« 冬季八ヶ岳縦走 天望荘編 | トップページ | やさしい光 »

2007年1月16日 (火)

冬季八ヶ岳縦走 登頂編

ピッケル、アイゼンを使う登頂は今回が初。天望荘の魅力に突き動かされて行って参りました。今まで経験してきた山ボードのための雪山登山との違いはどの程度のものか。

日時:2007/1/13(土)
天気:はれ
記録:八ヶ岳山荘 → 南沢 → 地蔵尾根 → 赤岳天望荘

R0011581

10:30 バスから降り立ち、八ヶ岳山荘で軽く準備をして出発。アイスクライマー風の女性二人組は私より重そうな荷物を抱え、同じペースで歩いていきました。

R0011595

11:20 美濃戸山荘を通過。おいしそうな雪のオブジェがモコモコとしています。

R0011631

朝は南アルプスが車窓からずっと見えていたし、登山口に付いてからも赤岳ばっちり見えていたのですが、雲行きがだんだんと怪しくなってきました。

R0011643

13:30 行者小屋に到着。いいかげんお腹が空いてきたのであんパンを食べ、アイゼン、ピッケルを装備して出発します。

R0011670

地蔵尾根はなかなかの急登。階段の箇所はほとんど埋まっていたので、歩きやすくなっていました。

R0011675

稜線に近づくといいタイミングで視界が開けてきました。

R0011679

目標とする天望荘を補足しますた。

R0011680

お地蔵さん寒そう。ここまででちょっと危なそうなのは一カ所、ナイフリッジ状のところがあります。短いけど気をつけて。

R0011683

このエビを見ればここの寒さが伺えます。

R0011686

15:20 天望荘に到着。入り口をうろちょろと探す、夏の様子を思い出しもうちょっと先に進んだところが入り口だったなと先に進む。小屋の様子はこの通り。飲み放題のコーヒーを飲みつつ、まったりと小屋でくつろぐ。

夏の赤岳のときには同じ時刻で出発して、今回の天望荘到着時刻には既に行者小屋まで帰っていました(テント設営も含めて)。でも冬山時には汗をかくのは禁物だし、今回くらいのペースがちょうど良さそうです。

写真家の人たちが日の入り近くになるとざわめき出しました。小屋を一歩外に出れば、阿弥陀岳のショータイム。

Img_0255

自然がくれた最高の演出。

|

« 冬季八ヶ岳縦走 天望荘編 | トップページ | やさしい光 »

八ヶ岳」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

これ、すごすぎです!
冬山のよさと寒気が痛いほど伝わってきます。

う、う、う、・・・
また冬山禁断症状が・・・笑

投稿: げんさん | 2007年1月16日 (火) 08時19分

げんさん、こんにちは。
鳳凰の雪辱を果たしに行っちゃいましょうよ。私もラッセル隊に参加しちゃいますよ。日当はげんさん特製の山ごはんと、プレミアムモルツで、あと山崎ビンテージモルトも。。。(笑

投稿: くま | 2007年1月16日 (火) 12時37分

こんにちはー
おぉぉぉ~ 素晴らしい阿弥陀の写真だぁ。
そっかー 私の時は日の沈む時ちょっと曇ってたからなぁ(泣
くまさんの写真いいですねー ドラマチックですよ。
やっぱり登山にはスッキリ晴れた青空がグーですが
写真には雲やガス達がいてくれて絵になりますよね。

山ボードの為の登山って、ムチャンコ気持ちよさげですが
重いでしょうね、だって登山の荷物プラスですもんね。

これからも一杯素敵な山を紹介してくださいねー
よろぴく!

投稿: ロビン@お仕事 | 2007年1月16日 (火) 12時47分

昨日、今日と忙しくせっせと「額に汗」して頑張ってます。p(^o^)q
写真、すごく綺麗ですね。こんな写真を見たらみんな山へ行きたくなるのが解りますね。
コメントも何か引きつけられるものを感じます。
文才もありますね。(^ー^)次のupは「縦走」ですか?縦走中も写真撮ってましたもんね。どんな写真がupされるか楽しみです。
2月以降の登山予定が形になってきたので予定を今夜中にメールします。
また一緒に楽しみましょう。そして語らって飲み明かしましょう。(*^o^*)

投稿: かず | 2007年1月16日 (火) 16時14分

すっごい!!
レポ最高!!!

そして写真有難うございました。

早速upしました。

又、くまさんのブログも紹介させて頂きました。
勝手にすいません~!

週末は赤岳鉱泉でアイスです♪

又こちらのいらしゃる時は連絡下さいね。

来週は上高地入ります~♪

ブログ更新楽しみにしてます。

投稿: 美都 | 2007年1月16日 (火) 19時18分

こんばんは、三脚マンです。
展望荘では、楽しいお話ありがとうございました。
美都さんのブログから飛んでくることができました。
硫黄岳まで縦走されたのですね。
わたしはあの後展望荘にもどり、ご主人様にコーヒーor入浴券を頂き、赤岳に登って来ました。
美濃戸口等で会えるのを期待してましたがダメでした。
これからは、ブログ見てコメントしますね。
今度は、わたしも3人の仲間に入れてください。

投稿: 三脚マン | 2007年1月16日 (火) 21時55分

>ロビンさん
小屋に着いたときからずっとガスだったから、日没の景色は見られないかと思っていました。自然任せのドラマッチックな写真ですよー。
雲が暴れてくれている方が、写真としてはカッコイイですよね。歩いているときにガスや風が大暴れじゃ困っちゃいますけどね。
山ボードとっても爽快です。その山で一番速い速度の生物になれる感覚、最高です。荷物は日帰りメインだからテント泊よりもぜんぜん楽です、風にあおられたりしますけど。。。
ロビンさんの天望荘レポートのおかげで、素敵な小屋に泊まれたし山中間も増えたし、感謝してマース。

投稿: くま | 2007年1月16日 (火) 23時50分

>かずさん
ぜんぜん私文章書くの苦手で、写真ぺたぺた貼り付けているだけですよ。
メール見ました明日スケジュール確認してから返事しますね。都合がつけば一緒にお願いします。阿弥陀登りたいです。
アルパインの技術とか色々知りたいことがあるので、教えてくださいね。よろしくお願いします。

投稿: くま | 2007年1月16日 (火) 23時56分

>美都さん
写真使っていただけたんですね、ありがとうございます。おまけにブログの紹介までしてもらって嬉しいです。
アイスいいですね、あれって赤岳鉱泉で用具のレンタルとかしてるんですよね?興味有ります。トップロープだったらそんな恐怖感無く登れるのかな。気をつけて遊んでください。
近くに行ったときには連絡しますね~、よろしくお願いします。

投稿: くま | 2007年1月17日 (水) 00時00分

>三脚マンさん
いえいえこちらこそ、いろいろとお話しできて楽しい時間を過ごせました。
いい機会だったので横岳硫黄岳と縦走してしまいました。赤岳鉱泉に着いてからも結構ゆっくりしてたし、美濃戸山荘あたりでは日も暮れかけていましたからね。
今度いっしょに山行きましょうね、私も一眼レフカメラ持って山撮りたいです。写真も色々教えてください、これからもよろしくお願いします。

投稿: くま | 2007年1月17日 (水) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/4946774

この記事へのトラックバック一覧です: 冬季八ヶ岳縦走 登頂編:

« 冬季八ヶ岳縦走 天望荘編 | トップページ | やさしい光 »