« 大菩薩嶺 | トップページ | 剱沢~剱岳 »

2006年9月24日 (日)

立山~剱沢

ある事件のため、9月の頭から延期となっていた剱岳の旅ですが、秋分の日の振り替え休日を含む三連休を利用して行って参りました。出発2~3日前まで台風ヤギの影響か、天気予報はいまいちぱっとしなかったのですが、出発前日になると予報は連日晴れ!結果的には当初の予定が延期になってラッキーだったようです。

日時:2006/9/22(金)~23(土)
天気:はれ
記録:室堂 → 雄山 → 大汝山 → 富士ノ折立 → 真砂岳 → 別山 → 剱沢

R0010586

高速バスを早朝に降り立ち、電鉄富山に乗り込む。運賃は富山-室堂間往復で\6,530・・・扇沢からよりも\2,000安い。

R0010587

1時間ほど電車に乗ると立山駅に到着。外に出ると小雨が降ってる。あれっ晴れじゃないのか (´・ω・`) ・・・  しかしケーブルカー待ち合わせ中の場内に、室堂は晴れ視界良好のアナウンスが流れると、ウンウンそうだろそうだろ、と一人うなずく。

R0010589

ケーブルカーに乗り込み、美女平に向かう。7分で標高差500mを登る。

R0010590

美女平からは高原バスに乗り換え。まだこの地点でもしっとり天気。見るからに10kオーバーのザックなので荷物代¥300徴収。

R0010591

バス走り始めるも雲の中なのでいつの間にか眠ってしまっていた。そして目が覚めたときには既に雲を突き抜けて晴天の弥陀ヶ原。長野側からだと地中の移動が多いけど、富山側は景色が楽しめていいです。黒部ダムも一度見れば十分だし。

R0010595

そして懐かしの室堂ターミナル到着。ここまでで高速バス降りてから3時間くらい。平日なので人も少なげ。

R0010596

天気最高で気分良し。初立山は雪景色の中だったので、本来の姿をやっと見る事が出来たました。

R0010598

本日の宿泊地剱沢は生水飲料不可との情報を得ているので、玉殿湧水でプラティに水を4リットルゲット。非常に重たいけれどもガマン。

R0010605

歩きにくい石畳を雄山に向かって進む。

R0010615

一ノ越手前でまだまだ残雪がある。このまま次の雪が降り積もりそうな勢い。

R0010620

しばらく歩いていくと一ノ越山荘到着。やはり人がほとんどいない。

R0010621

そのまま山頂に向けて突き進む。岩ゴロの単調な道が続く。

R0010632_1

だんだんガスが近づいてくる。一日晴れじゃなかったのか。

R0010646

そうこうしているうちに雄山山頂の神社が登場。

R0010652

ガスの中の雄山山頂に立つ神主が、なんだか怪しげ。

R0010663

参拝はいいやと大汝山への縦走路を進む。雄山までと似たような道で視界は悪くはないがガスのため眺望は無し。

R0010672

大汝山山頂からは黒部ダムが見える。

R0010683

大汝山休憩所にはトイレあり。

R0010687

少し歩くと富士ノ折立と真砂岳の分岐。山頂から直進できると思ってザックを担いでいったのだが、その先に道はなく、結局分岐までリターン。よく見たら地図もそうなっていた。

R0010700

目立ったピークはないけれども真砂岳と名前が付いている。ガスガス。

R0010712

ここら辺の斜面は草紅葉で秋色。立山全体の紅葉は来週くらいが見頃なのかなぁ。

R0010715

真砂沢。ここを転がっていけば真砂沢ロッジに合流できる。

R0010716

別山の山頂ルートと巻き道で5分くらい時間が違う。どうせ登っても視界がないだろうしと思い、巻き道を進む。

R0010720

剱沢が見えるところまでやってきた。ここから降りてしまえば30分もかからず到着してしまう。しかし周りでは、あとちょっと待てばガスが晴れて剱岳が見えるとかなんとか話している。お腹もすいた事だし、スープパスタを作ってごはんタイムにしつつ、しばらく待ってみる事に。そうこうしているうちに、周りのグループはあきらめて先に進んでしまう。さらにコーヒーを沸かして待つ事十数分・・・

R0010779

やっと剱岳登場。岩の固まりだ。結局のところ別山まで登り返して写真撮りまくり。1時間半くらい別山付近で待機していた事になる。

R0010802

もう十分眺めも堪能できたと言う事で剱沢に降りてゆく。ナマステ剱沢小屋到着。

R0010832

小屋到着後に購入したコーラを飲みつつぼけっと空を眺める。

R0010841

刻々と変化する秋の雲と青空を眺めていると、時間の経過を忘れる。

R0010846

夏の休日にはテントで溢れかえっていたであろうキャンプ指定地も、今日はごらんの通りガラガラ。明日の剱岳に向けて早めの就寝。

|

« 大菩薩嶺 | トップページ | 剱沢~剱岳 »

北アルプス」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/3562304

この記事へのトラックバック一覧です: 立山~剱沢:

« 大菩薩嶺 | トップページ | 剱沢~剱岳 »