« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月24日 (火)

寄沢本流

表丹沢の大滝といえばいつだか登ったセドの沢と、ここ寄沢本流の大滝(イイハシの大滝)が有名らしい。3段45mの滝とはどんなもんだろうか?((((;゚Д゚)))ガクブルしながら行ってきました。

日時:2007/7/22(日)
天気:くもり

Imgp0258

寄大橋を渡ったところに車を止めて出発です。

Imgp0264

登山道を1時間近くも歩いただろうか、登山道が沢から最初に離れていくあたりが入渓地点。

Imgp0269

F1からなかなか手強いやつが出てきます。せっかくロープだしてもらったのでセーフティーに行きます。

Imgp0274

F2は難なく越えて(あまり印象にない)、続くF3です。右からのラインがおもしろい。出だしでバランシーな登りと、リーチが必要です。

Imgp0277

核心の大滝が遡行の早い段階で出てきやがります。あきらめて早く帰れよと言われているのか。。。

Imgp0279

重たいロープを準備ありがとうございました。丹沢までの道のりで「(∩・∀・)20mロープだったらカエル」とか話していたのは秘密です。

Imgp0281

隊長がリードで登ってくれました、頼りになります。私は最後にトップロープで安心登り。スリングをつかんでのA0登りが多くて、登らされた感が強かったような(自分の技術が足りないという話)。セドの沢大滝のほうが自分で登った感は強かった。残置スリングがなかったら途中のトラバースとか絶対越えられなかっただろうな。

Imgp0288

長かった大滝を越えて一呼吸置きます。沢まで降りるには高さがあったので、ロープで下降します。

Imgp0294

小滝がいくつか続きます。

Imgp0295

5~6mの石積み堰堤。右側を登る。

Imgp0300

堰堤を越えると広い河原に出るので、ここで大休憩。

Imgp0305

ここから先は目立った滝もなくズンズンと進んでいきます。

Imgp0310

本流はゴルジュだと言う事でしばらく進みますが、途中の二股が気になり引き返す。

Imgp0313

この滝はなんか形が好きだった。そして引き返して進んだ先は本流の手前の沢だったようで、すぐに登山道にぶつかりました。雨山峠まで行ってたら帰りが長くてちょっといやだったかも。結果良しということで。

寄沢本流で五本目の沢をクリア、全て丹沢です。丹沢の有名どころはだいたい行ったんじゃないのか~なんて考えたけれども、丹沢120ルートなんてルート集があるくらいなので、丹沢制覇はまだまだ先だ。

神奈川県民なので丹沢はゆっくりと攻略していけばいいかなといった感じです。

沢の帰りはスーパー銭湯湯花楽で汗を流し、ここで記事を見てからどうしても入ってみたかった、レストランBURGにて夕食です。

(写真使わせてもらいマースSayonara

E340

9bcc

ボリュームたっぷりのセットが¥1600~¥2000の価格帯で食べられます。

味もグッジョブGood

写真見てたらまた食べたくなってキター(゚∀゚)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

西丹沢 マスキ嵐沢

今年の海の日3連休も台風で予定が狂った方々が多かった事でしょう。最終日は台風は過ぎ去るようなので近場の沢です。マスキ嵐沢、嵐のように荒れ狂った沢なのか?いいえ、台風の後といえども穏やかな沢でした。

日時:2007/7/16(月)
天気:くもり

Imgp0203

大滝橋から登山道に入り30分弱の道のりを歩きます。

Imgp0204

最初に出会う沢から入渓とのことで、ここで沢準備をしました。しかししばらく進むと堰堤が出現。まだ先だったようです。

Imgp0208

入渓地点には看板が倒れていました。

Imgp0209

最初の滝です。果敢に水流を攻めるつもりがスリップ。うつ伏せのまま下まで滑り落ちました。ホームセンターで買った手袋に穴が空いた。

Imgp0212

ここで、しんごさんとマルチピッチの練習をしてみました。とりあえずシステムは分かったけれど、回数を重ねないといかんともしがたいかな。練習要。

Imgp0214

F2-2段6m。ここは難易度は低いのだが高度感があって落ちたら危険という事で、途中でセルフをとって登る。

Imgp0216

F?とか書いているけど、正直後から写真見返してみてもよく分かっていない。

Imgp0219

ナメが続く。

Imgp0223

F3-2段15m?

