« 立山~剱沢 | トップページ | 今シーズンの・・・ »

2006年9月26日 (火)

剱沢~剱岳

1日目はここ

前日に、4時起きで行ってみようか!と意気込んでシュラフに入り込んだのですが、寒さで夜中に二度三度と目が覚め、最終的にはテントの外を歩く人の足音で覚め、時間はなんと1時間遅れで5時起きです。

日時:2006/9/22(金)~23(土)
天気:はれ
記録:剱沢 → 剱岳 → 剱沢 → 剱御前小舎 → 雷鳥平 → 雷鳥荘 → 室堂ターミナル

やけにみんな早く出発するんだなと時計を見ると、げげげっ・・・5時ですよ。メシも食わずに10分で準備をして出発する。寝起き10分で山歩きを始めるって言うのは、健康的なんだか、体に悪いんだかよく分からんね。頭が良くないのはたしかだ。

R0010849

剱沢キャンプからしばらく歩くと、再建中の剣山荘です。

R0010860

明けない夜はない。鹿島槍の向こうから日が昇る。

R0010866

朝からの急登が堪える。まだまだ序の口。

R0010869

朝も早いので前後に人はいない。もともと道の判別が得意でないので、うろうろしながら正しいんだか、間違ってるんだかよく分からないまま歩いていく。

R0010877

いい角度になってきました。まだまだ剱は本気を出していない感じです。

R0010871

途中何人か追い抜かし、小学校低学年くらいの子とその両親のパーティーに出会う。こんな小さいうちにここ登ってるんじゃ、将来はすごいクライマーになるのかな?

R0010882

自分の歩いてきた道を振り返って見て、その距離と高度感に満足。

R0010888

ここはWebでよく見かけた事がある場所です。まぁこれもジャブ程度でしょう。

R0010892

ヘルメットとハーネスで武装した二人組。ガイドさんとお客さんでしょうね。

R0010896

ここらへんがカニ縦。どんなものか楽しみです。

R0010897

自分は先行して歩いていたのですが、この手前で下山ルートのほうに歩いていってしまったようで、結局4人の後に続いて登る事になってしまった。まぁゆっくり登っていこう。昨日別山で会ってそこから剱沢まで一緒に歩いてきた、よく喋るおっちゃんとも合流する。

R0010898

カニ縦のクサリ場はあっという間に終了して、後はなんというかちょっと険しいくらいの岩場を歩いていく。

R0010899

振り返ると、どこを歩いてきたの?といった感じである。

R0010900

ジャンダルムのロバの耳に似ている岩。

R0010905

やっと山頂です。剱沢から3時間弱。テント装備は置いてきて軽身のはずなのに、結構時間が掛かった。

R0010916

山頂から八ツ峰と長次郎谷、そして後ろ立山。大脱走ルンゼを滑るのは勘弁して欲しいけど、長次郎谷は滑れそうな気がする。そして八ツ峰クライミングもいつか実現したい。

R0010926

絶妙なバランスで置かれた岩。この他にもいつ落ちるか分からないような大岩がありました。

R0010925

下山ルートに分かれてすぐのクサリ場。結構急だけどズンズン降りていく。この次にカニ横のクサリがあり、そこの第一歩が剱で一番難しいんじゃないかな。とにかく足の置き場がわかりずらい、というかクサリに体重預けて足を伸ばさないと届かないです。

R0010927

カニ横の終点から。

R0010929

長めのハシゴを下りていくと、やがて登りルートと合流します。剱沢まで快調にステップを刻む。

R0010953

さらば剱。次に来るときは背中にボードをしょってきますよ。もしくはザイルとハーネスかな。周りに誰もいなかったので初のセルフ撮りを実行。

R0010957

剱沢到着が12時くらい。テント撤収と昼食タイムで1時間くらい滞在。1時前には剱御前に向けて出発。

R0010963

剱御前小舎前はたくさんの人で賑わっている。

R0010964

雷鳥平に向かって降りていく。けっこうな人数とすれ違う。やはり土曜日は賑わうね。

R0010981

紅葉まだまだな雷鳥沢。あと2ヶ月後には、雪降り積もるこの沢を滑っているんだなと思うとちょっと不思議。

R0010996

1時間くらい歩くと称名川にぶつかり、そこを渡れば雷鳥平到着。ここから雷鳥荘までの石畳が一番つらかった。階段登りは10段上っては休憩してたように思う。今までにないくらいのへろへろ状態。

雷鳥荘でお待ちかねの温泉タイム。まだ宿泊客もほとんど来てないみたいで、温泉ガラガラ。ターミナルから若干離れている事もあり、割と空いているので剱の帰りの温泉にはぴったりです。

R0011004

30分くらい温泉でゆっくりして、室堂ターミナル目指して歩き出す。みくりが池まで来ればあと少し。みくりが池温泉でご飯にしようと思って来たのだが、レストランは14時までだった、残念。ブルーベリーソフトを食べて歩き出す。

バス、ケーブルカー、富山電鉄を乗り継いで富山駅に18時到着。富山といえばとろ一です。タクシーに乗り込み店に向かったのですが、なんと休業日・・・ (´・ω・`) 祭日も休業日だった事を見逃していた。

とろ一での食事を楽しむ事が出来なかったのは無念ですが、山旅の方は好天のもと大成功だったので立山剱登山に思い残す事はなにもありません。

|

« 立山~剱沢 | トップページ | 今シーズンの・・・ »

北アルプス」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
コメントありがとうございました。

それにしてもきれいな画像。
タイトル画像にうっとりしてしまいました。
(そして冬山病が再発しそう。。。笑)

剣岳、まだとっておきにしてあります。
緊張感と爽快さのある山ですね!
素晴らしい山行でしたね。
こちらも楽しく読ませてもらいました!

投稿: げんさん | 2006年9月26日 (火) 08時03分

コメントありがとうございます。
タイトル画像は自分でもかなり気に入っています。
冬山病再発ですか?
怪しいツアー八ヶ岳編見ましたよ。
私もこの冬は雪の八ヶ岳に行ってみようと思っています。

剱岳は好天も味方してくれて最高の山でした。
登って楽しい、見てカッコイイ山です。

投稿: くま | 2006年9月26日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/3585075

この記事へのトラックバック一覧です: 剱沢~剱岳:

« 立山~剱沢 | トップページ | 今シーズンの・・・ »