« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

お花見

Img_0911

はやくも桜咲く季節になってしまいましたね。

お花見で近くの公園をぶらついた後、石井スポーツの春セールを見にでかけました。しかしたいしたものは見つからず、新しいカタログたくさんもらって帰宅。カタログ眺めてると欲しいものいっぱいで困る。

この冬は雪山オンリーだったので、そろそろ土の感触を確かめたいところだけれど、まだまだ滑りたりない。少なくともGWまでは滑り続ける予定です。

そういえばクライミング最後に行ったのいつだ?年が変わってから行ってない気がする。ヤバス。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

芳ヶ平ツアーコース

日時:2007/3/21(水)
天気:はれ

草津国際スキー場から白根山の湯釜、そして芳ヶ平ヒュッテを経由して再びスキー場に戻るツアーコース。古くからあるツアールートなのかな?スキー向きのコースですねぇ。

ツアーコースのスタート地点まではリフト1回券×2枚(¥700)とロープウェー片道(¥900)で辿り着けます。本白根山に向かうにはリフト券がもう一枚必要。今回は雪が少なくて植生保護のため立ち入り禁止(無念)。

Img_0663

ツアーコース前半はだだっ広い雪原が多し。

Img_0689_

草津白根山といえばこの湯釜でしょう。硫黄の香りがプンプンしてます。

Img_0702

雪が少なくてスキー歩行が出来ません・゚・(つД`)・゚・

Img_0717

しばらく歩くと白根山最高地点に到着です。

Img_0750

山頂からの眺めを堪能した後は渋峠方面を見学しにいきます。

Img_0754_1

渋峠を挟んで向かい側に横手山スキー場がそびえています。スキーオンリーなので滑ることは無さそう。

Img_0768

偵察の結果おとなしく登ってきた道を滑り降りて、芳ヶ平ヒュッテを目指すことにしました。

Img_0819

3本ほど気持ちよく滑った後は湯釜を巻くように移動して、ヒュッテに向かいます。

Img_0821

いつの間にかお昼時なのでお昼ご飯です。向こうに見えるのは日光白根山とかそのあたり。

Img_0831

ヒュッテが目視できる辺りまでトラバースしていきます。

Img_0838

途中横切った斜面はシュカブラ発達中。

Img_0848

途中で板はずして岩岩エリアを抜け、キャタピラ跡が残るハイウェイを滑り抜けると、芳ヶ平ヒュッテが見えてきます。

Img_0859

この日は「日産スカイライン命名の地」を記念するプレート設置のため、初代開発者の桜井さん(有名な人なんですかねぇ?)が来ているとのことで、ヒュッテは使用できませんでした。その関係でヘリが何度も往復してましたよ。ここら辺参照

2ae5

3人の後ろにある稜線を見て日産スカイラインが命名されたそうです(写真しんごさんから頂きました)

42da

ヒュッテから先はほぼ滑り通しで行けました(8割くらいか?)。この写真も頂き物。

Cimg3837

長い林道滑りがまっていました。林道の後半は石ころヒットに、トドメのアスファルトスライドをかましてしまったので、板がぼろぼろ(´・ω・`) 。

1f27

最後のアスファルトにボード履いたままつっこみ板に彫り物をがっつり。うなだれるオイラです。

Img_0868

しかしながら晴天の下で静かな山を楽しめたので満足でした。

そろそろ滑りも終わりなのか?GWまであと5山は滑りたい気分です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

シュプールを刻め

えーと、レポ書いてる暇無かったので、滑りの写真を並べてみました。



ふかさん

Img_0771_1 

Img_0776



しんごさん

Img_0781_

Img_0790

Img_0792



3人のシュプールが刻まれました。

Img_0797

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

やっぱりマイナー

Img_0715 

本日もこちらのお二人とバックカントリー?に行ってきました。

山自体はメジャーな山でしたが滑りに来る人は皆無でした。やっぱりマイナーがお好きなようでw 静かな山を堪能できました。

Img_0745

空がどんよりした感じでしたが、妙高方面がよく見えていました、2月に滑った火打ちも。

Img_0700

詳細はのちほど

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

富良野トリップ4日目 狩振岳

日時:2007/3/4(日)
天気:くもり

昨日に引き続きノマドツアーです。

Cimg3613

昨晩はどんころ野外学校のコテージに宿泊しました。風呂は五右衛門風呂で、石釜効果なのかかなり暖まります。

Img_0619

夕食はガイドの宮下さんが振舞ってくれたスープカレー。いろんな山話が聞けて面白かったです、たまにはガイドツアーもいいかもしれない。

Cimg3614

狩振岳に登り始めるため準備をしているところに、トマムキャットツアーのスタッフが登場。なにやら雲行きが怪しく追い出されそうな雰囲気。

しかしそのときのキャットツアーのお客さんがガイド宮下さんの知り合いだったため、円満解決!ラッキー。

Cimg3617

はじめは林道を歩きます。

Cimg3628

2時間ほどのハイクの後に1本目の滑り出し。かなり期待できそうな雪。

Cimg3632

かなーり楽しめた一本でした。今回の富良野ツアーはガリガリ君があちこちに発生していて、けっこう(´・ω・`)としてたけど、この狩振岳で何とか挽回。絶好調のコンディションだったら、絶叫パウダーなんだろうな。

