« シュプールを刻め | トップページ | お花見 »

2007年3月24日 (土)

芳ヶ平ツアーコース

日時:2007/3/21(水)
天気:はれ

草津国際スキー場から白根山の湯釜、そして芳ヶ平ヒュッテを経由して再びスキー場に戻るツアーコース。古くからあるツアールートなのかな?スキー向きのコースですねぇ。

ツアーコースのスタート地点まではリフト1回券×2枚(¥700)とロープウェー片道(¥900)で辿り着けます。本白根山に向かうにはリフト券がもう一枚必要。今回は雪が少なくて植生保護のため立ち入り禁止(無念)。

Img_0663

ツアーコース前半はだだっ広い雪原が多し。

Img_0689_

草津白根山といえばこの湯釜でしょう。硫黄の香りがプンプンしてます。

Img_0702

雪が少なくてスキー歩行が出来ません・゚・(つД`)・゚・

Img_0717

しばらく歩くと白根山最高地点に到着です。

Img_0750

山頂からの眺めを堪能した後は渋峠方面を見学しにいきます。

Img_0754_1

渋峠を挟んで向かい側に横手山スキー場がそびえています。スキーオンリーなので滑ることは無さそう。

Img_0768

偵察の結果おとなしく登ってきた道を滑り降りて、芳ヶ平ヒュッテを目指すことにしました。

Img_0819

3本ほど気持ちよく滑った後は湯釜を巻くように移動して、ヒュッテに向かいます。

Img_0821

いつの間にかお昼時なのでお昼ご飯です。向こうに見えるのは日光白根山とかそのあたり。

Img_0831

ヒュッテが目視できる辺りまでトラバースしていきます。

Img_0838

途中横切った斜面はシュカブラ発達中。

Img_0848

途中で板はずして岩岩エリアを抜け、キャタピラ跡が残るハイウェイを滑り抜けると、芳ヶ平ヒュッテが見えてきます。

Img_0859

この日は「日産スカイライン命名の地」を記念するプレート設置のため、初代開発者の桜井さん(有名な人なんですかねぇ?)が来ているとのことで、ヒュッテは使用できませんでした。その関係でヘリが何度も往復してましたよ。ここら辺参照

2ae5

3人の後ろにある稜線を見て日産スカイラインが命名されたそうです(写真しんごさんから頂きました)

42da

ヒュッテから先はほぼ滑り通しで行けました(8割くらいか?)。この写真も頂き物。

Cimg3837

長い林道滑りがまっていました。林道の後半は石ころヒットに、トドメのアスファルトスライドをかましてしまったので、板がぼろぼろ(´・ω・`) 。

1f27

最後のアスファルトにボード履いたままつっこみ板に彫り物をがっつり。うなだれるオイラです。

Img_0868

しかしながら晴天の下で静かな山を楽しめたので満足でした。

そろそろ滑りも終わりなのか?GWまであと5山は滑りたい気分です。

|

« シュプールを刻め | トップページ | お花見 »

スノーボード」カテゴリの記事

関東の山」カテゴリの記事

コメント

いい天気ですね~。
私は21日寝坊して、家でマッタリしてました。(泣)

GWまで5山って、毎週じゃん?

投稿: 三脚マン | 2007年3月24日 (土) 20時47分

三脚さん寝坊多いですよね~?
私も人のこと言えませんけど(;´Д`)
毎週はきついので1週間に2山目標です(もっときついか?)

投稿: くま | 2007年3月24日 (土) 23時24分

寝坊してよかった・・・(笑)。
21日早起きしたら、また木曽駒へ行ってました。
なんと、ロープウェイの運休20日までだったのに、
いつの間にか、4/9まで延びてる。
アブナーイ。
自分のブログで書けない。恥ずかしすぎて。

投稿: 三脚マン | 2007年3月25日 (日) 03時41分

まだ木曽駒狙ってたんですね。また運休とは、そいつは寝坊してラッキーでした。
木曽駒うちから遠くてなかなか足が向かいません。この冬は滑りメインだったしGW過ぎたら山登り再開です。

投稿: くま | 2007年3月25日 (日) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/5795924

この記事へのトラックバック一覧です: 芳ヶ平ツアーコース:

« シュプールを刻め | トップページ | お花見 »