« 大地への想い 水越武写真展 | トップページ | 両神山 (日向大谷) »

2007年5月27日 (日)

富士山バックカントリー2 (まけいぬツアー)

天気良さそうということで富士山滑りに行ってきました。昨年の6月には河口湖口からの富士山滑りを実行したので、今回は富士宮口にしてみました。

日時:2007/5/27(日)
天気:はれ、風強し
記録:富士宮口(6:10) → 八合目(10:00) → 富士宮口(11:40) 

あっちこっちの滑り系ブログで、「20日の富士山は最高だった」とレポがあり悶々としてたので、今日の富士山にはかなーり期待してたんですよ。でもね、見えてきた富士山は

Img_1948

「雪少なくねΣ(゚д゚lll)」 唖然としました。御殿場IC下りてしばらく見えていた富士山は、まだ真っ白だったのに。。。南面なので雪が少ないのでしょうね。

Img_1951

誰もいないんじゃね?と駐車場に来てみるとなかなかの賑わいです。けっこうガイドツアーとか入っているのか大人数のパーティーがいます。まけいぬツアーは私ひとりw

Img_1957

山頂行く気満々だったんだけどな~、けど風強くて行く気しないなとか思いながら、ヘンな写真を撮りつつ歩く。

Img_1961

土曜日会社終わってから寝ずに富士山にやってきた(それだけ期待していたのですよ)というのもあって、8合目ついてからしばらく昼寝。そして風が強くて歩く気力もなくなったのでここで終了としました。

Img_1967

8合目から辿り着けなかった山頂を見上げる。スキー2セットを担いでいたパワフルなおっちゃんに「風強いですね」と話しかけると、これでもマシな方らしい。去年の無風は奇跡だったというのか。あぁ考えが甘かった。

Cimg4148

滑った斜面はこんな感じ。8合目からなので当然去年よりは短い距離なのだけれど、雨跡のせいか、なんかぼこぼこして滑りにくかった(実力不足だ)。山頂から滑るときは一、二回トラバースして五合目まで繋いでいく感じになる。

Img_1971

帰り際の富士山は山頂あたりから雲に包まれ始めていました。

富士宮口のメリットは近い(家から2時間30分)よくよく調べたら河口湖口とそう変わらない。有料道路を使わないで済む(富士スバルラインは往復¥2,000)。火口へのドロップポイントが近い(ここ重要!)

富士宮口からは夏に一度登っているから今回はあまり登りのテンション上がらなかったのかもしれない。河口湖口からはつまらん岩の道だったけどテンポ良く歩けたし。

山頂も制圧できなかったし、滑りもぱっとしなかったしなんとなく不完全燃焼でした。

|

« 大地への想い 水越武写真展 | トップページ | 両神山 (日向大谷) »

スノーボード」カテゴリの記事

関東の山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。

くまさんも不完全燃焼だったんですね。
私も今週は不完全燃焼でした。
私の行った山は、スベラーさんばかりでしたよ。
皆さん気持ち良さそうに滑ってました。

それにしてもくまさんレポが早いですね。

投稿: 三脚マン | 2007年5月27日 (日) 23時21分

三脚さんこんばんは。
富士の火口滑って真っ白に燃え尽きたかったところですが
山頂にすら行けませんでした。
この時期まだ滑っていると言えば駒ヶ岳千畳敷でしょ。あたり?
そちらも風強かったですか?
レポはなるべくその日のうちに書いておきたいのと
駄文しか書いてないので時間かからないのですよw
今回は富士山滑って帰宅が14:30でしたからねー。

投稿: くま | 2007年5月27日 (日) 23時47分

ハズレです。
白馬を大雪渓から登りましたが、事件勃発、気力続かず敗退してきました。(泣)
風強かったです。
詳細はレポにて。
今週中にUPします。

投稿: 三脚マン | 2007年5月28日 (月) 22時54分

くまさん、すごすぎ!!

小川山といい、GW縦走といい!!

八つの開山祭あるけど来る??

またどこかでバッタリしたいな!笑

投稿: 美都 | 2007年5月29日 (火) 02時32分

三脚さん、はずれでしたか。。。
やぱっり風強かったんですね。
私が去年のGW行ったときは穏やかで楽しかったんですけどね。富士山も去年は穏やかだったなぁ~。

投稿: くま | 2007年5月29日 (火) 19時32分

美都さんこんばんはー。
登る気なくて途中離脱でしたからね~あまりすごくないです。
開山祭は日曜でしたよね。ムリかな~。
6月中旬は横岳硫黄岳あたりの縦走を考えていますので、バッタリ準備しておいてくださいね。

投稿: くま | 2007年5月29日 (火) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/6568708

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山バックカントリー2 (まけいぬツアー):

« 大地への想い 水越武写真展 | トップページ | 両神山 (日向大谷) »