Imgp0230

F4-2段9mかな。

Imgp0236

ここはちょっといやらしかったかな。

Imgp0242

小さな小さなCS滝。中を偵察しています。

Imgp0247

最後水の涸れたF7-10mの滝。ここでは懸垂下降の練習をしますた。

Imgp0254

最後のツメ。尾根を登ると権現山。最初はピークピーク(゚∀゚)と向かったのだが、途中で疲れたので引き返した。

Imgp0257

1時間ほど駆け下りると西丹沢自然教室に出てきます。お疲れ様でした。

そろそろ丹沢の沢もマンネリか?と言う話がちらほら。上越や北アルプスの沢が激しく気になります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

そろそろ夏山

よく降る雨だ。去年の海の日は暴風雨の中北岳肩の小屋のテント場でキャンプ張ってたっけな '`,、'`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、'`,、

しかーしこの台風が過ぎ去ればそろそろ梅雨明けでしょ。長期、短期あわせて3つ4つの山行を計画しています。

Rimg0491

今年も飽きずにここら辺を歩きます。去年みたいにバカッ晴れが続くと嬉しいんだけどねー。

去年の長期縦走ではGPSなくして、カメラ落としてぶっ壊したんだった。今年は気をつけねば。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

7月のお買い物

なーんか先週に引き続き今週も山に行けなさそうな気配が濃厚です。更新ないまま放置もあれなので、買い物ネタ。

Bd70550l1

ブラダイの簡易ハーネス(ブラックダイヤモンド アルパインボッド)です。

過去の沢登りではフリークライミング用のハーネスをそのまま使っていたのですが、沢水でひたひたになったハーネスを、ザックに格納するとかさばるのがちょっとイヤでした。これは畳んでもかさばらないし、クッションがないので水をそれほど吸収しない。

これは良い買い物だ。

あとついでにモカシムオンサイトもゲット。。。小川山スラブで試したいぞー。

そういえば夏山天気のサイトが今年も始まってますね。長期縦走楽しみだー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

西丹沢 小川谷廊下

早くも三度目の沢登り。丹沢攻めまくっています。

日時:2007/7/1(日)
天気:あめ

本日は西丹沢の小川谷というところ。玄倉川の源流?になるのかな。

Imgp0022

小川谷のスタート地点。玄倉川そばの林道奥から入ります。

Imgp0034

最初のイベント“大岩”。当然の如く撮影会が行われている。(左側)チョックストーン滝を行くか、(右側)丸太を足がかりによじ登るか。

Imgp0041

こちらは大岩の(右側)チョックストーン滝。小川谷廊下は息つく間もなくイベントが続くのだ。水流に負けるな。

Imgp0056

チョックストーンの先にも豪快な滝が続く。

5b38_1 

さらに進むと誰かが意図的に掛けたような丸太橋が!

Imgp0073

丸太の右側を渡る事が出来ますが。。。

989d

ここは果敢に丸太渡りに挑みました。少ないバランス力を駆使して、なんとか渡りきる事に成功しますた。タノスィー( ^ω^)

Imgp0092

ここの滝は残置スリングが2本掛かってるんだけれども、それでもムズイ。自分もトライしたけれど結局登れずに滝壺ドボンDown メンバー中一人が登り切る!ステキだ。

Imgp0097

先ほどの滝の高巻きは高度感抜なのだ。((((;゚Д゚)))ガクブルしながら進んでいくと巨大滑り台。小川谷はイベント満載だな~ホントに。一見登れそうだけどまったくフリクション効きません。残置ロープでなんとか登ります。途中で滑って大きく振られましたが、とりあえず落ちはしなかった。

Imgp0117

この日1日で色々な形状の滝を登りました。この沢は色々なバリエーションの滝登りがあって何度か来ても楽しめそう!でも沢にはまるにつれて、他の色々な沢にも登ってみたくなってきたしな~。

Imgp0161

廊下状の滝を進んでいきます。滑り降りたら楽しそう。

Imgp0163

だんだんと水も細くなってきたのかな。なんかこの岩の雰囲気が好きな感じ。

Imgp0174

さらに進むと左が壊れた堰堤が出現。とんねるをくぐって抜けていきます。

Imgp0178

ここを抜けると急に森が開けて明るくなります。その先にもうひとつ堰堤があり、そろそろゴール。

Imgp0186

堰堤手前で最後のイベント滝です。ここまでよじ登るも水流トラップに負けて、振り出しに戻されていました。ガンガレ!

Imgp0190

わかりにくかった下山道を駆け下りると、駐車した地点へと戻ってきます。お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋川天王岩

日時:2007/6/30(土)
天気:くもり

雨上がり直後の外岩。滑る岩に泣かされた記憶が蘇る。

Img_2345 

本日はにこちゃんご夫妻、Kazoooさん&Kuchakuchaさんご夫妻、そしてしんごさんとごいっしょさせていただき秋川天王岩にてクライミングです。岩岩な週末となりました。

最初ヒトリシズカ5.8に取り付いたけれども足下が滑って全く登れず。この日1日一本も登れないんじゃないかと思ったが、午後になって岩が乾きだして最トライしたら、辛くも登り切る事が出来ました。

次に登ったのがノーリー5.10b/c。こっちも乾いてきていて、なんとか進める。5.10なんて完登は無理なのだが、滑らないから楽しい。

この日はトップロープオンリーで行きました。最初の登りでへこんでしまい、数本しか登らなかった。登れないなりに、何度もトライして岩になれなくてはいけないと思う。へこんでいる場合ではない。この日いろいろクライミングの話をして勉強になったし、やっぱり登るのは楽しいなーと再認識。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »