« ジョウゴ沢でアイスクライミング | トップページ | 赤岳主稜 »

2008年1月20日 (日)

湯河原幕岩のメモ7

2008年1月20日(日)

午前中はいい天気でポカポカしてましたが、やっぱり1月。幕岩でも寒いですねー。

1ヶ月ぶりの岩なのであまり新しいルートやりませんでした。移動もめんどくさかったのでてんとうむしロックだけー。

てんとうむしロック

#1:ラヴ・ユー・トゥ5.8MOS アップで。なんてこと無く終了。

#2:ラヴ・ミー・ドゥ5.9RP こちらもアップ。2度目。

#3:エリナリグビー5.9+RP これも2度目。アップはまだまだ続く。

アップだけで昼飯タイムにw

#4:ヘイ・ジュード5.10cRP 昼飯後の運動で前回もやったルート。1ヶ月ぶりだったけど前怪しかった箇所も今回は納得のムーブでRP。

#5:デイトリッパー5.10c 前回ちょっとだけ触ったルートに最チャレンジ。といっても隣りのルートからTRかけての試登。1便目はリードで。1B目のヌンチャクかけてハング越えようとして失敗、離脱。2便目はTRで何度かムーブを探るうちにハング乗り越え成功。しかし力尽きてトップアウトする気力を無くす。3便目はもう全然だめなので潔く終了。次回RPに繋がるか。。。

*** メモここまで ***

以下独り言。

帰宅途中アルパインで使うザックを選定するためにモンベルに向かった。前日は好日にてグリベルの軽量シンプルザックエアーテック28を候補としたが、げんさんブログにて気になるザックをチェックしていたので保留としたのだ。

Air28

上はグリベルエアーテック28。シンプルな形状で軽量、ピッケルを装着できるという条件だけど、アイゼンもくくれた方が良いかなーと考えていた。

Zeropo

そして今日現物確認してきたのはモンベルのディナリパック25。雨蓋なしでジッパーで即アクセスというのは使いやすいような気がする。ロープも放り込みやすいかも。上部のアイゼンホルダー(ロープホルダーとしても使える)、ピッケルホルダー、サイドのコンプレッション用?のストラップには脱いだウェアなどくくりつけられるかな。生地も丈夫そうな作りながら、重量は700gとなかなかの軽量。背面パッドをはずせばさらに軽くできるだろう。

ちなみに赤岳主稜にはこの↓ぺらぺらザックで登りました。ショルダーベルトはメッシュのぺらぺらだし、ザックの生地もかなり薄くて、クライミング用途としてはかなり頼りなかった。

Mh70001l1

このハイキング用パックでアルパインをやるのは心許ないので、ディナリパック25を買うことになりそうかなー。

こうして山ザックは際限なく増殖していくのであった。。。

|

« ジョウゴ沢でアイスクライミング | トップページ | 赤岳主稜 »

フリークライミング」カテゴリの記事

幕岩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/9990365

この記事へのトラックバック一覧です: 湯河原幕岩のメモ7:

« ジョウゴ沢でアイスクライミング | トップページ | 赤岳主稜 »