« 今シーズンの・・・ | トップページ | 新穂高~西穂山荘~上高地 »

2006年10月 9日 (月)

天狗原~南岳

当初の予定では槍沢の紅葉を見つつ南岳に登り、大キレットを越えた後涸沢の紅葉見物という、まったり登山だったのですが、冬型の気圧配置によりもたらされた雪のため、予定大幅変更となってしまいました。

日時:2006/10/7(土)~8(日)
天気:雪
記録:上高地 → 槍沢 → 天狗原 → 南岳 → 南岳新道 → 新穂高温泉

R0011012

上高地到着。空がどんよりです、天気予報では雨は朝のうちだけだったんだけど。

R0011015

本日は50人パーティーw。横尾まで人ぎっしりでした。

R0011017

明神でも休憩中の人がいっぱい。スルーですよ。

R0011019

ここ横尾でほとんどの人が涸沢に向かっていく。槍ヶ岳方面に向かう人はほとんどなし。

R0011021

槍沢ロッヂまでテクテク歩く。小雨ぱらつく。

R0011036

槍沢ロッヂを過ぎたあたりから紅葉がだんだんと目立ってきます。

R0011037

雨で霞んでいますが、肉眼ではかなりきれいな紅葉でした。槍沢~天狗原の紅葉いいですよ。もっといろいろ写真撮りたかったんですが、レンズに水滴着いちゃって思うように撮れず。

R0011042

天狗原分岐でさらに人が少なくなる。ここまで来るほとんどの人が槍ヶ岳に向かっているようです。

R0011044

ちょっと分かりづらかった河原を越えていくと、やがて天狗池に到着。当然こんな天気なので何も水面に写らず。ここらへんからみぞれ混じりの雨に変わっていきます。

R0011049_1

天気予報は明日晴れだったよな~とか思いながら、雪へと変わりつつある雨を気にしつつも進みます。こんな天気なのに手袋を持っておらず、凍り付いた岩をつかみながら進んでいきます。

横尾尾根から小屋までは常に強烈な吹雪に叩きつけられる事に・・・這いつくばりながら風に飛ばされないように、小屋までなんとか到着しました。

この吹雪の中でテントを設営する気力もなく、小屋泊まりとする事にしました。小屋では先々週剱岳でしばらく一緒に歩いていたおっちゃんと遭遇。行動パターンが似ているな。

R0011052

一夜明けて天気は相変わらずの吹雪き。

R0011055

紅葉見に来たはずなのに凍てつく世界に入り込んでしまいました。こんな状態では予定通りの大キレット越えなんてとんでもない話で、ほとんどの人が小屋で様子見。

9時を過ぎても変わらない状況で、本日も小屋で停滞という方がほとんどでした。

R0011064

10時前後そんな状況に変化が。南岳新道に向かうも、道が分からない人が数人小屋へ戻ってきたため、南岳小屋の主人に案内していただける事に!南岳小屋ホームページ参照

R0011067

10:30下山開始。にわか下山チームが結成され雪の南岳新道を下っていきました。

R0011068_1   

紅葉と雪のコントラストがキレイです。雨雪の中デジカメ使っていたからか、下山途中でカメラ壊れてしまった。今日も予備カメラを持っていたので助かった。槍平小屋で軽く食事を取り、17:00に新穂高温泉に到着。

バスターミナルでは奥穂高遭難者の関係で新聞社の方がいました。山上部の状況、登山者の装備(みんなアイゼンは持っていたのか?とか)などについて少し話をしました。

なぜ吹雪の中山頂を目指したのか?自分の居る位置と小屋までの時間を考えると、進んだ方が早いだろうと思ったと応えるしかない。ここの判断を誤れば遭難に繋がるわけだし、下山に関しては案内がなければルートすら分からなかった。山で死なないためには経験を積んでいくしかない。

|

« 今シーズンの・・・ | トップページ | 新穂高~西穂山荘~上高地 »

北アルプス」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

わーお!!!雪山ですね…
東京は超快晴だったけどね。
本当に秋の山は怖いね。
今週末どうしよ~悩むなー。

投稿: えり | 2006年10月 9日 (月) 23時03分

ほんと、秋山の怖さは分かっているつもりだけど
自分は大丈夫という過信が少なからずあったね。
こういう状況での単独行は、判断を自分でするしかないし
何か怪我でもすれば致命傷だし。
今回の山行は色々考えさせられた。

今週末は高気圧が覆っていて今のところ天気良さそう。
でも寒さはかなりのものだったから、防寒はしっかりね。

投稿: くま | 2006年10月10日 (火) 01時21分

凄い経験をされましたね。ご無事で何よりです。
写真が綺麗な紅葉から白い雪が積る吹雪の写真に...
とても同じ場所に行ったとは思えませんし、同じ日とも
思えません。
皆さん右往左往された連休でしたね。

投稿: kuchakucha | 2006年10月10日 (火) 23時55分

おはようございます!
稜線はすごいことになっていたんですね。。。
一日の違いでこんなに・・・。

無事のご帰還でなによりです。

投稿: げんさん | 2006年10月11日 (水) 07時39分

>kuchakuchaさん
まだ山歴は短いですが、いい経験になりました。
雑誌(岳人)で死なない程度のピンチを乗り越える事で
本当の登山経験として積み重なっていく
というのを見た記憶があります。
今回本当にその通りだと思いましたよ。

投稿: くま | 2006年10月11日 (水) 22時58分

>げんさん
稜線は凄すぎました。
げんさんの涸沢の写真拝見しました。最高です。
やっぱり横尾で涸沢に向かうのがベストでしたね。
あっ、今回ソーセージのゆず胡椒焼き作って食べました。
ウマーでした。

投稿: くま | 2006年10月11日 (水) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/3749731

この記事へのトラックバック一覧です: 天狗原~南岳:

« 今シーズンの・・・ | トップページ | 新穂高~西穂山荘~上高地 »