« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

富士山

会社の同僚達が富士山に行くというので、今週の北ア縦走の最終調整として一緒に行くことにしました。特に見所もないためタイムアタックと日本最高所でのビールが目的です。

日時:2006/7/30(日)
天気:晴れ
記録:5合目(4:15) → 6合目(5:10) → 7合目(5:45) → 8合目(6:15) → 9合目(6:40) → 9.5合目(7:00) → 山頂(7:30)

3時頃登山口到着。予想外にいい天気で星がよく見える。4時15分登山開始。

Cimg1449

6合目で太陽が顔を出す。富士宮口からは山頂に立たないとご来光は見えない。

Cimg1455

おなじみ富士山からの雲海。遠方の視界は効かずこの風景も見飽きた。 6合目より先は仲間と合流することもなく、黙々と歩き続ける。

Cimg1464

9.5合目到着が7:00ちょうど。あと15分で山頂に着けば3時間ジャスト。いけるのか?しかし山頂までの中間地点くらいで時間切れとなり、結局到着は7:15、とりあえず目標タイム3時間台はキープできた。5~6合目の無駄な時間と人の列がなければ余裕の3時間切りだと思う。山頂では昼食?とビール。仲間を待ちながら飲んでるうちにウトウトしてしまった。しばらくすると一人やってきたので剣が峰へ。

Cimg1481

初の剣が峰。記念撮影の順番待ち列が長く伸びる。 さっき飲んだビールが予想外に効いてちょっと体調不良に。徹夜+高所でのビールはかなり効く。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

雲ノ平周辺縦走

長引く梅雨のせいで計画が延び延びになっていましたが、いよいよ週明けから梅雨明けの兆しが見えてきましたので、念願の立山to新穂高の縦走を来週水曜から予定しています。

ルートは下のマップのような感じです。かなり長くなりそう。双六から西鎌尾根を通って槍-大キレットと伸びていますが、これは体調が万全ならば足伸ばしてみたいな~って感じのルートです。

1日目:高速バスで室堂到着-立山三山-五色ヶ原

2日目:五色ヶ原-スゴ乗越

3日目:スゴ乗越-薬師峠

4日目:薬師峠-雲ノ平(小屋メシ)

5日目:雲ノ平-高天原(小屋泊)

6日目:高天原-三俣山荘(小屋メシ)

7日目:三俣山荘-双六-新穂高

                   or

          三俣山荘-双六-西鎌尾根-槍ヶ岳

8日目:槍ヶ岳-大キレット-北穂高

9日目:北穂高-涸沢-上高地

まったり行きたいのでだいぶ小刻みですね。なんか新穂高に下山が濃厚だな~。双六からさらに槍-北穂は体力的にきついだろうな。まぁ、天気と気分と体調次第で適当に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

武尊山バックカントリー

久々の何もしない休日。なんか今週末も天気予報ぱっとしないんですけど。梅雨明けしないまま夏終了か(^ω^;)。暇だったんで季節はずれのスノーボードレポートです。立山初滑りまであと4ヶ月・・・

日時:2006/1/22(日)
天気:快晴
記録:オグナ武尊スキー場 → 第6ペアリフト降り場 → 前武尊 → 荒砥沢上部から滑り出し

Cimg0570

天気良くてテンション上がります。ハイクアップ開始地点まではリフト3本を乗り継ぐので回数券3枚(900円)でバックカントリーが楽しめます。

Cimg0579

リフト終点から前武尊までは1時間位のハイクアップで到着。かるく行動食を食べて滑り出し地点まで移動。向こうに見える山は白根山?

Cimg0592

屋根みたいな形の剣ヶ峰が登場。ココの脇を通り抜けるときは上部からの雪崩れに注意しひとりずつ素早く通り抜ける。

Cimg0596

霧氷がいい感じ。

Cimg0598

しばらくトラバースで良さげな斜面を探すメンバー。

Cimg0599

今日はこの斜面に決定。新雪の層は10~20cm位だがなかなか軽そうな雪。

Cimg0602

準備完了で撮影係の私は3番手。たまにはトップで滑りたいんですけど~。

Cimg0611

滑走時間わずか5分程度か?しかし緊張感無く気持ちよく滑れる快適な斜面。何もないまっさらな斜面もいいけど、ツリーランも楽しーねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

