« サワークルーザーを手に入れた | トップページ | 水無川 セドの沢右俣 »

2007年6月10日 (日)

沢デビュー 葛葉川本谷

本日は雨の中沢デビューとなりました。雷雨になってしまったので本来の行程の半分ほどで切り上げ先ほど帰宅。帰ってみたらいい天気になってるねぇ'`,、'`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、'`,、

話はさかのぼって昨日の某山道具店にてTiCAさんとバッタリ。以前のTiCAさんのところの記事で同じ山道具店を利用しているらしい、というのは知ってたんだけど、山ではなくて町中でバッタリがあった事にかなり驚きでした。サワヤカ青年風に見られた事がちょっと嬉しかったりw

そんなこんなで、葛葉川本谷のレポートです。初の沢で写真あまりとっている余裕無かったので雰囲気だけ。

日時:2007/6/10(日)
天気:雷雨

葛葉川とは葛葉の泉という湧き水が出ている広場からすぐにアプローチできる、初級な沢なのであります。丹沢表尾根の二ノ塔と三ノ塔に挟まれた谷間を流れる沢といえば想像できるだろうか。

R0011741

出発前の作戦会議。私とめぐさんが本日沢デビュー。

R0011742

遡行図という、どこら辺に何mの滝があるだとかを示した沢の概要図を見ながら沢を登っていきます。何mの滝とか言われても見た目だと結構分からなかったりする。

R0011744

水を浴びながらの岩登り。水に浸かるのを気にせずにジャブジャブ進んでいくのは、かなりの新感覚。フェルトソールによって濡れた岩場で滑る心配もそれほどしなくていいし。

R0011756

葛葉川本谷は沢のルートの途中に林道が走っていて、エスケープルートとして使える初級コース。初級と言っても登山道のようなクサリはないし、今回一カ所滝の巻き道として使った箇所も、巻き道でありながら難易度の高い場所だったりする。

危険ではあるけれども、道無き道を行くこの感覚はかなり新鮮であり、はまりそうな予感がします。沢登りが出来るようになるという事は、山歩きにかなりのバリエーションが出来る事に違いない。

|

« サワークルーザーを手に入れた | トップページ | 水無川 セドの沢右俣 »

沢登り」カテゴリの記事

関東の山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

おっ!沢デビューですね!
これはハマリそうな感じですね(笑)

私も3年ほどノメリこみました(笑)
道を自分で探りながら登っていく、
水と戯れる感覚はなんともいえない
楽しさですね!

また次の沢レポを楽しみにしています!
(私も行きたくなっちゃいました。。。)

投稿: げんさん | 2007年6月12日 (火) 01時29分

げんさんこんばんは。
水と戯れる感覚!ホントその通りで、いままでにない歩く楽しさみたいなのが感じられました。
沢登りは夏の低山でも暑さに関係なく登れるのがミソですね。
今回は暗い感じの沢だったのですが、げんさんが行っているような明るい景色の沢とかはさらに楽しそうです。
いつか行きたい赤木沢。

投稿: くま | 2007年6月13日 (水) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/6734847

この記事へのトラックバック一覧です: 沢デビュー 葛葉川本谷:

« サワークルーザーを手に入れた | トップページ | 水無川 セドの沢右俣 »