Cimg3642

本日は山頂を踏むことなく2本目を滑ってスタート地点まで戻ります。

Cimg3654_1

帰りもほぼボードをはずすことなく車を止めたところまで帰還できました。狩振岳、かなりのポテンシャルを秘めた山と見ました。

ちなみにこの山をトマムのキャットツアーで滑ると\25,000、ヘリツアーに至っては\70,000!!ブルジョアな遊びですね。詳しくはこちら

滑り終わってまだ14:00前、宿泊先の白銀荘に向かいます。到着後白銀荘の広々とした温泉につかり、豚さがりを食べるために上富良野に向かいました。去年豚さがりを食べた店の"まるます"が定休日だったため、"増屋"に行きました。こっちの豚さがりもうまかった~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

富良野トリップ3日目 タケノコ山

日時:2007/3/3(土)
天気:くもり

3日目はノマドさんのガイドでタケノコ山です。

Cimg3563

国設南ふらのスキー場のトップからスタートです。リフト2本を乗り継いでそこから歩きのお手軽ツアー。しっかしこのスキー場は土曜日だというのにコースがガラガラで経営大丈夫なのか?と心配してしまう。ピステンがキレイにかかっていたので一本滑ってみたけれどなかなか楽しめるスキー場だと思われます。

Cimg3570

登りも1時間かそこらなのでかなーりらくちん。雪はざくさくでした。

Cimg3578

滑った斜面になります。通常のこのエリアだったらどこ滑ってもゴキゲンなパウダーなんだろうけど、今回はぎりぎり楽しいかな~?って感じの雪でした。

Cimg3604

帰りはヤブヤブの中を滑り降りていく箇所がかなりありました。ボードをはずして歩く回数も多かったです。滑った感がちょっと薄かったかな~残念な感じ。

余談だけど、今北海道滑りに行っている友達は2月でもそうそう無いくらいのパウダーを滑りまくっているらしく、5連休で滑りに行って悲惨な状況だった俺らはどうなのよヽ(`Д´)ノって感じで、もう一度海を渡りにいってしまいそうなそんな気分。まぁ無理なんだけどね。。。来シーズンは月一北海道だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富良野トリップ2日目 ナナツザワ

日時:2007/3/2(金)
天気:快晴

2日目はhat!さんのガイドツアーです。

Cimg3497

場所はhat!シークレットのナナツザワです。アプローチはなんとモービルに乗っていきます。ブルジョワな感じ。

Img_0567

ヤブが濃くなってきてモービルが進まなくなるところから歩き始めます。

Cimg3506

私以外は全員スキー。でもペースがゆっくりなのでらくちん。

Img_0602__1

山頂からは十勝、大雪方面がよーく見えていました。

Cimg3529_1 

かろうじて残っているグッドコンディションの斜面を2本滑りました。最高とまではいかなかったけれど、気分を盛り上げるためにとりあえず吠えながら滑ります。

Img_0561

初日、2日目と宿泊したhat!の拠点宿、「おち庵」。リーズナブルな値段とマスターの人柄がいい感じの宿です。

Img_0614

宿に住み着くぬこ。名前はルアー。人なつっこいやつ。

2日目の温泉はくったり温泉。料金は\400とお安くなっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

富良野トリップ1日目 旭岳ロープウェー

日時:2007/3/1(木)
天気:スーパー快晴

Cimg3495

初日は富良野ツアーといえばお馴染みの旭岳ロープウェー。旭川空港に降り立ったらまずはココに向かいます。

Img_0529_1

旭岳も完璧な姿で見えます。こんな天気がいいなら登っても良かったかも。滑ればガリガリ君で吹っ飛ばされてたかもしれないけど。

Cimg3464

このスキー場は何本かの正規コースがあって、そこ以外は完全にスキー場管轄外の区域になります。この日はほぼ全面シュカブラくんのガチンコ斜面でした。

Cimg3490

中間部から下は緩斜面がだらだらと続きます。雪煙を上げて滑るじゅんさん。

あまりいいコンディションでないながらも、明日以降に向けてのウォーミングアップのためロープウェー5,6本を滑り午後3時には帰り支度です。

滑りのあとに入った温泉は旭岳温泉 湯元 湧駒荘。日帰り入浴の料金がなんと\1,200ナリ。ブルジョア価格に迷うも、仕方がなくここに入ることにしました。

Img_0550

夕日を眺めながら今日の宿泊地がある南富良野に向かう。ちょーねむくて窓全開、外に向かってほえながら車をはしらせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