インソール

過去2回スノーボードブーツ用に熱成形インソールをショップで作ってもらった事がある。どちらもいい出来で足にフィットしてスノーボードでの足のトラブルは全くなかった。

登山を始めて1年、ここ最近足のトラブルに遭遇することが多くなってきた。だいたい一日目は問題ないのだが、二日目になると足首が痛み出し下山速度が極端に落ちていた。四月末から左足にその症状が、七月頭からは右足にもその症状が出てきたのでいい加減まずいなと思い始めスポーツ整形外科に行くことに。

最初に診てもらった町の整形外科では腫れを引かせるための塗り薬が出ただけだが、次に足を運んだ関東労災病院では足の骨格の悪さから来ているんじゃないかと言うことで、インソールを作成してもらえることになった。

ショップで熱成形してもらえるインソールは、本人の足形に合わせて型を取るのでフィット感は最高だ。整形外科では本人の骨格、歩き方の癖、足裏の形等からインソールの高さを細かく調整していく方法で作ってもらった。ショップでは足裏の型を取るだけなので、それと比較すると整形外科で作成してもらったインソールはより正しい姿勢での歩行ができそう。

作ってもらったその場で少し履いただけなので、まだ足の痛みが解消されるかまではわからない。しかし、インソール装着前は外側よりの重心だったのが、作ってもらったインソールの効果で正しい姿勢で歩けている感触が得られたのでかなり期待している。

今週末は土日ともくもり予想だけれども、長野方面は連日の雨で地盤が緩んでいるという情報をあちこちで見かけるので、山登りは休み。登山開始一周年なので何か新しいことでも始めてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

北岳

せっかくの海の日連休なので山に向かうことに。場所は初の南アルプス北岳です。予報では16日くもりなのでうまくいけば間ノ岳まで行けるかなーと。結果は・・・

日時:2006/7/16(日)~17(月)
天気:雨
記録:1日目 広河原(7:20) → 大樺沢二俣(10:00) → 北岳肩の小屋(12:15) 
2日目 北岳肩の小屋(6:45) → 広河原(9:30)

Rimg0002

芦安温泉からバスで1時間、登山口到着時すでに雨です。ちょっとやる気無くす。

Rimg0006

ツアー登山客?大小様々なパーティーが延々と連なり大名行列となっている。追い抜かせないのでだらだらと後に付いて歩いていくのに疲れて小休止。一瞬だけ鳳凰三山が見えた。

Rimg0009

大樺沢の雪渓を歩いていく人もけっこういた。上部はかなりの急斜面らしい。

Rimg0037_1

稜線までは樹林帯が続く。稜線に出た途端強烈な風。突風の中を30分ほど、簡単なクサリ場などを越えて進んでいくと肩の小屋到着。

小屋到着時点でガスと風と雨が酷く、ピークハントに執着の無い私は山頂登頂をあっさりと断念。そしてビールとおでんを注文しストーブの前でおっちゃん、おばちゃん達と山談義。7歳にして名だたる山々を制覇し雪山も登るという少年を囲んで盛り上がっていた。

暴風雨の中のテント泊は恐ろしいことに。風でテントはひしゃげて夜中に何度も目が覚める。外では夜中にフライが飛ばされたとかで騒いでいる。翌朝大雨の中テント撤収。そして即下山。来ただけ~♪って感じの山行でした。

Rimg0022

登山道脇の斜面にはシナノキンバイがたくさん咲いている

Rimg0033_1

オオバキスミレキバナノコマノツメ?

Rimg0048

キタダケソウが小屋の裏手に咲いていました 

連休初日から登っていた方は青空の下歩くことが出来たんですねー。私と同じく登山歴1年で同じ時期に南アルプスデビュー。親近感を覚えてしまいました。こちらを参照→まゆ太の山歩き日記、おなじくまゆ太さんの北岳レポ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年7月 9日 (日)

赤岳

最近の天気予報の傾向は、週のはじめに週末の悪天を予報し、金曜日あたりになると土曜日はくもりor晴れといった感じが続いている。実際梅雨期間の土曜日で雨の日はなかったと記憶している。そんなわけで急遽赤岳に突入してみました。

日時:2006/7/8(土)~9(日)
天気:くもり
記録:1日目 八ヶ岳山荘(10:30) → 赤岳山荘(11:00) → 行者小屋(13:00) → 赤岳(14:20) → 行者小屋(15:20) 
2日目 行者小屋(05:30) → 八ヶ岳山荘(08:00)

