« 大岳山 | トップページ | 富士山バックカントリー »

2006年6月 3日 (土)

白馬岳

過去の登山記録を残しておこうと思いちょっとずつ書いていこうと思います。
まずは初の本格登山かつ単独行という結構無茶だった白馬岳から。

日時:2005/8/7(日)~8(月)
天気:くもり
記録:初日 猿倉(6:30) → 大雪渓入り口(7:30) → 葱平(9:20) → 頂上宿舎(12:30) →白馬山頂(12:00) → 白馬山荘(13:00)
2日目 白馬山荘(06:00)→鑓温泉の分岐(8:20)→ 鑓温泉(11:30) → この間記録なし → 猿倉(16:00)

前日に八王子からムーンライト信州に乗り込み、白馬に向けて出発。車内はほぼ満員。なかなか寝付けないまま、うとうとしては目覚めるを 繰り返して、いつの間にか朝。松本を過ぎ北アルプスの山が姿を現す。待ち時間もほとんど無く白馬駅から猿倉行きのバスに乗り込む。

Img_0485_1

猿倉から林道を通って1時間ほどで大雪渓の入り口に。素人にしては良いペースか?大雪渓入り口で軽アイゼンをはき、寒いので長袖シャツを着込む。

Img_0490

白馬尻からしばらく歩くと大雪渓に取り付きます。

Img_0493
2号雪渓だか3号雪渓を通過。ここはいつか滑らなければ。

Img_0499

快適に歩数を進め9時過ぎには葱平に到着。日曜日だからか?想像してた様な大雪渓の行列はなかった。

Img_0511

岩室やお花畑を通り過ぎ、登山道脇には雪解け水が轟々と流れる。これが山というものか。富士山登山で山の世界に見切りをつけないで良かった。

Img_0523

もっと時間がかかると思ったのだが、お昼前には頂上宿舎に到着。軽く休憩をしてから白馬岳山頂に向かう。白馬山荘を通り過ぎあっという間に頂上に到着。

Img_0528

あいにくのガスガスだが、とりあえず登山1日目を無事終える事ができた。

Img_0524

2号雪渓?と白馬主稜でいいのかな?いずれ登ったり滑ったりして見たいものだが、だいぶ先の話になるだろう。

Img_0532

旭岳です。2006GWに滑る機会があったのだが体力不足により断念して撮影係をしていた。

Img_0552

2日目は鑓温泉あたりまでは順調だったはずだが、鑓温泉に入って小一時間のんびりしてから何かが崩れた。その後の道のりは果てしなく長く、残りの水も乏しく、とにかくきつかった。なんだかんだで猿倉の林道に辿り着き、最終バス20分くらい前に無事下山できました。

翌日(というか当日の下山後には既に筋肉痛)はぼろぼろで、日本海側をぶらぶらしながら、越後湯沢経由して帰宅となりました。

おまけ

Img_0503_1 Img_0505_1 Img_0512_1 Img_0517_1

|

« 大岳山 | トップページ | 富士山バックカントリー »

北アルプス」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

お花がいっぱいだー!
白馬いいねー★
やばい、2週間山に行ってない
禁断症状が・・・・;
やっぱ明日山行こうかな。

投稿: エリ | 2006年6月 3日 (土) 22時48分

白馬いいよー。
今年は白馬-雪倉-朝日岳-蓮華温泉
行ってみようかと思ってるんだけど。
良さそうじゃない?
禁断症状かー、俺の場合もう病気だから
毎週本能の赴くままに山に出かけるよ。

投稿: くま | 2006年6月 4日 (日) 23時54分

白馬いっときたいわぁ~~

今週末雨だね。。
行く気満々ですけどねw

投稿: えり | 2006年6月 6日 (火) 23時10分

八ヶ岳はきっと雲の上だよ。
と、ポジティブに考えておこう。
雨の山歩きも静かでいいかも。

投稿: くま | 2006年6月 6日 (火) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/96670/2055772

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬岳:

« 大岳山 | トップページ | 富士山バックカントリー »