« 立山トリップ 3日目 | トップページ | ゲレンデ状況(1) »

2006年12月 2日 (土)

立山トリップ 最終日

今日で終了、あいにくの天気。あっという間の立山初滑りでした。

日時:2006/11/26(日)
天気:くもり
記録:一ノ越~御山谷

Cimg3151

雷鳥荘の営業は本日で最終日。4日間お世話になった宿を後にします。

Cimg3156

室堂ターミナルまで人々の列が続く。こんな天気だから降りてしまう人も結構いるのかな?私たちは滑る斜面を求めて一ノ越しに向かいました。

Cimg3157

アイゼンを履きザクザクと進む。一ノ越直前ではかなり強い風。1時間ちょっとで一ノ越の小屋に到着。小屋前の壁に隠れて休憩です。

R0011444

御山谷を滑るべく浄土山方面に向かって歩き出す。稜線はガッスガス。

Cimg3159

滑るタイミングを窺っていると若干視界が出てきました。しかし斜面の凹凸が確認しづらいため誰も滑りだそうとしない。譲り合いですね。

Cimg3160

とりあえず1段滑ってみました。うん、きれいな斜面で楽しい。さらにもう一段滑り降ります。やっばい凄い楽し~。

パウダーである事は重要な要素の一つだけど、でっかい山で滑っているだけで楽しくなってしまいます。

R0011455

楽しいひとときの後は登り返し。

R0011463

こんな景色もありでしょう。

R0011482

室堂ターミナルに向けてもう一滑り。ここで富山方面から来たメンバーとお別れ。雄山まで登ってから山崎カールを滑るようです。

R0011475

私たちはここからしばらく山崎カール側にトラバースして、ドロップイン。のつもりだったのだけど、スノーボードでトラバース苦手な私はいきなり滑落。

やばい!このまま下まで落ちるのか?頭が下向いてしまったぞ。どうする?しかし肘で斜面に支点を作ってやるとなんとか止める事が出来た。

トラバースをもっとうまい事出来るようにならないと、スキーのメンバーと一緒に行動するのが難しい。今シーズンの課題だな。

Cimg3165

シーズン初めの祭りも終わり。春にまた来たいな。

|

« 立山トリップ 3日目 | トップページ | ゲレンデ状況(1) »

スノーボード」カテゴリの記事

北アルプス」カテゴリの記事

コメント

くまさん、こんばんわ~
このとき、立山行ってた人多いみたいですね~。
って、毎年そうなのかな?
しかし、剱の展望は言葉もでないくらいすばらしい・・・。
この景色を見るのに、この時期もしくはGWだったら、スノーシューだけでもトライできますか?やっぱり、ピッケル&アイゼンは必須なんですかね~・

投稿: まゆ太 | 2006年12月 6日 (水) 23時27分

まゆ太さん、こんばんは。
スノーシュー買っちまった音頭やりましたね!いいないいな~。

日本中でこの時期これだけ雪が積もっていて、しかもロープウェーでお手軽に入山できる山、おまけに豪華な山小屋つきといったらここ立山しかないので、必然的に同じような趣味の人々が集まってしまうんですよね。

剣御前小屋前まではスノーシュー&ストックでも大丈夫です(山なので絶対とは言い切れませんが)。そこから先の稜線伝いを歩こうとすると、風で叩かれてカリカリの可能性もあるのでアイゼン、ピッケルが必要そうです。

新雪、幅の広い斜面・・・スノーシュー
アイスバーン、稜線、トラバースが多い斜面・・・アイゼン
みたいに使い分けると楽に歩ける気がします。

投稿: くま | 2006年12月 7日 (木) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/4393068

この記事へのトラックバック一覧です: 立山トリップ 最終日:

« 立山トリップ 3日目 | トップページ | ゲレンデ状況(1) »