« ゲレンデ状況(1) | トップページ | ゲレンデ状況(2) »

2006年12月10日 (日)

湯河原幕岩のメモ1

日時:2006/12/10(日)
天気:はれ

今年最後の外岩。前回の小川山のような寒さは無く、冬場にクライミングをするにはもってこいの場所のようです。都心からも近く初心者向けルートもたくさん有ることから、大人気エリアとなっているようです。今月のROCK&SNOWでも特集が組まれていましたね。

ホントでしたら土曜日から幕岩に入る予定でしたが、あいにくの雨のため土曜日はストーンマジックに集合して、ジムでのクライミング。5.8ならばリードでも割と余裕で登れるようになってきた気がする。5.9でかぶった壁になるとだいぶキツイ。

室内でアイスクライミングの練習が出来たり、外岩を模したルートがあったいりと、いろんなバリエーションの壁があっておもしろいジムです。

日曜も朝からどんよりした天気で、晴れてくるまで待機していました。青空も出てきたので幕岩に移動。

R0011486

駐車場からの幕岩全景。ここからすでに壁を登っている人が見えます。どこの壁に行っても先客でいっぱい、やはり人気エリアのようです。常連風の人に話を聞くとこれでも人が少ない方だとのこと。

R0011495

アリババの岩場がかろうじて空いていました。本日はお昼頃から開始したということ事もあり、この壁の2ルートのみで終了。今日は雨上がり間もないので、岩が所々滑る!横一列みんなして滑る滑ると叫んでいる、ちょっとおもしろい。

アリババの左手、ルート図に乗ってないところ 5.10?と、ニューアライ 5.10aの2本をトップロープにて登りました。5.10台になるとお話になりません。ニューアライ のほうは何度もテンションをしてもらいながら、瀕死の状態で終了点まで到着。来シーズンには5.10台を登れるようになりたいところです。冬の間も特訓だ。

余談ですが本日仲間のひとりが骨折をしまして、そのとき活躍したアイテムが患部の固定器具(ハイテク副木とでも呼ぶのか?)です。これのおかげで骨折しながらも自力下山。山ノボラーの皆様も1パーティーに1つぐらい持っておいてはいかがでしょうか。

Sam サムスプリント

|

« ゲレンデ状況(1) | トップページ | ゲレンデ状況(2) »

フリークライミング」カテゴリの記事

幕岩」カテゴリの記事

コメント

5.いくつ、って何のことかちょっとだけわかるように・・・(でも、どのくらい難しいのかは・・・汗)
ホンモノの岩は怖いなぁ・・。
ハイテク副木ですか。パーティーで登るなら、1つもっていてもいい品ですね。

投稿: まゆ太 | 2006年12月14日 (木) 21時53分

困ったときのWikipediaによると5.10台までは初級レベルだそうです。あの難しさでまだ初級とは。。。11クライマーへの道は遠いです。
外岩は確かに怖いです。でも苦労して登って岩のてっぺんに辿り着いたときの満足感は、山登りと一緒です。いずれ、外の岩にも登りたい!ってなるかもしれませんよ。
救急道具は色々考えて持っていかないと行けませんよね。山登るからには自己責任で、自力下山が基本だからヘリのお世話にはならないようにしないと。

投稿: くま | 2006年12月14日 (木) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/4498598

この記事へのトラックバック一覧です: 湯河原幕岩のメモ1:

« ゲレンデ状況(1) | トップページ | ゲレンデ状況(2) »