« 苗場山 | トップページ | 海沢探勝路 »

2006年6月29日 (木)

富良野岳バックカントリー

昨日の山スキー話で思い出してしまったので季節はずれの富良野レポートです。

日時:2006/3/10(金)
天気:はれ
記録:バーデン富良野前の駐車場(8:10) → 登山口徒渉ポイント(8:30) → ドロップポイント(11:20) → 登り返して数本滑って下山(16:00)

Cimg0789

あり得ないくらいの晴天。地元有名ガイドも年に数度あるかという最高のコンディションといっていた。今日滑るメインのルート“ベベルイ沢”もよく見える。

Cimg0792

登山口の徒渉ポイント。バランスが悪いので川を渡るのは苦手だ。けっこういい勢いで流れている。

Cimg0828

1時間くらいハイクアップすると最高の展望。十勝岳からつながる大雪山系が遠くに見える。

Cimg0802

めずらしくスノーシューの自分が先行している。クラスト気味で登りやすい。しかししばらくすると急斜&割れやすい雪面になり最後尾にまわる。ビビリやさんである。

Cimg0798

すぐ隣にいまから滑る斜面が!パウダー、無風、快晴、障害物もなし、こんな斜面一生のうちに何度滑れるのか。

Cimg0813

さすがに稜線に出る山頂付近は風が強い。穏やかそうに見えるが立っているのもつらい。

Cimg0820

手早く行動食をたべて弱層チェック。先行する二人を撮影後にドロップイン。

雪が軽い。なんの迷いもなくターンが切れる。時間にして5分もないだろう。この一瞬のために登ってきたんだ。最高の滑りを堪能・・・もうこのまま下山してもいいくらいだ。

しかしこの後も苦しいハイクアップは永遠と思えるほど続き、日が落ちるまで移動しながら滑り続けた。

Cimg0837

最後の最後まで白と青の世界。

はやくも来シーズンの滑りに思いを馳せる。

おまけ

最終日の三段山プチツアーは富良野岳とうって変わって冬の天気に。霧氷と巨木の森の中をまったりハイクで、二段目から一気滑り。来シーズンも絶対に行く。

Cimg0846 Cimg0866_1 Cimg0869 Cimg0873

|

« 苗場山 | トップページ | 海沢探勝路 »

スノーボード」カテゴリの記事

北海道の山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/2435263

この記事へのトラックバック一覧です: 富良野岳バックカントリー:

« 苗場山 | トップページ | 海沢探勝路 »