« 双六小屋~新穂高 | トップページ | 御岳ボルダーのメモ1 »

2009年3月 8日 (日)

八ヶ岳ジョウゴ沢 乙女の滝集中

この冬4度目の八ヶ岳アイス。行くたびに毎回晴天ですが一度も山頂には足を運んでいません。もったいないのか?今冬シーズンのラストアイスです。

日時:2009/3/7(土)~8(日)
天気:はれ

2~3日前までの天気予報はたいして良くもなかったけれど、アイスクライミングなのであまり関係なし。まぁフタを開けてみれば土日とも晴天に恵まれました。

Img_0111

F1の滝。ほとんど雪に埋まっていた。

Img_0112

F2の滝。下部に大きな口を開けていた。右の方から辛うじて登れる。

Img_0114

F2の上部に霧氷がキレイ。

Img_0116

右の方から登ったけれど、日曜日帰るときにはそこにも穴が開き始めていた。

Img_0123

目指す乙女の滝に到着。先行パーティ2人組は右ラインを登っていたので、うちらは左ラインを登る。右ラインより簡単そうなライン取りで短め。私が先行トライで、緊張はしたけれど難なく完登。一応乙女の滝登れたことにしておこう。

続いてパートナーのAKさんも完登。勢いに乗り右ラインも完登めざしトライ。しかし2本目のスクリューセットに手間取ってしまい大パンプ。私と交代して途中から継続リード。さらにスクリューのセット地点を上に伸ばすも完登ならず。

陽は刻々と落ちてゆく。。。

このままではスクリュー残置になってしまうので、AKさんが最後の力を出し切り終了点までロープを伸ばした。撤収を終え下山する頃には完全に闇に包まれていた。月明かりの下ジョウゴ沢を下り、赤岳鉱泉のテント場には19:00過ぎに到着。

この日テントマットを忘れたため、ロープやザックなど適当に敷き詰めて地面からの冷気は防いだが、ごつごつして寝心地は極めて不快。何度か夜中に目が覚めた。

2日目も乙女の滝で練習。AKさんが左ラインからリードしてトップロープをセットし、昨日不完全燃焼だった右ラインを、少しずつルートを変えながら3本登り下山。

アイスクライミングを始めた年に見上げた乙女の滝は難攻不落に見えた、がしかし2年目最後には何とか取り付けるレベルまで来れた。来シーズンまでにはフリークライミングの方もそれなりにレベルが上がっている予定なので、次に来たときには今よりマシなアイスクライミングが出来ている事を願う。

|

« 双六小屋~新穂高 | トップページ | 御岳ボルダーのメモ1 »

アイス」カテゴリの記事

八ヶ岳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/28531429

この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳ジョウゴ沢 乙女の滝集中:

« 双六小屋~新穂高 | トップページ | 御岳ボルダーのメモ1 »