« 厳冬期北岳 2日目 | トップページ | 八ヶ岳でアイス&アルパイン »

2008年1月11日 (金)

厳冬期北岳 3日目

3日目。日の出前まで強く吹き付けていた風はだんだんと収まりつつあった。

Dsc_1113

歩いてきた吊り尾根。

Dsc_1109

鳳凰三山よく見えてました。

Dsc_1119

北岳山頂も近づきつつある。(途中の難所の写真がないのは決してビビって、カメラを出せなかったのではない。断じてない)

Dsc_1128

なんか分岐のあったあたりで休憩。

Dsc_1144

間ノ岳方面、朝はよく見えていたけど、だんだんガスが攻めてきた。

Dsc_1149

稜線に近づくにつれ風の音がでかくなってキタ(゚∀゚)ッ!!

Dsc_1152

今回の山行で一番の烈風を受けながら、岩の間を通り山頂に向かった。

Dsc_1161

向こうの方には塩見とかが鎮座していたのかなー。見られなくて残念。

Dsc_1170

いよいよ山頂アタック。先頭を行く三脚さん。

Dsc_5837

Photo by “三脚マン”

流れ続ける雲のなか稜線を突き進むオレ。山頂に近づくにつれ気分の高揚感はMAXに向かいつつある。

Dsc_1200

着いたよ。北岳。。。と思いきや、さらに1m高い山頂が奥にあったのだ。

Dsc_1183

しばらく細いリッジを歩くと落ち着ける山頂に到着。2年越しの北岳山頂、感動もひとしおだ。

Dsc_5868

Photo by “三脚マン”

あまりの感動にむせび泣くオレ。目を瞑れば北岳との一体感を味わえる。

Dsc_5889

Photo by “三脚マン”

二人だから来れたこの山頂。三脚さんありがとう。

Dsc_1189

ひとしきり山頂での感動を堪能した後はそそくさと下山だ。北岳山頂からの鳳凰三山ともさらば。

Dsc_1191

甲斐駒方面はつねに雲が流れていた。

Dsc_1203

エビのしっぽ発達ちゅー。

Dsc_1204

下山の頃には風はさらに弱くなっていた。すれ違いで登りに行く人もちらほら。

Dsc_1225_2

しばらく隠れていた間ノ岳がまた姿を見せた。

Dsc_1213

それを逃すまいとすかさずシャッター。

Dsc_1214

どんどん降りる。

Dsc_1221

さぁ難所が見えてきましたよ。でも下りと違って登りはそんなに緊張しない。

Dsc_1233

三脚さんも余裕でシャッター。

Dsc_1247

壁の前でもお遊びに夢中。そのうち落ちるよ。

Dsc_6170

Photo by “三脚マン”

難所を渡りきってすっかり安心のオレ。

Dsc_1241

雲が晴れてきて甲斐駒、鳳凰のパノラマも見渡せました。その奥には八ヶ岳。

Dsc_1261

雪の甲斐駒、イイです。

Dsc_1258

ここのひと山を越えればテントに到着。山頂から降り始めればあっという間だ。

Dsc_1263

あと一歩。

Dsc_1266

目的達成の後は足取り軽い。

Dsc_1272

これぞ雪山。

Dsc_1275

テントが見えて一安心。

Dsc_6178

Photo by “三脚マン”

勝利のガッツポーズ。三脚さんとガッチリ熱い握手を交わした。。。

Dsc_6179

Photo by “三脚マン”

時間余ってひまでーす。見よ、この貸し切りテント場のスケール感。

Dsc_1287

そして日が沈む。

Dsc_1289

あの日踏めなかった山頂で喜びをかみしめた、そんな一日の終わり。

最終日下山編に続く。

|

« 厳冬期北岳 2日目 | トップページ | 八ヶ岳でアイス&アルパイン »

南アルプス」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

こんな景色、もう選ばれた者しか見ることが
できない世界のようで羨ましい~です。
間ノ岳につづく稜線がたまらんです。
甲斐駒も岩肌にしっかり雪がついてますねー
しかし、凄いね。 怖いところなかった?

投稿: ロビン@仕事 | 2008年1月11日 (金) 12時58分

選ばれたかどうかはちょっとアレですが、お天気には愛されました。
間ノ岳から先の稜線、たまらんですよねー。今年は塩見に、荒川三山を狙うしかないです。
怖いところは八本歯の頭からの下りでしたが、ロープが出ていたのでなんとか降りられました。他の人のレポート見てると稜線が一面凍り付いてたり、その日の状況でいくらでも危険度は上がっていくでしょうね。ほんとに新年早々ラッキーでした。

投稿: くま | 2008年1月12日 (土) 03時19分

素晴らしい景色感動しました!
冬山は本当に魅力ありますね~
気を付けて行動してください。

投稿: デコ | 2008年1月12日 (土) 22時11分

言葉が無い ヽ(;´Д`)ノ

投稿: さるや | 2008年1月14日 (月) 23時55分

>デコさん
いやほんとに写真じゃ伝えきれない景色。山の空気。
冬山いいですよねー。夏山も秋山も何でも好きですが。
お互い気をつけて山登りしましょう。

>さるやさん
まぁそう言わずに面白いこと書いてってください(`・ω・´)

投稿: くま | 2008年1月15日 (火) 00時23分

では・・・現在、頭のたんこぶのせいで、顔の皮までつっぱり(・ェ・) しわが消え・・・若返っているさるやです。こんばんちはっ!
え~~~っと、滑落は 5mでも打撲いっぱいヾ(´▽`)
こんなところでテント張ってる姿を、ちくわ食べながら・・・日本酒の飲みながら・・・チーズ食べながら・・・日本酒呑みながら・・・かまぼこ食べながら・・・日本酒のみながら・・・拝見できる幸せを、でかい 打撲と擦過傷と共に喜んでいる次第です。
左目が見えなくなってきたのですが、右目があれば大丈夫

          ヾ(´▽`)

ケセラセラのう~~ぷ。呑みすぎた・・・。

投稿: さるや | 2008年1月15日 (火) 00時48分

左目が見えないって一大事じゃないですか。
そんなことおもしろおかしく書いてる場合じゃなく医者行ってください。
私もそろそろへたしたら打撲じゃ済まない山登りになってきたので、おとなしく酒飲んで人様の山行記録でも眺める人になろうかと。。。
でもくそ寒い雪山に嬉々として登りに行くのはまだまだやめられそうにありません。

投稿: くま | 2008年1月15日 (火) 00時58分

これぞ、雪山!
ここへの書き込みは初めてです。どうぞよろしくお願い致します。
三脚マンさんのところで見ていましたが、やはりすごい迫力ですね!
私は、やらないと思っていた雪山ですが、とうとうデビューしました。
雪山の凛とした美しさ、厳しさ、魅力がいっぱいです。
いつかは3000m峰へもと密かに思っています。
いろいろ勉強させてください。

投稿: カモシカ | 2008年1月15日 (火) 19時50分

どうもはじめまして。
北岳、間ノ岳とあの稜線の山々は迫力ありますね。
雪山気をつけて続けてください。

投稿: くま | 2008年1月15日 (火) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/9751917

この記事へのトラックバック一覧です: 厳冬期北岳 3日目:

« 厳冬期北岳 2日目 | トップページ | 八ヶ岳でアイス&アルパイン »