« 山旅5日目:高天原~雲ノ平 | トップページ | 涸沢~奥穂高 »

2006年8月12日 (土)

山旅6~7日目:雲ノ平~新穂高

1~2日目レポはこちら
3~4日目レポはこちら
5日目レポはこちら

本来なら雲ノ平から薬師峠を越えて立山に向かう予定を立てていたのですが、意外にも山小屋での飲み食いにお金がかかってしまい、室堂から扇沢までのロープウェー料金が足りなくなってしまいました(テント泊だからと言うことでそんなにお金を持っていかなかった)。

そこで予定変更をしまして、雲ノ平から再び双六に戻り新穂高に下山するというルートをとることにしました。ほんとは雷鳥荘宿泊でゆっくりしてから下山したかったー。

日時:2006/8/7(月)~8(火)
天気:晴れ
記録:雲ノ平 → 三俣蓮華岳 → 双六岳 → 双六キャンプ場(6泊目) → 鏡平 → わさび平 → 新穂高

Cimg1580

6日目も快晴。祖父岳分岐あたりからキャンプ場を見下ろす。いいところなのでまた来たい。

Cimg1589

祖父岳は昨日登ったので、本日は日本庭園経由で三俣蓮華岳を目指す。笠ヶ岳はこちら側から見るとホントに笠みたい。次回ルートは笠~黒部五郎~薬師~立山だな。

Cimg1596

ここら辺が日本庭園か?

Cimg1600

雪田あたりも含めて日本庭園とか?

Cimg1607

雲ノ平の末端からガレ場の急坂を下っていくと、黒部川源流にぶつかる。黒部源流はここから上っていくと水がチョロチョロっと流れ出しているらしいです。今回は見に行かず。

Cimg1614

黒部源流からさらに上っていくと懐かしの三俣キャンプ地に出てきました。三俣キャンプ地はここをベースに周辺散策をする人が多いらしく、早い時間でもテントがたくさん張ってあります。

さらに歩を進めると3日目はスルーした三俣蓮華岳の分岐が!日程短縮した分体力的には余裕なのでここと、双六岳を登って双六山荘に向かう。

わずかに上るとすぐに山頂到着。なかなか広々としていて休憩にはいい感じ。黒部五郎廻ってみたい気もするけど、また次回に取っておこう。

Cimg1626

3日目に巻き道を通ってきて分かってはいるが、双六-三俣間は結構距離がある。山頂から縦走路を眺めてみても、目指す目的地はまだまだ先に。

Cimg1629

しかしながらアップダウンはそんなに無いのでのんびりと歩いていると、双六山頂に到着。雲がだんだんとわいてきたので山頂には長居せずに先に進む。

Cimg1632

双六山頂から双六山荘に向かうピーク付近は不思議な道。雲がなければ真正面に槍が見えていい絵になるんだけどねー。

いつの間にか中道との合流地点にたどり着きさらに歩いていくのだが、3日目に通った道と雰囲気が違う。いつの間にか道を間違えていたらしく、最終的には双六池側から出てきてしまった。地図を見ると古い登山道っぽいな~。

テント設営後に双六山荘でカレーライスを頼むがレトルトっぽい味。牛丼の方が良かったかな。ここで高山から来ているおっちゃんと仲良くなって一緒にビールを飲みまくり。缶ビールごちそうしてもらったし、つまみもたくさんもらった。ごちそうさまでした。3~4時間飲んでいたのでお腹いっぱいになりご飯は作らずに就寝。

Cimg1646

最終日も快晴。槍穂高がシルエットになってかっこいいー。暗いうちから朝食ラーメン食べてなんとか5時には出発。下りオンリーなので足が進む進む。

Cimg1656

穂高縦走・・・長くて難しそー。しかし近々登る予定でいます。

Cimg1680

焼岳、乗鞍もきれいに見えています。

Cimg1697

しばらく歩いていくと鏡平到着。名物かき氷も食べてみたいけど・・・牛乳飲んで先に進む。鏡池は逆光で穂高の山々は写らなかったけれどきれいなところ。

Cimg1703

岩ゴロの道をズンズン進んでいく。

Cimg1704

3時間くらいでだいぶ麓まで来た雰囲気がします。ここまで休憩らしい休憩はしていない。沢で顔を洗いすぐに出発。

Cimg1705

振り返るとだいぶ標高差を降りてきたことが確認できます。

Cimg1706 Cimg1707 Cimg1710

写真からはわからないかもしれませんが、ものすごい厚さの雪渓。スノーブリッジ。そして雪崩?の痛々しい跡が。この雪渓を横切ると林道に出る。

Cimg1713

ここからは林道をだらだらと歩いていくことになります。険しそうな錫杖岳がよく見えている。30分くらいでわさび平に到着。あと30分も歩けば新穂高だけど、ここでやっと休憩。わさび平名物のひやむぎを食べます。しばらく待つと出てきました。んまいです。

Cimg1716

あっというまに食べ終わり歩き始めると、ザックの雨蓋に取り付けたGPSが無くなっていることに気付く。7日間のログがぁ~。だらだらと林道歩きをしていると、やっとゲートが出現。長かった山旅もここで終了です。

下山後の風呂は無料のアルペン風呂。まだ10時前なのでがらがら。もう少し早く出発していれば10:20分の松本行きバスに乗れたんだけど・・・。新穂高食堂で定食食べたりして3時間以上暇な時間をつぶし、13:40のバスに乗車して帰宅する。

たいした登山歴でもないのに7日間という長期山行に出かけたわけですが、1日の行動時間を短めに取っていたおかげで、割と体力的には問題ありませんでした。エリア的にもなだらかコースが多い場所と言うことが幸いしていたかも。また来年梅雨明けにでも計画して行ってみようと思います。

|

« 山旅5日目:高天原~雲ノ平 | トップページ | 涸沢~奥穂高 »

北アルプス」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

GPS探しに行ってきましたが、見つからなかったです。ふぅー、残念。

投稿: じゅん | 2006年8月18日 (金) 00時20分

なかったですか~。
双六経由でどこら辺行ったんですか?
スノーシュー落としてきたり、GPS落としてきたり
山に余計なもの置いてきてしまって反省しなければ。
命だけは落とさぬように。

投稿: くま | 2006年8月18日 (金) 20時19分

GPS無くしたのは双六付近だったんだ?
高天原山荘に忘れてきたのかと思ってました。
一回連絡してから行けばよかった。

急に休みがもらえてだらだらしてるところ
くまブログ見てて速攻行く決心しました。
なんで、本当に行けるのか自信がなかったんだよね。。
行ってきてほんと良かった。くまブログにも感謝。

行ってきたルートはこんな感じです。
折立~薬師岳~雲ノ平~鷲羽岳~高天原~折立
(3泊4日)

岩苔小谷沿いの花畑は、思わず足を止めて息を呑む
と行った感じの見事さでした。
水晶池はただの沼になってました。(T^T

投稿: じゅん | 2006年8月19日 (土) 08時50分

ここ見て行く決心ついたなんて
うれしいこと言ってくれますね~ヽ(´∀`)ノ
水晶池がただの沼?っていうのは
干上がってたんですかね?
自分が見たときは水晶池なかなかのもんでしたよ。
雲ノ平~高天原は、また行きたい。

投稿: くま | 2006年8月21日 (月) 00時34分

>室堂から扇沢までのロープウェー料金が足りなくなってしまいました
うけちゃいましたよ~(笑
でも、こんなに毎日天気がよくってステキな旅だったので、立山への縦走はまた今度にとっておいてもよかったかもしれませんね♪
7日間の旅、おつかれさまでした~。

投稿: まゆ太 | 2006年8月29日 (火) 19時25分

やっぱり山の上は物価が高いから
意外とお金無くなるんですよね。
食料補給しまくりでしたから。
来年は笠~黒部~薬師~立山とつなげます!

投稿: くま | 2006年8月29日 (火) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/3030306

この記事へのトラックバック一覧です: 山旅6~7日目:雲ノ平~新穂高:

« 山旅5日目:高天原~雲ノ平 | トップページ | 涸沢~奥穂高 »