Rimg0195

行者小屋までは南沢を通っていく。沢と樹林帯が続く。予想外の天気でかなり暑い。

Rimg0203

行者小屋に到着後テント場の手続きをして(1000円!高い)、手早くテントの設営。休む間もなく自蔵尾根から赤岳に向かう。時折青空も見える。

Rimg0208

山頂に近づくにつれガスが濃くなっているように思え、引き返そうかと思ったがガスの移動速度が早いようでそのまま突き進む。

Rimg0225

展望荘から赤岳への道の西側斜面は花がいっぱい。時間も遅いため人も少なく快適に登る。

Rimg0234

展望荘と横岳方面。いずれ横岳-硫黄岳の縦走をしなければ。

Rimg0235

ガレ場をしばらく登ると・・・

Rimg0246

山頂到着。これは赤岳神社らしい。とくに山頂に思い入れはないのでさっさと下る。

Rimg0254

下山は文三郎尾根から。けっこうな急斜面&クサリ場。たのしー。登りだったらへこたれるかも。

Rimg0257

ここから阿弥陀岳への分岐が伸びているが、疲れているので今日はスルー。

テント場到着後は麻婆春雨を作りビールのつまみ兼夜飯に。ビールは最近出たPRIME TIMEを持参、ウマウマです。テント場は若いやつらが9時すぎても騒いでる。俺も一緒になって騒ぎたい。いつの間にか寝ていた。

Rimg0268

翌朝4時過ぎには起床し、山頂方面を見上げるといまにも降りそうな予感。どこか登ってから下山するか、即下山が決めかねていたが、朝飯中に雨が降ってきたため即下山することに。

下山途中美濃戸山荘で休憩をしていると、行者小屋で一緒だった同年代の二人組が到着。初登山でやたらとでかいザックを背負っていた方は、北海道出身のスノーボーダーで北海道のスキー場の話やらバックカントリーの話で盛り上がった。もう一方は生粋の山屋さんで今年はスイスの山に登るらしい。スイスいいねー、ツェルマットで滑りたい。

8時には八ヶ岳山荘に到着し、風呂につかった後は生ビール、おでん、生ビールのコンボです。ウマー、最高です。こんな早朝に下山というのも初めてだが朝ぱっらからのビールはうまい。まぁ朝っぱらでなくてもうまいんですが。

そろそろ梅雨もあけるだろうし夏山全開です。

Rimg0176_1 Rimg0220 Rimg0233 Rimg0247 Rimg0251 Rimg0263 Rimg0265

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

海沢探勝路

当初の予定だった蓼科山はドタキャンにより中止。それならばと小菅から大菩薩に抜けるルートを単独で行ってみようかと準備するも、起きたら6時。(ノ∀`)アチャー寝坊です。結局モサモサと朝飯食って8時近くに奥多摩に向けてやっと出発。

日時:2006/7/1(土)
天気:くもり
記録:奥多摩駅(10:00) → 大楢峠に向かう登山口(11:15) → 大楢峠(12:00) → 海沢園地(12:15) → 大滝(13:00) →もえぎ橋(15:00)

海沢探勝路はアプローチが長すぎる。延々と車道を歩いて行かなくてはならない。

Rimg0001

レトロなバスなどを撮りながら上坂集落に向かう。大楢峠への道標を見つけそれに従うも登山口が見つからず、集落の中をぐるぐる回ったりしてたが、奥多摩霊園の中を突き進むとすぐに登山口発見。

Rimg0061

大楢峠まではゆるやかな登山道が続く。とくに見所無しでだらだらと歩いていると大楢峠に到着。帰ってきて気付いたがコナラの巨木を見ていなかった。

大楢峠から海沢園地までは得意の林道ダッシュで駆け抜ける。15分走ると海沢園地に到着。

Rimg0095

海沢探勝路に入ると鬱蒼とした森と3つの滝が続く。

Rimg0096

三ッ釜の滝。岩に腰掛けしばらくボーっとする。ネジレノ滝は近くまで来たが結局見つからなかった。

Rimg0127 Rimg0129 Rimg0153

最大の見所である大滝。滝の長さは百尋の滝より短いがかなりの迫力。誰もいないのでのんびりメシを食い、滝を後にする。ここから先の大岳山への道は悪路らしいので時間も遅いし帰路につく。

Rimg0161

最後に最大の難所。暗いせまい怖い・゚・(つД`)・゚・

先日購入したデジカメはマクロ撮影に強い。思わずいろいろ撮影。はやく山の写真が撮りたいなぁ。

Rimg0021 Rimg0027 Rimg0030 Rimg0035_1 Rimg0038 Rimg0040 Rimg0042 Rimg0108 Rimg0165

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »