« どうするGW | トップページ | 明神ヶ岳 »

2007年4月30日 (月)

瑞牆山

GW二日目の晴天を狙って瑞牆山に行ってきました。ルートは一般的な瑞牆山荘側からの往復ルートではなく、「山オンナ+α」さまで紹介されていて、気になってたルートで登ってきました。

日時:2007/4/29(日)
天気:スーパー快晴
記録:芝生公園駐車場 → 不動滝 → 瑞牆山 → 富士見平小屋 → みずがき林道 → 芝生公園駐車場

Img_1220

夜中のうちに到着して仮眠を取る予定でいたけれども、私の適当な道案内のおかげで到着時には朝焼けの南アルプス、八ヶ岳が見えていました。こんな天気で寝過ごしたらもったいないと、到着後すぐに出発。5:00くらいに行動開始です。

Img_1226

駐車場前の車道を少し進むと右手にゲートがあって林道に入れます。

Img_1233

最初の道標。このそばにはクライミングの岩場があるようで、テント張って泊まっているクライマーの人もいました。不動滝に向かって進んできます。

Img_1246

このルート岩好きにはもってこいの道だと思います。ビルのような大きさの巨岩が登山道脇にごろごろしています。見つけるたびにボルダリングの真似事して遊んでいました。

Img_1253

28日に降った雨は山では雪だったようです。橋の上の雪が滑るのでびくつきながら進んできます。

Img_1272

沢を渡ったり楽しげな道が多いです。さらに富士見平からの合流地点まで、ひとっこひとり出会うことのないほどのひっそりとしたルート。こっちのルートにして本当に良かった。

Img_1296

7:00を過ぎて日が昇ってくると朝日が差し込んできます。岩の上から木が生えて来ちゃってるし。

Img_1299

木に積もった新雪が朝日に照らされてキラキラしてます。まわりの雰囲気もいいしこの日の山登りは素敵すぎました。

Img_1330

つらら発見。昨日はよっぽど寒かったのかな。

Img_1334

道草食いながら進んでいるのでだいぶスロー。8:00過ぎにやっと山頂らしきものを補足。

Img_1346

富士見平との合流地点から少し進むと山頂に到着です。日本アルプス大集合のパノラマです。

Img_1341

金峰山&富士山。まだ金峰山は雪いっぱいありそうかな。

Stb_1348

南アルプス&大ヤスリ岩。写真は白っぽくなっちゃったけど、この日は周りの山はっきりくっきり見えてまして感動的なパノラマ。

Img_1354

この岩は名前ついてるのかな?背後にはみんな大好き八ヶ岳&北アルプス。今日登っている人は最高だろうな。昨日から3000m級山頂にいた人はパウダーゲットか、はたまた雪崩の恐怖か?

Img_1365

山頂でカメラの電池切れ。予備電池持ってきてるのに、そっちも充電してないし (´・ω・`)

ってことで、富士見平小屋に向けての下山の様子は写真なしです。こちら側は下山の人と、登ってくる人が入り交じっていて大にぎわい。登りの登山道が素敵すぎてあまり印象が良くなかったです。富士見平を過ぎてからの芝生公園駐車場までの道は、再び静かな道へと戻ります。まだまだマイナールートなんだなという印象。だいぶゆっくり歩いていましたが、お昼には下山しました。

金峰山に登ったときに見下ろした瑞牆山はなんか岩の塊?程度の印象でしたが、いざ登ってみると奇岩の迫力が凄い印象的な山でした。登山道の良さや、新雪のシチュエーション、山頂での大快晴など相まって大好きな山の一つとなりました。

Img_1320

静寂に包まれた雪化粧の森。最高です。

|

« どうするGW | トップページ | 明神ヶ岳 »

登山」カテゴリの記事

関東の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/6261487

この記事へのトラックバック一覧です: 瑞牆山:

« どうするGW | トップページ | 明神ヶ岳 »