日白山BC

日時:2007/3/10(土)
天気:はれのちくもり
記録:田代スキー場の前あたりからスタート

パノラマカレンダー当選を機会に連絡をやりとりして、ふかさんしんごさんとバックカントリーを御一緒することになりました。

Cimg3673

朝起きたらかなり冷え込んでいました。油断してた。そしてこの晴天、放射冷却で冷え込んでいたのですね。

Cimg3686

スタートからしばらく林道をだらだらと進みます。

Cimg3697_1

急な斜面になると、アイスバーンに近いガリガリ君の上に新雪が乗っかっており、シールが効き難いようです。

Cimg3700_1

しばらくするとまた緩やかになり、快適に進んでいきます。

Cimg3706

なかなか美味しそうな斜面でございます。

Cimg3718

稜線近くの急登はシールが効かなくなり、二人はツボ足で登っていきます。

Cimg3736

稜線に出ると谷川~平標の稜線がよく見えます。しかし天気はどんより。

Cimg3737

すぐ山頂に向かいます。右は雪庇が張り出しています。

Cimg3752

ちょこっと歩くと越後駒が見えてきました。

Cimg3771

山頂は360°視界が開けています。

Cimg3777

下から見たとんがり具合で想像していたよりも、広々した山頂です。三人で思い思いに写真を撮っていました。

Cimg3808

ふかさん新雪を蹴散らして滑ります。山頂からここまでの、稜線の滑りが思ったよりも楽しかった。

_1__2

上部は意外と新雪が降り積もっていて楽しめました。しかし全体的にはヤブヤブで間を縫って滑りました。

Cimg3813

林道は若干の登りがありますが、ボードでもほぼ滑って登山口まで戻れます。

Cimg3814

朝と違ってだいぶ雪が緩んで、板がストップする雪になっていました。

田代スキー場のロープウェーから正面に見える山が、まさか滑れるような山だとは思っても見なかった。雪が例年通りならば細かいヤブも消えて、快適に滑られる斜面になるでしょう。

Cimg3774

ふかさん、しんごさん日白山おもしろかったです、またマイナーな山を攻めに行きましょう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

マイナー路線を突き進む

マイナーな山でのバックカントリーを追求しているお二人と、マイナーな山に突撃してきました。山頂に誰もいないのはスバラシイ。

Cimg3779

日白山の山頂にてくるくるパノラマを撮るあの人です。

詳細は後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

富良野エリアBCツアー

3月1日~5日まで富良野周辺の山で遊びたおしてきました。

Img_0529

まずはダイジェストで。

1日目:旭岳ロープウェーにて足慣らし

ここ数日雪が降ってないのか、風の影響かガリガリ君。盤の沢方面にて若干のノートラックバーンをゲット。

2日目:南富良野初潜入

バックカントリーツアーガイド“hat!”の案内で七つ沢を滑りました。スノーモービルにも乗れたし満足でっす。

3日目:引き続き南富良野

今度はノマドツアーの案内でタケノコ山。アプローチの雪の感じであきらめムードだったけれども、奥の方にはまだ深雪が残っていました。帰りは藪こぎツアー。

4日目:まだまだ南富良野

ノマドツアー2日目。当初の予定だったカチカチ山を中止にして、狩振岳に向かいました。いくつかの偶然が重なり、すばらしい山を滑ることが出来ました。最高。

最終日:白銀荘に移動

フィナーレを飾るのは富良野岳です。あいにくの暴風で樹林帯の中だけを滑りましたが、軽めの富良野パウダーを滑ることが出来ました。かなり時間が余ったので、旭山動物園にも足を伸ばしました。ちょうどペンギンの行進を見ることが出来てラッキー。

Cimg3668

一瞬だけガスがとれて前十勝が姿を現しました。こんな快晴の中を滑りたかった~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

最後はこの山

最後はこの山

大荒れの富良野岳を滑った後は、ペンギン見てきました。クマーもいましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

二日目終了

二日目終了

初のガイドツアー。いい場所を案内してもらえました。まったりした行程でラクチン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

いまココ

いまココ

スーパー快晴です。富良野ツアースタートです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »