« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月16日 (日)

丹波でんでぇろto三条の湯

日時:2008/11/15(土)~16(日)
天気:はれ→くもり→あめ→はれ
記録:初日 親川バス停 → 丹波天平 → 三条の湯
2日目 三条の湯 → 後山林道 → お祭バス停

久々の奥多摩でした。昨年11月頭に登った大岳山以来約1年ぶり。この時期は奥多摩もなかなかいいね。

Dsc_5180

奥多摩駅から出発する丹波行きのバスに乗り込み親川にて下車。青梅街道沿いのわかりにくい登山口から登り始める。

Dsc_5184

廃屋までしばらく登りが続く。

Dsc_5192

丹波天平、三条の湯を目的に今回の山歩きを決めていたのであまり紅葉は気にしていなかったけれども、予想以上に良かったよ。

Dsc_5194

30分ほど歩くと廃屋が何軒か並ぶ地帯に出る。

Dsc_5196

最後の廃屋付近に引かれたホースからはまだ水が流れ続けていた。

Dsc_5203

こちらは玄関がまだ綺麗な感じでつい最近まで使われていたと思わせる佇まい。

Dsc_5214

向かいに見える山もいい色合い。

Dsc_5252

廃屋からさらに1時間もあるいた頃ここが山の上なのかと思わせるだだっ広い平らな尾根に出る。

Dsc_5273

場所によって様々な色合いの森が姿を現す。

Dsc_5286

なかなかいい時期に来られたようでしみじみと歩く。

Dsc_5287

この木は多色使い。

Dsc_5301

広すぎて平で落ち葉もっさりで、赤テープがないと道に迷ってしまう。

Dsc_5311

Dsc_5320

途中、丹波天平から丹波の湯あたりに抜ける点線ルートもあるのだが、ロープが張られていたような気が?迷いやすいのかな。

Dsc_5324

丹波天平を過ぎサオウラ峠に向かう。

Dsc_5339

サオウラ峠からはコースタイム1時間半くらい。くだり調子の道なので楽に着くかと思っていたが、なかなかにきつかった。

Dsc_5346

渓谷沿いの紅葉は綺麗。しかし歩けど歩けど三条の湯が見えてこない。

Dsc_5348

2つ3つと沢を越えて若干の登りをこなしていくと谷の向こうに三条の湯が見えた。

Dsc_5351

山の谷間に構える温泉宿といった雰囲気の山小屋。

Dsc_5354

小屋の中からは暖かそうな灯りがこぼれる。山小屋のニーサンも愛想良くて親切な感じでした。

Dsc_5356

この日テント場には自分たち1組だけ。テントを張り終えてワインとローストビーフで一息入れて、夕食時の空いている時間を狙って湯に浸かった。静かな夜、テント場の周りすぐ近くからは鹿の足音と鳴き声だけが聞こえてくる。(最初何の足音か分からずビビっていたけど)

22時頃かな?そろそろ寝ようかと小屋のトイレに向かうと後山林道から続く登山道にヘッドランプの灯り。最終のバスでやって来た愛想のいいカップルでした。

翌日は朝から雨。目覚めて起きてを繰り返して朝ご飯を食べ終わった10時頃には雨も止んでいた。出発引き延ばし作戦は成功。

三条の湯からお祭バス停までの登山道、林道も紅葉がいい感じでした。だらだらと歩いても3時間弱でバス停に到着。ここにある食堂で塩焼き定食を食べ、定番のもえぎの湯(今日は混んでた)でさらにビールとつまみ。がらがらの青梅線で帰路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

ブラックダイヤモンド - オービット

今年大ヒット商品となったブラダイのLEDランタン「アポロ」。何度か山に持っていって使っているけれどもテント内を明るく照らしてくれて、ヘッドランプを天井からぶら下げるよりもテント生活が快適。しかし、かさばって若干重い。

そこで最近発売された同じくブラダイの「オービット」を早速購入してみた。ちゃんと比較はしてないけれどアポロと同等近く明るい感じ。

Dsc_5158

週末キャンプ予定なので野外でも試してみるよ。

IBS石井で\3,780でしたー。ここから10%OFFね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

折立~太郎平

日時:2008/9/20(土)~23(火)
天気:くもり時々雨
記録:折立 → 太郎平 → 薬師峠キャンプ場

土曜日久々のパンプ2、日曜日は友人の結婚式な週末だったので過去レポでも。9月の4連休で折立から新穂高まで歩いたときの記録。

Dsc_3994

出発前後で台風が暴れている感じだったので出発が危ぶまれていたが、初日の朝は快晴でした。東京駅から乗り心地の良い高速バスで東京駅から富山駅まで移動。富山駅で折立行きのバスに乗り換え。20分くらいの余裕があったので駅前コンビニで食料調達。

Dsc_4004

折立の登山口から小一時間は樹林帯だったのでかなり蒸し暑く、夏と変わらない陽気に感じた。それほどキツイ急登があるわけでもないのでだらだらと進む。初日に薬師岳目指すならてきぱき歩く必要があるが。

Dsc_4008

時間とともに日差しは無くなりあたりはガスに包まれる。

Dsc_4012

木道と石ゴロの道が交互に現れる。草紅葉も若干見ることが出来た。

Dsc_4019

時折小雨が降り出したりもしたがカッパは出さずに済んだ。ベンチのあった場所で休憩の後もっと歩くと思っていたが、見上げる先に小屋が見えたので得した気分。

Dsc_4025

あまり酒飲みではないのだけどうっかり買ってしまった。¥1000ナリ。少し飲んで満足したので半分ぐらい彼女に飲んでもらった。

Dsc_4029

お昼過ぎ、薬師沢に降りていく人もちらほら。明日は薬師沢を越えて雲の平でテントの予定。

Dsc_4038

時折青空も見えて明日の天気はそれなりに期待してたのだが。。。ほろ酔いでキャンプ場までの道を歩く。

Dsc_4041

この日はワインとか生ハムとか、けっこう豪華な食事だった。食事を食べ終わる頃雨がぽつり。静かに夜は更ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

小川山のメモ12

2008年11月1日(土)~2日(日)

秋晴れの3連休は小川山に行ってきました。前回が最後と思いきや再び小川山のチャンスが訪れた。今度こそ最後、スーパーファイナルです。

Img_0019

晩秋の小川山キャンプ場は人気がない(夕方に帰ってきたときにはいつも通りいっぱいだったが)。今回はしんごさん、まさこさん、T野さん、T川さんといっしょ。実はここに来る前日一悶着あったのだ、新宿警視庁24時。。。

前回の小川山で一区切り着いていたので今回がお気楽クライミングのつもりで登った。妹岩で久々にカムが使えて楽しかったよ。

1日目

妹岩

Img_0024

#1:愛情物語 5.8 RP 低グレードだけれどもNPを使うルートはドキドキ。結構長いルートでおもしろいよ。

#2:龍の小太郎 5.9 RP BigRockのクラック講習から数えるとかなりの本数登ってる。もう慣れたモンだな。しかしNPは油断厳禁。来シーズンはこの隣の看板ルートをRPしますよ。

姉岩

#3:た・タんか 5.10a MOS 簡単だけどけっこう考えてしまった。

#4:強火の職人 5.10b × 1カ所カムが必要だけどそこでうだうだしている間に上に抜けたほうが早いかも、フレークのところはガバ連続で簡単だった。5B目までかけて右下に終了点が見えたから、そっちが正しいのかとか思ってわざわざ降りてしまった。フレークはキャメ#0.75が決まる。

2日目

#1:ジャングルフィールドガイド 5.10a TO なんか前日飲み過ぎたか、風邪ひいたか知らんが体調悪いのでTRで。ガバの連続でお気楽クライミング。

#2:ゴールドグリッター 5.10a TO 途中でホールド見つからなくて左に逃げてしまった。TRなのに情けない。後からT野さんが登っているのを見てホールドが分かったので2回目はちゃんと登った。TRだけど。。。

#3:卒業試験 5.10b RP お昼過ぎに朝から強く吹いていた風も止んできたので、今日一日TRで終わるつもりだったけど宿題片づけるためトライ。グレードなんて関係ない感じで面白いルート。今シーズン最後の小川山、締めに相応しいルートでした。

来シーズン小川山までの課題として、クラック講習でレベルアップ。幕岩で狙っているルートを全て片づける。その他諸々こなして、さらに小川山クライミングを楽しめるレベルになっていることを期待。来年はカサブランカとジャク豆登るよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »