsc_5463

これを書いてる9月末、夏の木漏れ日がすでに懐かしい。。。

Dsc_5469

これも俺が登ったときは苦労した5級のスラブ。みんな登れてた。やるなー。

Dsc_5483

川遊び岩の10級。10級と侮るなかれ、なかなか面白いよ。

Dsc_5486

お買い得な1級なのでひらしー君に勧めてみた。

Dsc_5487

なんと、「流れの中に」1級をクリアーしちゃいました。おれは2日かけて必死で登れたのになー。

そんなわけで、おれの成果はなし。。。

気がつけば9月も終わりに差し掛かる今日、小川山の天気は晴れだけどなぜかパソコンの前。やる気が起きずそんな日々。今年中に小川山の初段登れるのか?一応お買い得と名高い神の瞳なんぞを狙ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉沢谷本谷

日時:2010/7/31(土)
天気:はれ?→雨
記録:堰堤のトンネルくぐったところまで → 林道を戻る

上ノ廊下に向けて泳ぎ沢で特訓でした。

P7310002

Imgp0009

P7310009

P7310011

Imgp0030

P7310019

Imgp0032

Imgp0057

P7310054

P7310074

Imgp0070 

あとで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »