« 山旅6~7日目:雲ノ平~新穂高 | トップページ | 立山バックカントリー »

2006年8月22日 (火)

涸沢~奥穂高

山スキー仲間と9月にジャンダルム挑戦することになったので、その前哨戦として吊尾根をサクッと歩いてみることにしました。

日時:2006/8/19(土)~20(日)
天気:晴れ
記録:上高地 → 涸沢 → 穂高山荘(泊) → 奥穂高岳 → 岳沢ヒュッテ → 上高地

Cimg1724

朝の上高地は気持ちがイイ。・・・しかし20分も歩くとだれてくる。横尾まで長いよ。

Cimg1726

今日も空が青いです。明神岳?

Cimg1735

前回は20kオーバーのザックでコースタイム通り3時間かかった道のりを、2時間で歩いてきました。1泊なのでかなり軽量化してきたので、効果抜群。

Cimg1737

今回は涸沢経由奥穂高が目標なので横尾大橋を通ります。

Cimg1742

沢沿いの涼しい道を想像してたけど、なんかうっとおしい感じの道。

Cimg1745

しばらく歩くと屏風岩です。ここはいつかクライマーとして訪れなくてはいけませんね。

Cimg1756

さらに歩くと本谷橋です。ここを渡ったところで軽食タイム。ドンクのミニクロワッサンを行動食に、というのをまゆ太さんのブログで見かけたので真似してみました。ウマウマ。

Cimg1760

横尾から2時間ちょっとで涸沢カールが見え始めてキター。

Cimg1761

さらに雪渓などを歩くこと数十分、涸沢ヒュッテ到着です。ここで終了ならうれしいんですが・・・今日は穂高山荘まで行きます。カレーとジュースを注文して大休憩。ここのカレーはなかなかうまかったです。

Cimg1766

涸沢カール。ここの紅葉見に来たいなー。秋にまた来るかな!

Cimg1773

穂高岳山荘に向かって歩きます。まだまだ雪渓が残っている。なんか雪の影響で今年は花が少ないとか。

Cimg1781

涸沢槍。とがってるねー。前半かなりハイペースだったのか疲れ気味。休憩がだいぶ多くなってきた。

Cimg1803

ザイテングラートをひたすら歩く。

Cimg1817

涸沢ヒュッテがだいぶ小さくなってきた頃、穂高岳山荘まで20分の標識。あとちょっとだ。

Cimg1821

ぃやったー、到着。今日の行動時間は7時間弱。この程度で疲れるくらいでは、まだまだだなー。1日10時間くらいの行動は余裕で出来るようになるのが目標。

テント設営後山荘で再びカレー。ここのカレーは家庭的なホントふつーのカレー。でもうまかった。談話室でセルフサービスのコーヒー飲みながら雑誌を読んでウトウト。

山荘に到着してからはちょっとガスり気味だったけれども、日の入り直前には・・・

Cimg1858

ガスが晴れていい感じの奥穂高岳が撮れました。

Cimg1905

翌日またしても晴天。こないだ槍で見た日の出よりもさらにきれい。10分くらい写真を撮り続けていた。

Cimg1920

5:30には出発。山荘から奥穂高岳へはちょろっと登って山頂です。

Cimg1925

山頂付近から槍方面。後立山までよく見えてます。そして八ヶ岳、富士山、南ア・・・たいていの山は眺望できた。

Cimg1941

さてこれがジャンダルムですか。見てる分にはカッコイイーで済むけど、ここを渡るとなると・・・。9月の山行が楽しみです。

Cimg1960

これから渡る吊尾根。こう見るとどこ歩くんだかよく分からないね。実際に長いクサリ場とかは結構緊張しました。

Cimg1966

上高地がかなり下に。まだまだ長い道のりが待ってます。

Cimg1969

紀美子平から前穂に登る予定でしたが、ちょっと出発が遅れたので、それに疲れもあるしでパス。また今度来たときのために取っておこう。

Cimg1971

重太郎新道スタート。はじめの方に長めのクサリ場があるだけで、そんなに危険度はないと思う。

Cimg1976

やっと岳沢ヒュッテが見えてきました。まだかなり下だ、もうかなりへろへろ。

しばらく歩いていくと見覚えのある顔のおっちゃんが向こうから歩いてきた。双六で一緒に飲んだ方です。今日は登る予定無しと聞いていたのでびっくり。軽くあいさつを交わし再び歩きはじめる。

Cimg1979

かなり距離があると思っていた岳沢ヒュッテも、紀美子平から1時間30分で到着。この冬にほぼ全壊してしまったため、再構築中でした。ちょっとでも協力しようとペットボトルジュース2本を購入。次来たときは名物のカレーを食べたいところです。

Cimg1981

ヒュッテから先はかなり整備された道が続く。

Cimg1990

道も終わりに近づく頃、岳沢名物の風穴です。かなり冷たい風が絶え間なく吹いてくる。

Cimg1995

風穴から15分くらいで上高地到着。岩場に慣れるための山行でしたが、なかなかハードでした。でも穂高はいいね。何度来ても楽しめると思います。

|

« 山旅6~7日目:雲ノ平~新穂高 | トップページ | 立山バックカントリー »

北アルプス」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

ブログあらしみたいにコメントしてすみませんっ。
これで最後にしておきますね!

このコース、前穂は天候不良であきらめましたけど、ギャクコースで行ったことあります。お天気がよくってウラヤマシイ~。

ジャンダルムへ行かれるのですね~
なんだか私までドキドキです。
うちのダンナが、めっちゃ行きたがっていて・・・。
でも、まだわたしたちにはお背伸びコースと思っておりまして、たしなめているところです。くまさんのように、運動神経バツグンだったらいいのですけど・・・(汗
気をつけていってきてくださいね~

投稿: まゆ太 | 2006年8月29日 (火) 19時29分

コメントたくさんありがとうございます。
びっくりしちゃいましたよw
ジャンダルム、かなり背伸びしすぎの感もありますけど
今回は頼もしい仲間がついているので、行ってしまいます。

ぜんぜん運動神経よくないですよ~、かなり必死になって
歩いてますから。

前の週に剱でウォーミングアップしてから、
ジャンダルムに望みます。

投稿: くま | 2006年8月29日 (火) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/3173694

この記事へのトラックバック一覧です: 涸沢~奥穂高:

« 山旅6~7日目:雲ノ平~新穂高 | トップページ | 立山バックカントリー »