« 権現岳 | トップページ | 小川山のメモ9 »

2008年7月 7日 (月)

小川山のメモ8

2008年7月5日(土)~6日(日)

初日ナチュプロでリードデビュー。2日目のセレクションではあたりまえのようにナチュプロをセットしている自分がいた。なんかわかってきたよ。目指せクレイジージャム。

Dsc_2837_2

マラ岩頂上から。

Dsc_2807

#1:龍の子太郎 5.9 RP 前回小川山ではトップロープで疑似リード。今回は満を持して自前のナチュプロでリード。本日1本目、今までで一番スムーズに登れたよ。

Dsc_2839

#2:川上小唄 5.8 RP 私は前回登っているので、同行のまやしちに先に登ってもらいました。最後回収で私が出発。一眼レフぶら下げて登ってみた。レンズフード岩にカツカツとぶつけながら。これは妹岩方面。

Dsc_2838

マラ岩西面をのぞき込む。ホールドらしきものは見あたりません。

Za2fklecik20080706232222

#3:卒業試験 5.10b TO 卒業試験のオンサイトトライに臨む昭和のクライマー。首のてぬぐいがポイント。いくよ。

Dsc_2848

1回目のトラバースを終え、右のカンテ際を登り、横に走るクラックに手をかけてオンサイトの可能性が見えてきた。

Dsc_2852

しかし横に走るクラックから右上してしまい次の一手を見失う。クライムダウンしてみるがルートミスによる消耗でテンション。あえなくオンサイトトライは失敗に終わった。

そして空は青かった。

クラックから左上が正解だな。そこから先はホールドが豊富でムーブに迷うことはなかった。今回は卒業ならず留年、また次回トライだ。

2日目はセレクションのみ。1眼レフしか持ってきてなかったので、担いで登る気にならず写真撮れなかった。ショボンヌ。しかし5.8のマルチだと思って気軽に取り付くと火傷するぜ。

1ピッチ目:正式ルート?の左斜めに走る短いクラックからスタートする。事前情報通り想像以上に悪かった。少なくともカサブランカのほうが素直で登りやすかった。

2ピッチ目:ダイヤモンドスラブ。ここはシンゴさんリードで。ランナウトが続き見てるほうはハラハラドキドキ、登ってる方はガクブルだろうな。このピッチフォローで助かったぜ。快適に登る。

3ピッチ目:トラバース&チムニー。出だしの立木にスリングでランナー取っただけで支点無し。チムニーをバック&フットで登り切ったあとザレた登りでビレイポイント到着。

4ピッチ目:出だしのクラックにナチュプロセットして、クラックから立木に乗り移り、立木からダイクに乗り移る。ここでボルトが2本。そこからすぐにスラブの乗越をして、ナチュプロセットしながらワイドクラックをぐいぐい登っていく。ホールドは豊富だがスラブの上から終了点まで支点は全くなし。

5ピッチ目:シンゴさんリード。オレはスラブのリードしないw。フォローなので楽しく登れた。

6ピッチ目:ラストピッチ。3メートルほどスラブを登ると頂上に出る。燕岳みたいな感じ。ここから下山がワイヤー伝いにザレザレの道を下っていく感じで悪かった。落ちそう。

久々にシンゴさんと組んでマルチ登った。例のルートに向けて準備万端さ。

|

« 権現岳 | トップページ | 小川山のメモ9 »

フリークライミング」カテゴリの記事

小川山」カテゴリの記事

コメント

昭和のクライマーって熊くんだったのか!
すっかりどっかから写真を持ってきたのかと思ったよー

小川山に行くたびに、
「次は登らなくては」というルートが増えて行く。
そして結局毎週クライミングですな。

投稿: まや | 2008年7月14日 (月) 23時29分

昭和クライマーは↓幕末古写真ジェネーレーターを使って変換してみた。
http://labs.wanokoto.jp/olds
そう、クライミングは宿題ばかりが増えていくのだ。

投稿: くま | 2008年7月15日 (火) 01時48分

ジェネレーター
おもろい!!

投稿: まや | 2008年7月15日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/22119554

この記事へのトラックバック一覧です: 小川山のメモ8:

« 権現岳 | トップページ | 小川山のメモ9 »