« 御岳ボルダーのメモ18 | トップページ | 御岳ボルダーのメモ20 »

2010年3月21日 (日)

御岳ボルダーのメモ19

2010年3月20日(土)

2週続けての御岳ボル。

ついに初段クライマーとなったのだrock

1385377197_224_4

#1:勅使河原美佳の半生 初段

10時過ぎ御嶽駅に到着して他の岩には目もくれずにデッドエンドの岩に直行。3連休初日にしては人がいない。なんでも各地で渋滞が続き車組の到着が遅かったようだ。。。

この日の1トライ目でいきなりマントルを返すところまで進んだ。いきなりの出来事で頭が対応できていない。リップに体を引きつけ右手を奥の出っ張りに進めようとするが、狙った位置に届かず力尽きた。

2トライ目はリップに届かず。

早くも12時過ぎ。お昼ご飯を食べ終えると車組の到着、そして3トライ目。リップに体を引きつけて右手を飛ばす。狙った位置に届いた右手は思った通りの掛かり具合。これならば行けると左のヒールフックを掛けてさらに乗り込み右手を返してついに完登。

リーチを最大限に使いインチキ臭いムーブで登った「デッドエンド」のときよりも声援は大きかった。たくさんのガンバの声があり、これは落ちられないと思いなんとかマントルを返せた。初の初段はいい形で落とせたと思う。

朝バタバタしてカメラを用意しなかったので動画を残せなかったのが唯一心残りか。。。

#2:デッドエンド横断 初段

目的だったテッシーが終了したので次なる初段を狙う。トラバース部分がパワフルで、デッドエンド右側を登っていく部分までは繋がらなかった。今市落としてやろうというモチが湧かない課題。

#3:デッドエンド左 初段

テッシーで使う逆三角ポケット▽を右手で取って、さらに右足をあげてそこからランジ気味にリップを取る課題。右手指の消耗が激しいが何度かのトライで飛び出すところまでは進んだ。右手ポケットの次、左手アンダーをはずすところが難しい。

#4:イギリス人のトラバース 2級

最後にこのトラバースで振り絞った。途中のクロスで右手を送った後が保持できず。過去何度かトライしてるけど、やっぱりこれは難しいぞ。

外岩はルートしかしてこなかった自分が、外ボルダーを始めて御岳に通い出して早1年。得意系というかリーチ系有利な課題とはいえ、なんとか初段を落とすまで来れた。ルートクライミングとはインドア/外共にだいぶ遠のいてしまった感がある。

ルートクライミングは順番待ち等で自分のペースで登れないときがあり、消化不良のまま1日が終わることもしばしばあった。そんな自分にとっては、ボルダーのお手軽感はピッタリなのだろう。今のペースで時たまルートを触るぐらいでちょうどいいのかもしれない。

そろそろ小川山シーズン。1級5本を目標にガンバだ。その前に御岳の心残り忍者返し完登、そしてエイハブ船長の完登だ。

|

« 御岳ボルダーのメモ18 | トップページ | 御岳ボルダーのメモ20 »

フリークライミング」カテゴリの記事

御岳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/33871096

この記事へのトラックバック一覧です: 御岳ボルダーのメモ19:

« 御岳ボルダーのメモ18 | トップページ | 御岳ボルダーのメモ20 »