« 御岳ボルダーのメモ2 | トップページ | The North Face Cup 2009 »

2009年3月31日 (火)

高倉山と蕎麦「与衛門」

日時:2009/3/29(日)
天気:はれ
記録:藤野駅 → 高倉山 → 与衛門

中央道からのこの景色↓見たことがある方も多いのでは。

Dsc_0597

↓ズームアップ。

Dsc_0597_2

そうです。山のラブレターなのです。

Dsc_0592

立川から電車を乗り継ぎ、藤野駅に降り立つ。駅前にはゴテゴテとしたこの看板。ここを右折して弁天橋に向かって歩く。橋を渡り右手へとさらに進んでいくと山への道を示す看板があり。といっても自分は最初見過ごすほどの看板。

Dsc_0620

20分も歩いた頃だろうか、謎の建造物に出くわす。

Dsc_0630

そう、今歩いているこの道は、芸術の道という謎のアートが点在する道なのでした。そういえば、弁天橋のところにも雁のオブジェがあった。

Dsc_0631

神社前にある駐車場にもストーンサークル有り。

Dsc_0643

神社の脇には謎ボール。中は空洞だよ。

神社を通り過ぎ、再び山道に入るとすぐに急登と出くわす。程なくして高倉山の山頂だ。ここはさっさとスルーして、次のベンチにてしばしの休憩。朝は曇り空だったがこの頃には晴れ間が見えててポカポカな陽気。

Dsc_0665

さらに山らしい山道は続き、あっという間の下りで秋山川へと降り立つ。

Dsc_0678

車道を道なりに進み、日連橋を過ぎ、国道20号線へと合流。そこを右に曲がればすぐに蕎麦処「与衛門」の店構えが顔を出す。玄関を開けると古びた佇まい。

Dsc_0682

お昼からビア。ぅんまい。

Dsc_0685

鴨焼きをビールの肴にして酔いは進んでいく。

Dsc_0687

締めは細打ちの盛りそばで。ここの店は二八蕎麦を出してくれる。歯ごたえのある田舎蕎麦も食してみたかったのだけど、腹の具合はとうに満腹。また来ようと与衛門を後にした。

|

« 御岳ボルダーのメモ2 | トップページ | The North Face Cup 2009 »

登山」カテゴリの記事

関東の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/28886055

この記事へのトラックバック一覧です: 高倉山と蕎麦「与衛門」:

« 御岳ボルダーのメモ2 | トップページ | The North Face Cup 2009 »