« 湯河原幕岩のメモ2 | トップページ | 極上立山 イントロ »

2007年11月19日 (月)

光岳-聖岳冬直前縦走(3)

リンク:初日のレポ

今日の行程は聖岳往復後に易老渡まで下山。起床時間の4:00前には既に起きていた。昨日早く寝たためか目覚めスッキリの朝だ。

Dsc_0805

軽く朝食を済ませて小屋を出発。まだ暗い道の中を聖岳分岐まで進んでいく。闇夜に響く鹿の鳴き声、ここに荷物を置いて鹿に食われやしないかとちょっと心配であった。行動に必要な荷物だけ取り出し、聖岳に登り始める頃にはヘッドランプは不要な明るさになっていた。

Dsc_0812

山の間からチラリと覗く富士山。雲の下が真っ赤に燃えていた。向かう聖岳も赤に染まっていた。

Dsc_0817

身軽であったためあっという間に富士山の展望がきく場所まで来てしまった。ここから小聖岳に着くのにさほど時間は必要なかった。

Dsc_0833

朝だよ。

Dsc_0831

山頂からの展望を早く望みたい一心で登る足は順調に進む。

Dsc_0855

荷物をデポしてからは2時間ほどで山頂に着いたのだろうか、とにかくあっという間であった。吹き付ける風は相変わらず冷たい。まずは奥聖岳に向かうことにした、進む先には富士山。この日は雲の変化が楽しい朝であった。

Dsc_0868

前聖から奥聖までの稜線は細い箇所もあれば、こんなだだっ広い場所もある。風が防げてこの場所は暖かかった。

Dsc_0877

奥聖の山頂から望む赤石岳はとにかくダイナミックなものであった。来年はこの山に向かって歩いてみたいな。

Dsc_0880

山頂からの景色をひとしきり眺めたあとは再び進路をとって返す。

Dsc_0888

「南アルプス、いい山並であった」と振り返り名残を惜しんだ。

Dsc_0899

再び前聖岳。見渡す限りのパノラマに寒さも忘れて佇んでいた。

Dsc_0907

どこかに吸い込まれていくような雲の形だ。

Dsc_0926

ずっとここにいたいのはやまやまなのだが、下山時刻もあるので惜しみつつも山頂をあとにした。

Dsc_0930

ザック回収後はひたすら樹林帯。眼下に見える紅葉地帯に期待をふくらませ、素早く山を駆け下りた。

Dsc_0978

期待通り、いやそれ以上の紅葉。最高の稜線歩きに紅葉の景色までいただいてしまった。

Dsc_0965

次々に現れる綺麗に色づいた木々に足を止める。

Dsc_0992

荒廃した小屋を過ぎると沢の音が大きくなり、西沢渡に到着する。荷物渡しのかご「野猿」に乗り込み対岸に渡る。あれ、ひとりロープを引くのをさぼってないか?見てるだけー。

Dsc_1002

川を渡り終えて、紅葉の山を愛でながら一休み。そして聖光小屋に向けて歩き出した。落ち葉の絨毯が足にやさしい。平らな林道に旅の終わりを感じていた。

Dsc_1004

トンネルを抜けてさらに歩く。すぐに広場が見えてくる。

Dsc_1007

登山口の広場から見上げる紅葉に彩られた山。

Dsc_1005

聖光小屋の広場に三つ並んだザックが旅の終わりを物語っているようであった。

Dsc_1015

小屋からはダムの脇を通り、川沿いに歩けば30分足らずでスタート地点の駐車場に到着。初日の登りにて雪のぱらつきに怖じ気づいたりもしたけれど、終わってみればあっという間の山旅であった。

|

« 湯河原幕岩のメモ2 | トップページ | 極上立山 イントロ »

南アルプス」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

いい朝だったようですね。
この日の雲は、とってもきれいでしたね。
仙丈岳から南ア南部方面に、ドンドン雲が流れていきました。

荷物渡しのかご「野猿」?
ひとりでも、渡れるものでしょうか???

投稿: 三脚マン | 2007年11月20日 (火) 22時28分

いい朝でしたねー。
荷物渡しはけっこう重かったですけどひとりでも行けます。
今週末も天気良くなって欲しいなー。

投稿: くま | 2007年11月21日 (水) 21時54分

今気がつきましたが、なんとかしたい「表題?」は、どんな風にしたいのかな?
さるやも以前、ハンドルネームをどうにかしたくて「マリーちゃん」とか「マリリン」とか「エドワード」とか「クリスティーヌ」「ナタリー」「オードリー」etc・・・とか色々考えて・・・断念。(((┏( ┓゚ω゚)┓
一回つけると 変更が結構難しいのを 考えていませんで、後悔。
でも、表題は 何度か変えてみましたよ。「さるや」「さるや主人」「さるやは行く!!!」・・あんあまり変わっていませんでした・・・・
ヽ(;´Д`)
「ロック&スノー」って厳しくて、かっちょいい!題名じゃないですか。
写真のキレ!に、ぴったり!だと思うけどなぁ~。
新しいのに変わっても、見にきますけど・・・ねヾ(´▽`)
どんなのになるのかな?

投稿: さるや | 2007年11月23日 (金) 14時39分

ブログ始めてもどうせ長くは続かないだろうと思って、ロック&スノーって雑誌から名前をパクッて題名にしたのですが、なんだかんだ長続きしてしまったので、ちゃんとした題名考えておけばよかったかなーと。いまさらですが。
でもめんどくさいのでこのまま行きますです。
名前負けしない感じで雪と岩を追ってみますね。
「マリーちゃん」ってどこからでてきたんだろうか。。。「さるや」エッジの効いた名前でいいですわー。

投稿: くま | 2007年11月27日 (火) 00時20分

こんにちは。
参考になりました。ありがとうございます。
たぶん、今年真似させて頂きます。

投稿: atsu510 | 2008年10月27日 (月) 23時17分

atsuさん
寒いから気をつけて

投稿: くま | 2008年10月28日 (火) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/8866954

この記事へのトラックバック一覧です: 光岳-聖岳冬直前縦走(3):

« 湯河原幕岩のメモ2 | トップページ | 極上立山 イントロ »